みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

あなたの王があなたのところに

2018年08月10日 | マルコの福音書

マルコの福音書 11章1−11節

 「こうしてイエスはエルサレムに着き…」と11節にあります。ガリラヤからユダヤ、そしてヨルダン川の向こう側を通ってのイエスの旅は、目的地エルサレムまで到達しました。イエスはここを、ここでご自分を待ち構えていることを見据えて旅を続けてこられたのです。一緒に進む者たちは、先に立って進むイエスの姿に驚き、恐れを覚えるほどでした。

 イエスはエルサレムに王として入城されました。周りから祭り上げられてそうなったのではなくて、ご自分で乗るためのろばを用意させました。この箇所を何度か読んでいる方は、こうなって、ああなってと出来事の進展がわかるのですが、この時イエスに遣わされた二人の弟子は、イエスが言ったとおりに次々に物事が展開していくのを体験して、息が止まるほど驚いたのではないでしょうか。

 イエスは子ろばに乗り、都への道を進んで行かれました。ここに、「娘シオンよ、大いに喜べ。娘エルサレムよ、喜び叫べ。見よ、あなたの王があなたのところに来る。義なる者で、勝利を得、柔和な者で、ろばに乗って。雌ろばの子である、ろばに乗って。わたしは戦車をエフライムから、軍馬をエルサレムから絶えさせる。戦いの弓も絶たれる。彼は諸国の民に平和を告げ、その支配は海から海へ、大河から地の果てに至る」というゼカリヤの預言が実現しました。

 迎える人々を見下ろすような馬には乗らず、見ている人々の視線とほぼ同じ高さになるろばの子に乗るというのは、王の入城としては不思議なものです。そんな王がやがて来るとゼカリヤは預言したのですが、それが起こったのです。

 そして、「あなたの王があなたのところに来る」は私の身にも実現しました。王としてこのお方を迎えることに躊躇(ちゅうちょ)することがないように。

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki