みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

ささげる

2015年03月04日 | レビ記

レビ記 27章16−34節

 

 雨音が時々聞こえる夜でした。関東地方、きょうは暖かくなりそうですね。

 1月の途中から読み進めてきたレビ記、きょうが最後の箇所になりました。終わりに、「以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である」とあります。「命令である」ということばを思い巡らしてみますと、レビ記は神の命令に貫かれているのだということを改めて覚えます。

 「あなたが何をしたいかが肝心」「あなたが望むように」などと、個人の意志が尊重され、主体的に自分で判断し、自分で決定して歩むのが当たり前で、良いことだとする世の中。何よりも神の命令にしたがって歩むようにと書き連ねているのを読み続けると、ときには反発したり、できっこないと思ったりします。もちろんレビ記は神とイスラエルとの旧い契約ですから、ここに命じられていたいけにえを今の私たちが言われたとおりにささげることはありません。しかし、そこにある「心」は今に至るまで生きています。

 きょうの箇所には誓願についての規定が示されていますが、新約聖書ではどのような誓いも義務づけてはいません。けれども、人生のいろいろな場面で神の前に約束することはあります。結婚における誓約、洗礼を受ける時の誓約など、人は前に向かって行く希望と喜びの中で、「はい、約束します」と言います。その重さを、誓願についての規定を初め、レビ記の一つ一つの命令は思い起こさせてくれます。

 あすからはペテロの手紙を読み進めます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 誓願 | トップ | 栄えに満ちた喜びにおどる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビ記」カテゴリの最新記事