みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

時を待つ

2017年04月28日 | ダニエル書

ダニエル書 12章

 ダニエル書はきょうで読了。でも、ある方の「ダニエル書ってこんな書だったのね」とのことばから、聖書に読了がないことを改めて思いました。

 きょうはシュトゥットガルトに出かけています。約束の時間まで着くために、何時に家を出たらよいのかを地図で確認して出かけます。便利になりました。

 「時間管理」をするというのが大切なことだとは、あちこちで言われています。そのために、約束したことを忘れないためにカレンダーに予定を入力しておきます。すると、予定の1日前とか30分前にスケジュールを知らせてくれます。けれども、そんなことをしていますと、自分で時間を管理しているかのような錯覚に陥ります。

 「みことばの光」のきょうの箇所のタイトルは「その時」。ダニエル書終章には時を表すことばが多く見られます。ざっと拾い上げてみますと次のようになります。「その時」、「その時まで」、「苦難の時」、「その時」、「終わりの時」、「いつになって」、「ひとときとふた時と半時」、「終わりの時」、「…時から千二百九十日」、「…時から千三百三十五日」、「終わりの時」、「時の終わり」。

 改めて眺めますと、ここに並ぶのは自分で決めるのではなくて、神がお定めになった時です。それは、自分で遅いからいらいらしたり、速すぎると慌てたりするようにして到来するのかもしれません。言えるのは、自分で時を早めたり遅くしたりすることはできないということです。

 きょうのみことばの光には、神の約束のことばに信頼して、忍耐して「その時」を待つようにという意味のことが勧められています。主イエスがお教えになった、花婿を待つ十人の娘のたとえを思いました。マタイの福音書25章1−13節

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自分を大きいものとする | トップ | 苦しみの中から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ダニエル書」カテゴリの最新記事