みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

何を話そうかと

2018年08月17日 | マルコの福音書

マルコの福音書 13章1−13節

 きのうは車椅子バスケットボール世界大会の開会式に出ました。日本チームの皆さんにも会うことができ、以来、できるだけつき添うようにしました。きょうは当地時刻9時30分からグループリーグの第一戦があります。ご声援ください。

 13章では、エルサレムの宮の大きな石を弟子たちが見て驚くことをきっかけにして、イエスがこれから先に起こることについて教えておられます。ここでは、弟子たちから見たらすぐに起こることと、ずっと先に起こることとが入り混じっているようです。

 イエスの名を名乗る者が大勢現れること、戦争や地震などが起こること、イエスの弟子であることのゆえに迫害されることです。これらは、弟子たちがどうこうすることで回避できるものではありません。オリーブ山から都の神殿を見ながらイエスの話を聞いていた弟子たちも、そして、すべてのキリスト者が覚悟すべきことです。

 その後にイエスは、まず福音がすべての民族に宣べ伝えられなければならないと言われました。「まず…」とは、やがて来るときに備えてなすべき、弟子たち(キリスト者)の務めを表わしているように思えます。それは、決して簡単なことではないとも言っておられます。ですから、忍耐が求められます。

 今携わっているボランディアについて、「何を話そうかと、…心配するのはやめなさい」とのことばに、励まされ、「主よ。何を聞き、何を話すべきかを教えてください」と祈っています。

コメント (4)

2011-2019© Hiroshi Yabuki