『世界』を読む会

寅さんの博も読んでいる『世界』を読んで、話し合おう。

練馬の2月例会は、いつもの5名で。

2020-02-14 19:42:51 | 日記

 13日、練馬の『世界』を読む会2月例会が行われました。
 フルメンバー5名で。例によって入り口付近の禁煙席を占領して、飲んだり(お酒ではありません)、食べたり(安く食べられる店なんです)。「あと10分で閉店です」とご主人に言われる10時前まで、4時間、ぶっ通しのおしゃべり時間でした。


 第一テーマの「ルポ コンビニ絶望経営」が、盛り上がって、それだけで疲れてしまうほどでした。

 第五テーマの「オリンピック」ですが、強烈な同調圧力のもとで、この夏は果たして、テレビ漬けになるのか? 騒ぎを避けて、山奥で魚と戯れていたいものだが。それよりも、とんでも災害に襲われるのでは、不安な夏です。
 
 今回の共通テーマは
 ○ 青木さん提案の 「ルポ コンビニ絶望経営(下)」   斎藤貴男
 ○ 巻さん提案の  「抵抗するフィクションを探して」  斎藤美奈子
 ○ 須山提案の   「イラク「十月革命」が目指す未来」  酒井啓子
 ○ 櫻井さん提案の 「沈黙する羊、歌う羊」        小熊英二
 ○ 伊藤さん提案の 「貶められるスポーツ、その再生の道は」
                          尾崎正峰×平尾 剛
         でした。
 その他のお薦めは、以下のモノでした。
 ● 須山 「政治的神話と社会的呪術」       森本あんり
 ● 伊藤 「花粉症と人類 第2講」        小塩海平
 ● 巻  「「私たち-彼ら」の関係を問う」    森千香子
                 でした。
◎ 練馬の『世界』を読む会、3月例会 の予定
 ● 日 時 3月12日(木) 午後6時
 ● 場 所 喫茶アンデス
       練馬区豊玉北5-17-9 井上ビル 2F
       電話 03-5999-8291
       練馬駅[A2]から徒歩約1分
 ● 持ち物 雑誌『世界』3月号
 ○共通テーマ
 「優しい語り手」          オルガ・トカルチュク
 「水害多発の時代に命を守る」         嘉田由紀子
 「砂川最高裁判決の「呪縛」は解けるか」     吉田敏浩
 「台湾人の「民意」とカルチャー」       近藤弥生子
 「気候変動と「人新生」」            酒井隆史
 ● 連絡先 須山
      suyaman51@mail.goo.ne.jp

コメント   この記事についてブログを書く
« 東久留米の2月例会、14名で! | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事