みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

いつも雲が…

2019年03月27日 | 出エジプト記

出エジプト記 40章16−38節

 火曜日午後の「ドイツ語おしゃべりの会」。昨日はインドからの青年が参加されました。青年を誘ったのは地元の男性で、とても親切で温かな人。昨日のおしゃべりテーマは「故郷」。英語で言えば「ホームシック」ということばも覚えました。「ホームシックにならないの?」と尋ねられた私たち「生徒」は、みんなが「なりません!」それを聞いて、とても嬉しそうな表情をしておられました。

 出エジプト記の通読も、とうとう終わりを迎えました。もちろんいつでも読むことができますが、「みことばの光」では5年後まで読みません。数ヶ月前の編集の時のことをいろいろ思い起こしながら、出エジプト記をあとにします。ここには、モーセが幕屋を設営し、その中に一つひとつの用具類を主が定められた場所に置いていったということがまず記されています。

 「みことばの光」に書いてありますが、ここで繰り返されるのは、「主がモーセに命じられたとおり」ということば。ここまでの幕屋製作の過程でも、このことばが繰り返されました。主がモーセに命じたとおりに民が作り上げた幕屋と、そこで用いる物、そして祭司・大祭司の装束。それらをモーセは、主が命じられたとおりの場所に置いていきました。「こうしてモーセはその仕事を終えた」のです。

 その時、雲が会見の天幕を覆い、主の栄光が幕屋に満ちたのは、完成した仕事を主がお認めになり、お喜びになったことを示します。そして主は、お約束通りに幕屋に臨在し、荒野を旅する彼らを導いてくださることが、彼らの上にあり続ける雲によって明らかになりました。

 このようにしてイスラエルの民の旅路を導かれるお方は、私の信仰の旅路にも伴い、約束の天の御国へと導いてくださるという確かな希望を思うと、喜びが湧いてきます。「あなたがたの間で良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださると、私は確信しています。」ピリピ人への手紙1章6節

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki