みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

追い求めているもの

2016年03月23日 | アモス書

アモス書 8章

 きのうのブリュッセルでのテロで、多数の死傷者ができました。巻き添えになった方のご家族や友を主が慰め、守ってくださるようにと祈ります。

 繁栄に酔う北王国イスラエルには、神を覚え、あがめる新月の祭りや安息日が終わるのを待ち構えているかのようにして、モノを売りたがっている者たちがいたことが5節のことばは伝えます。このような人にとっては、神を覚え礼拝する祭礼も、自分たちの利益より下位に置かれているのです。しかもその商売はあくどくて、人をだまして儲けようとする魂胆があります。

 ところが、ごまかしまでして儲けた富も、神が引き起こす天変地異によってむなしいものとなってしまいます。そして彼らにとってさらに悲惨なのは、「主のみことばを聞くことのききん」です。パンも水も欠くことがなく、贅沢に暮らす彼らにとって、神のことばを聞くということは二の次三の次のことでした。けれども、これこそ神の民が求めなければならない、求めることによって自分たちが保たれるものだったのです。

 みことばを聞くことを、どれだけ優先し、上位に置いているのかということを問われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 緊迫の中で | トップ | 何を見るか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アモス書」カテゴリの最新記事