『世界』を読む会

寅さんの博も読んでいる『世界』を読んで、話し合おう。

東久留米の2月例会、8名参加でした。

2018-02-15 12:31:58 | 日記

 14日、東久留米の『世界』を読む会の18年2月例会を行いました。
  今月は、8名の参加でした。
 3月号の俳句欄に、我が須山の俳句が佳作で掲載されたことを祝って、巻さんが手作りお菓子を振る舞って下さいました。
 先月、先々月、残した課題からスタートしましたが、全員の一言感想から始める新形式で行なったところ、いつも以上に活発な論議で、時間が足りなくなり、今月もまた、テーマを繰り越しにしてしまいました。
 やはり、一回、3テーマだろうと言うことに。

...

共通テーマは、
○ 豊泉さん提案の
   「電気自動車が〈解〉なのか?」    小澤祥司(12月号)
○ 西崎さん提案の
   「「話せる社会」に変えられる」    伊藤詩織(1月号)
○ 小泉さん提案の
   「二〇一八年への確かな視座」    寺島実郎
                     でした。
○ 豊泉さん提案の
   「「日本人」を縛る戸籍という装置」
                      井戸まさえ×遠藤正敬
             は、来月に持ち越しに。
 
その他のお薦めは、以下のモノでした。
●  堀江さん・「米朝戦争の危機と日本の針路」    柳澤協二
  巻さん ・「〝空騒ぎ〟ではなかった環境ホルモン」       
                                水野玲子
  豊泉さん・「世界に広がるネオニコチノイドの蜂蜜汚染は警告する」
                           E・A・D・ミッチェル
                      でした。

◎ 東久留米の『世界』を読む会、18年3月例会のお知らせ

●日 時 3月14日(水) 午後6時半
●場 所 市民プラザ会議室(市役所1階)
●持ち物 雑誌『世界』2月号、3月号
○共通テーマ
  「「日本人」を縛る戸籍という装置」
                   井戸まさえ×遠藤正敬(2月号)
  「斜陽の公明党がカギを握る「安倍改憲」     中野 潤
  「プーチン再選とユーラシア国家の命運」    西谷公明

※ 第2水曜が定例です。ご承知ください。
  
● 連絡先 須山
     suyaman51@mail.goo.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 練馬の2月例会、6名参加でした。 | トップ | 3月練馬例会、6名で、活発に! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事