素晴らしき「日本」

地球上で一番古い国、伝統のある日本

共謀罪の構成要件該当性!!!

2017-04-29 20:27:35 | 日記
 毎度毎度同じメンバーで、安定感抜群の極左ジャーナリストたち(青木理、田原総一朗、

岩上安身、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、小林よしのり、斉藤貴男、神保哲生、田勢康弘、

津田大介、鳥越俊太郎、安田浩一、吉岡忍)が記者会見を開き、声明を発表した。

 内容は下記の通りだ。

 ≪私たちは「共謀罪」の構成要件に該当しています。≫

 ※冗談ではあるが、念のため刑法に抵触するためには下記の3要件すべてを満たしていな

  ければ刑法で処罰されない。

  ①構成要件該当性・・・刑法に書いてあることをそのまま行うこと。
   例;刑法199条 「人を殺したるものは・・・」⇒人を殺すこと。
   構成要件に該当しなければ刑法では罰せられない。

  ②違法性があること。
   違法性が無ければ刑法では罰せられない。
   例外:正当防衛 緊急避難

  ③責任があること。
   責任がなければ刑法では罰せられない。
   例外:未成年・心神喪失者等

  罪刑法定主義・・・罪をあらかじめ規定し、上記に該当しなければ罰せられない。

  不遡及の原則・・・遡って刑法に抵触しない。(行為を行った時に刑法に書かれて
           いなければ、遡って罰せられない。)

  以上を罪刑法定主義という。これを堅持している日本は法治国家、支配者の意思や

 国民の世論で刑が決まる、「特ア」は情治国家という。恐ろしや。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支那語標記・ハングル標記は... | トップ | 日本人のあなたに問う! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事