みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

何を見るか

2016年03月24日 | アモス書

アモス書 9章

 アモス書の終章から考えたのは、見るということ。

 アモスは祭壇の傍らに立っておられる主を見ました。主はアモスに神殿の敷居が震えるようにとお命じになります。神のさばきが始まるのです。一方、さばきの中で人々は主の目を避けてコソコソ隠れます。主の臨在をしっかり見るアモスと主の目を避ける人々の姿が対照的です。そして神の目は、罪を犯したイスラエルに向けられているとも8節にあります。

 厳しいさばきの宣告に続き、この章には回復も約束されています。国が再興され、豊かな自然が訪れ、作物は豊かな実りをもたらします。そして、二度と主はそこに住む者を引き抜くことをなさらないというのです。ここにあるのはまず、キリストがおいでになってもたらされる救いについての預言であり、やがてキリストが再びおいでになることによって実現する回復であり繁栄です。

 一昨日のテロについての報道を見聞きする中で、主がこれをどのようにご覧になっているのだろうかと考えました。私は何を、そして誰を見なければならないのかということについても思いました。みことばのききんがくることを憂えて、みことばを待ち望む時が来るのではないかとの期待も抱くのです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 追い求めているもの | トップ | そこにいた人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アモス書」カテゴリの最新記事