スト日記

スト日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロとして

2015年11月25日 21時30分37秒 | 趣味、その他日常
例年真冬は冬眠してるが、来期からは年明けから積極的に活動していこうと思っている。

来年は集大成を見せたい。
この先俺が若返ることはない。
常に1年契約。
この年で複数年を結んでくれる球団はいない。


職業スト師になりたい。
どこかチームに属して、年間の戦績によって年俸を貰いたい。
もちろん、成績が悪ければ解雇。
チームの戦績でペナントレースしても良い。
利益の出所は不明だがw

今シーズン13本塁打。
ゲット狙いのスト師としては寂しすぎる。

しかし来年それを大幅に塗り替える自信はある。
今年の夏前までは己の限界を感じていたが、夏以降はその先の可能性を感じている。

まだまだ打てる。
飛躍の年にするには今しかない。
月4ゲットは可能だと思っている。
年間計算で50。
昔から、50ゲットしたら凄腕だという認識がある。

年間13ゲットが限界だったのが、50ゲットする。
その先にある景色を見てみたい。
13ゲットする過程と、50ゲットする過程、その間日々の生活においてどのような違いが現れるかを知りたい。

実際今年の4倍の成果となるわけだから、満足度も今年の4倍となるはず。ストレスにおいては今年の4分の1に軽減される。

まぁその分今年の4倍屈辱に塗れるわけだが。


成し遂げれば、間違いなく今までのスト人生において一味違ったシーズンとなるはず。



簡単ではない。
現に年間10ちょいしかずっと打ててこなかったわけなんで、それには相応の理由がある。
それを4倍増にまで持っていくわけだから、普通に考えたら難易度高い。

シーズン10本塁打の打者に来期は40本打てっつってるようなもんだからね。


ただ俺は昔と比べて明らかに精神的に強くなった。
かつゲットするコツを掴みかけている。

ヤクルトの山田哲人も、年間3本塁打だった年から翌年29本塁打を打っている。今年に関しては38本塁打。
3本塁打の時もそこそ打席数立ってるし。

大幅な進化はある得るよ。


しかし山田は誰よりも練習してるがね。

色んな種類の打撃練習を、毎日毎日ずっと継続していると聞く。

俺も山田並みに修行を重ねる。

金は発生していないものの、俺はプロスト選手だと思っている。

プロとして強い決意を持って臨みたい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 時代 | トップ | いいね »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
口だけ (かずま)
2015-11-26 15:17:35
実力ないのに、言うことはでかすぎ。
年間13即は、プロがどうのとか口にして良いレベルではない。
次元が低すぎる。
コツをつかみかけてるって、半年くらいでいうならわかるけどさ、何年やってんだよ。
芽はでないよ。種がもうないと思う。

俺もスト師だからさ、ストの大変さがわかるから辛口コメントになりました。
Unknown (tko)
2015-11-29 21:40:16
ありがとうございます。

いっそうやる気が起きました。
来年見ていてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味、その他日常」カテゴリの最新記事