みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

すべての民が「アーメン」と言え

2016年12月31日 | 詩篇

詩篇 106篇32−48節

 帰宅しました。旅をするごとに思うのですが、「やはり家がいい」と思いました。普段とは違う場所に行き、初めてのものを見、食べられない物を食べる、…特別な日々が旅行です。けれども、日常があるので旅行が楽しいのだと思います。

 2016年はきょうが最後の日。「良い年だったか、悪い年だったかを」振り返る方が多いのではないでしょうか。頻発するテロ、主導権を巡っての国と国との駆け引き、経済的な格差の開きなどが脳裏に浮かびます。

 この詩篇の作者も、自分たちの歩みを振り返る中で、先祖たちがどれほど神の前に罪を犯し、神を怒らせ、悲しませたのかを次々に挙げています。二日前にも触れましたが、作者は「自分たちは立派にやっていますが、先祖たちはとんでもありませんでした」と綴っているのではありません。それは、「私たちの神、主よ。私たちをお救いください」という祈りのことばからもわかります。

 「みことばの光」の表紙には毎号「毎日聖書を読む聖書同盟の方法」が掲載されています。その中に、「神はどのような方、どのようなことをなさる方か」という問いかけのことばがあります。この箇所を読み、「主の怒りは見たいに向かって燃え上がり」ということばとともに、「主は幾たびとなく彼らを救い出された」「主は彼らの苦しみに目を留められた」ということばに目が留まります。この1年の歩みを振り返って、主なる神は私に対してもこのようにしてくださいました。

 新しい年に向けて、「すべての民が、『アーメン』と言え」。ハレルヤ」と祈り、神をほめたたえます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 間に立って | トップ | 天の上にまで、…雲にまで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩篇」カテゴリの最新記事