みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

主の書物を調べて読め

2019年10月16日 | イザヤ書

イザヤ書 34章

 きのうのドイツ語の時間、「秋」に関係のあることばを考えてみましょう、というようなことから始まったのですが、脇道にそれていきます。こうやってことばのスペルをまちがえないように伝えるのだと納得。とてもよい「脇道通行」だったと思います。

 「みことばの光」10月号12頁の「イザヤ書24−35章を読む前に」では、24―35章を「諸国の民全体に対するさばきと主の勝利が告げられる」とあります。そして、34、35章は結論に当たる部分であり、本章には全世界の主に敵対する者たちへの最終的なさばきが語られているのです。ここには、恐ろしい光景が記されています。

 エドムの名前が出てくるのは、神が選ばれたイスラエルにエドムは事あるごとに敵対していたので、神に敵対する者たちの代表のようになっているのでしょう。このような厳しいことばを次々と読ませられると、神は愛なるお方ではないかという問いかけというか、非難のような思いが湧いてきます。しかし、次の35章とともに味わうことが大切なのだと教えられます。

 16節の「主の書物を調べて読め」ということばを覚えました。このような厳しいさばきがほんとうに起こるのだろうか、いや、脅しだろうなどと言う者がいたということを想像させます。それに対して主は、そうではない! これらのことばのどの一つも失われていない、必ず起こると断言しておられるのです。

 日々読んでいることばとは、これなのです。

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki