すとう信彦 & his band

社会起業家(チェンジメーカー)首藤信彦の日常活動とその仲間たち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋来ぬと

2011-09-25 21:24:27 | Weblog
秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ 驚かされぬる...日本の気候を表現する代表的な詩だよな。いつもこの時期になると自然と口のなかで呟いている。9月はまだまだ暑いというのが、体験型天気予報の判断で、夏服もクリーニングに出していない...が、ここ連日の夜の冷え込みには驚かされる。こんなはずないと思いながら薄着でとおしているうちに鼻水がでる。三連休最終日となると、さすがに時間的というより精神的な余裕がでてきて、久しぶりに遊歩道に散歩に出かけた。先週と変わらない雑草の茂みだが、同じように緑が濃くても「あっ、秋が来ているんだ」とすぐわかった。以前は仲町台から鴨池公園を経由して月出松公園まで歩いて行ったのだが、今日は手抜き(足抜きかな)してららぽーとに車を止めて逆コースで川和富士まで歩いて行った。途中に以前視察におとづれた港北配水池の小規模発電所の掲示板がありうれしくなった(写真)。川和中学校の前にあるけど、中学生のみなさんも自然エネルギーに関心を持ってくれるだろうか?夏シーズンの最後だからだろうか、草が刈られていなくて、美しい人口スロープがなんかボワボワな感じですな。横がわから上ったので、裏のミニチュア宝永火口も見えて面白い。久しぶりに見た川和富士からの眺望だが、東側にはあっと驚くほどマンション群が目前に広がっていて、ここまで緑が少なくなっているのかと愕然とする。都筑も人口が増えて、SCも多数できてうれしい反面、ちょっと前に多数いた狸も蛇もほとんど見ることはなくなってしまった。しっかり森を保全して植生を豊かにしないと、生物ピラミッドも急速に瓦解してしまうと実感するね。茅ヶ崎の自然生態園のようなサンクチュアリを多数作るべきだと思う。
野田総理のアメリカ訪問の間、国会は事実上休店状態だったが、一方では普天間基地問題やTPP(環太平洋連携)ではアメリカ側から厳しい要求が突き付けられた感がある。明日からの予算委員会で、一挙に緊張が高まる。川和富士も今年はこれが最後の訪問になるかな。
コメント

会期延長?!

2011-09-16 16:42:53 | Weblog
臨時国会の会期は今日、9月16日で終了するはずだった...そのため今朝は小生が委員長を務める海賊・テロ特委員会を含め、休会中審査や継続手続きの委員会が開催される予定だった。しかし、野党側は当然、予算委員会も開かれない4日間の臨時国会は異常だとして、会期延長要求。その結果、昨日の午後はほとんど委員会理事間の協議と国体との打つ合わせが断続的に行われ、ただひたすら待機と携帯電話の世界となった。外部の皆さんからすると、こんなことに血眼になっている国会の姿など想像もできないだろう。実際、小生も議員になるまでは、国会内で単なる期日をめぐる協議がこんな消耗戦になっていることなど想像もしていなかった。どちらの陣営もそれぞれお家の事情をかかえているから、最終的には落とし所があるのだが、こんな不毛な時間の使い方に、唯一理由と根拠を求めるとしたら、「民主主義のコスト」ということになろうか?まあ、これも日本のお家事情というより、どこの先進国でも同じような手続きで延々と時間が消費される。「民主主義は民主的手続きだ!」という主張があるが、むべなるかなと思う。
ともかく会期が月末まで延びたので、休会手続きは消滅し、すべての委員会が延期となった。来週は野田総理のNY国連総会出席などがあるから、結局は次週からの予算委員会が延長国会の中身だろう。それなら閉会中の予算委員会でも同じようなものだとは思うが、これが前例尊重と手続き絶対主義の必然的結論なのだろう。
しかし、それが国会の外=社会の現実とかなり乖離していることは自明だ。民主主義の形骸化が指摘されて久しいが、そろそろ民主主義システムの再定義化や再活性化が必要だなあと痛感。先日、国会システムの研究者と革新的な国会システムの提言をしようと話し合った。原子力問題も一段落なので、次にはいよいよ民主主義システムの改革にとりかかろう。
コメント

テロ・海賊対策特別委員長に就任

2011-09-13 21:53:53 | Weblog
臨時国会開催後、ただちにテロ・海賊特別委員会へ移動、正式に特別委員長に就任した。就任時に事務局が作った就任挨拶を読み上げるのだが、テロリズム問題は小生が30年に渡って研究した分野だから、あえて①911テロから10周年にあたること②冷戦後に消滅すると言われたテロリズムが現実にはテーマや背景の変容、被害の大規模化などを伴いながら拡大していること③思い起こせば、小生が危機管理研究に入っていったきっかけの一つが1978年にエルサルバドルで発生した日本企業(インシンカ社)へのテロ事件だったこと、などを述べさせていただいて、特別委員長就任の決意を表した。就任が発表されてから、会う人ごとに祝辞をもらうが、「きっと首藤なら、なんかやるんだろう?」みたいな妙な期待があるのじゃないだろうか。
委員会直後に理事会室でモーニングに着替えて開会式の陛下お出迎えへ。恥ずかしながら、実はモーニングを着るのは生まれて初めて。近くのホテルの結婚式場からレンタルするのだが、それでも歌舞伎の衣装替えみたいな瞬間芸で、すっかり汗をかいた。
そのあと再び本会議場に移動して、野田新総理の所信表明。内容は準備期間の短さもあるのだろうが、どちらかというと震災復興の精神論や政策の枠組み表明などで、それほど議論のある内容ではなかったが、第三次補正作業を抱えての政府だから、やむを得ない...と納得。ところが、自民党席から激しいヤジというより罵声で、演説も聞き取れないほどだった。ここまで低劣なヤジを見たことがない。やはり新政権の支持率回復に危機感を持ったのだろうか?
夕刻にキルギス議連の会合、10月30日のキルギス大統領選挙の監視団参加を呼びかけた。信認のキルギス大使も流暢な日本語で声明を述べて、こんごの協力関係発展が期待される。
コメント

新政権発足

2011-09-02 15:29:34 | Weblog
野田新政権が発足。バランス感覚から選ぶとこういう堅実な布陣になるのかなとも思うが、もうちょっと野心的なところがあっていいんじゃないかな。個人的には藤村さんが官房長官になったことが嬉しい。事前にテレビでも何度も取り上げられていたが、どちらかというと各グループの実力者の陰で「こんな人も候補に名が挙がっている」みたいな取り上げ方で、むしろドラエモンがマスコット!、あるいは野田グループの側近みたいなのがテーマだったと思う。でも、交通事故遺児問題への長い取り組みからもわかるように、非常にヒューマンな視点をもったまじめな努力家...というのが実像だろう。これまでの官房長官がどちらかというと「総理より頭のいいのは私」みたいな自己顕示欲の強い人が多かったが、藤村さんは、まさに女房役というか(ただし伝説的女房、現代の女房とは必ずしも一致しないかな?)政権の裏方をしっかり支えるという役割なのだろう。
実は、官房長官に任命になる直前にエレベーターで鉢合わせした。どやどやとなだれ込んでくる新聞記者に囲まれていた。「時の人になって大変ですね」と言ったら、「いやあ、急にこんなになっちゃって、困るんだ」なんてちょっと恥ずかしそうに話していたが、今日、記者会見で見たらすっかり官房長官顔になっていて、地位が人を作るものだなあ..と思った。
コメント