みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

二つの「その日」

2019年09月14日 | イザヤ書

イザヤ書 4章

 いつもの床屋さんに行きました。金曜日の午後なので満席。すると、「2分だけ待って」と言って店の人が持ってきてくれたのはトルコのチャイ!。角砂糖2個を溶かして美味しくいただきました。

 4章1節、2節は「その日」ということばから始まります。けれども内容的に1節は前章から続くものです。エルサレムの多くの男たち、勇士たちが戦いに倒れたために、女たちは結婚の相手に窮するという様子が描かれています。ある英訳の聖書は女たちのことばの後半を「ただ子どもをください。私たちを妊娠させてくださって…」と訳しています。このようなことばにも、神に背を向けた世の身勝手な心を垣間見る思いがします。

 自分たちの罪のためにエルサレムに危機が訪れていることを、神はイザヤによってユダとエルサレムの人々に語られます。それは避けられないことであり、やがて南王国ユダはこの地から消えていきます。この厳しいイザヤのことばを、ユダとエルサレムの人々はどのように聞いたのだろうかと想像します。おそらく、そんなことがこのエルサレム、シオンに起こるはずはないと聞き流したか、「何を言うのか!」といきり立つ者もいたかもしれません。そして彼らが2節以降に約束される希望だけを耳に入れたというのは、想像が可能です。

 2節の「その日」は、やがて来る日、終わりの日を指しており、6節までに、エルサレム、シオンへの希望が約束されているのです。これは、イザヤの預言を聞いている人々の中に実現することではなく、ずっと先のことです。「主の若枝」と呼ばれるメシアが来た時に起こることなのです。

 きょうの「みことばの光」では主の若枝が三つのことをもたらすと書いています。さばきの後に残されたものが聖なる者とされること、彼らの汚れが洗い流されること、主の臨在が表されることです。「主の若枝」がイエス・キリストを指すことをクリスチャンは信じており、ここに預言されていることはやがて「その日」に全くそのとおりに実現することを信じ、そこに希望を置いています。

 自分に都合のよいことだけでなくて、厳しいことばをも、聞くことが肝要なのです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 顔つきが答える | トップ | きよめる神 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イザヤ書」カテゴリの最新記事