みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

御翼の陰に

2018年08月31日 | 詩篇

詩篇 36篇

 8月はきょうが最後の日。日本では豪雨と暑さの8月だったことでしょう。当地も、例年にない小雨と暑さで公園の緑がとても少なくなってしまいました。私にとってこの8月は、よく歩いた一か月でした。歩数計では31万歩を越えていますので、1日平均一万歩を初めて達成した月になります。当地に来てしばらくして膝を痛めて少々不自由しましたので、夢のようです。

 本篇は衝撃的なことばから始まります。「私の心の奥にまで 悪しき者の背きのことばが届く。」 以前の翻訳では「罪は悪者の心の中に語りかける」でしたので、ずいぶんと印象が変わりました。ダビデの心の奥に、神に背く者のことばが入り込んでくるのです。それは、神の前に歩もうとするダビデを強く揺さぶっているのです。とても心穏やかにいることはできません。

 そのような中で、ダビデは山を見上げ谷底をのぞいて、神の恵みと真実の豊かさと神のさばきの確かさとを確信して、平安を保とうとしています。私たちの心の奥にも神に背く者の声が届いてきます。そのような中で、何を、また誰を拠り所とするかが問われるのです。真実なお方に拠り頼むことのできる幸いを、この詩篇から知ることができます。

 昨日、通り雨に遭いました。幸い傘を持っていたので濡れずにすみましたが、葉の生い茂る大きな木の下は濡れていませんでした。「寄らば大樹の陰」ということばを覚えました。信仰者にとって神への信頼は「御翼の陰に身を避ける」ということばに現わされています。ありがたいことです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 戦ってください | トップ | いのちをかけて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩篇」カテゴリの最新記事