すとう信彦 & his band

社会起業家(チェンジメーカー)首藤信彦の日常活動とその仲間たち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DMスキャンダルは第二弾?

2009-04-17 23:33:34 | Weblog
障害者団体対象の郵便割引制度を悪用したベスト電器のDMに民主党若手の牧義夫議員の関与が疑われている。一連の悪用プロットの中心と目されている白山会との関係が指摘され、民主党と同時に民営化後の郵便事業会社への信頼もそこなわれる大事件だ。小生などもそうだが、民主党は党をあげて障害者自立支援法反対など障害者問題への関与とその支援組織への援助などに積極的であったゆえに、今回のことが事実であるとすれば、計り知れないダメージとなる。
牧議員は2000年初当選の同期だが、そもそも自民党鳩山邦夫氏の秘書出身で、外見・活動・思想ともに、何でこの人が民主党なのかいぶかる人も多い、いわゆるビジネス系、自民党系民主党議員(変な表現だが、現実に一ダースぐらいの人がいる)だ。彼の長年の親分である鳩山氏が郵便事業のボスともいうべき総務大臣であることと何か関係があるのであろうか?いくらチェックが甘いといっても、大手家電ディスカウントショップであるベスト電器のDMが日常的に流れていたなどとは信じがたいが、赤字の郵便事業会社のDM依存戦略との関係もあるのかも知れない。
事件はまだ皮相にとどまっているが、民主党だけでなく、別な方面にも飛び火するかも知れない。当分目が離せない、深刻な事件だ。日吉にベスト電器のショップがあるので、見に行ったが、さすがに事件のお詫びも何も出ていなかった。しかし、ここもやがては大きな影響をこうむることになるだろう。ともかく、たとえこの事件で鳩山総務大臣も郵政事業もダメージを受けるにしても、これまで障害者問題に真剣にまじめに取り組んできた民主党の受けたショックは想像以上に大きいはずだ。
このような事件がこのタイミングで公表されることに疑問を持つが、西松事件と同じで、民主党側にも責任は免れ得ないと思う。また、このようにマスメディア総動員で報道されると太刀打ちできない。情けない話だ。ともかく、関係者の献身的な努力で組織や活動をやっと維持している障害者支援団体に対しては、民主党へ寄せる好意と信頼を裏切り、ただひたすら申し訳ない気持ちだ。
西松事件が露呈したときに、これは当局が第二弾、第三弾を打ってくるなと確信したが、現実のものとなるとはね。今の時期を考えれば、相手はかならず第三弾も選挙前に打ってくるのだろう。危機管理に弱い民主党執行部だが、覚悟を決めて、身を切るぐらいの思い切った対応をとってもらいたいものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 中だるみ? | トップ | 韓国の衛星ロケット »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
似非弱者 (黄昏)
2009-04-18 06:50:22
牧議員の秘書がもしパクられたら完全に民主党は終わるでしょう。
西松事件にしてもそうだが、民主党の幹部は危機管理というより、何だかとっても浮世離れしてる。
最も世相に敏感でなければいけない政治家が雲の上の人になっちゃってる感じだな。

よく「同和はヤクザに弱く、ヤクザは役人に弱く、役人は同和に弱い」と言われるが、今回の障害者郵便事件も同じ構図だろう?
白山会は全く障害者団体としての実態はなかったそうだから、これも似非同和と同じだ。
被差別者や障害者を利用して不当な利益を得ようなんてまさに「人間の屑」だが、騙されてるほうも呆れてものが言えない。
庶民院 (黄昏)
2009-04-18 07:15:26
自民党で国会議員の世襲が問題になってる。
何でも、自分で「世襲の権化」を名乗る議員まで現れて、叩き上げの選対副委員長を恫喝。
しかしちょっと待っておくんなさい、衆議院って確か?庶民院だったはずで、そこに世襲はオカシイだろ、とは日本人の誰も言わない。
英国の下院は別名庶民院で、ブレアが大改革した貴族院に対するものだ。
英国の議会制を真似たアメリカでは貴族がいなかったから、当初上院議員は庶民院である下院議員が選ぶ事になった。
ところが、そのうち上院議員になりたい奴らが下院議員に対する買収合戦を行うようになり、上院議員は州議会が選ぶ事になった。
それを現在のように州民の直接選挙に変えたのは確か?ウィルソン大統領だ。
日本の場合も英国の議会制度を真似たから、戦前は貴族院と衆議院に分かれてて、戦後貴族がいなくなったから庶民院である衆議院と「庶民院もどき」の参議院が誕生。
その「庶民院もどき」はいまや「衆議院崩れ」と「とても衆議院には当選しそうにない連中」の巣になってる。
日本の場合、庶民院のあり方も問題だが、「庶民院もどき」のあり方はもっと問題だ。
たいがいにしなさい (ふれあいの丘住民)
2009-04-18 15:10:58
黄昏さん、きっとみんなあなたの本文に無関係なコメントを書き続ける姿に呆れていますよ。他人の人気に寄生するような恥ずかしい行為はやめて、自分の意見を主張したければ自分のブログにアップしなさい。
どこのどいつだろうが (yoshi)
2009-04-18 19:10:42
悪いやつは悪いのです。

タイミングがどうとか非常に小さい問題であり
むしろ選挙前に露呈して良かったくらいのことを言ってもらいたい。

そんな議員が当選したら国民のためにならないのは明らかだからだ。

第3弾がでるなら民主党に自浄能力
が無い証というだけの話である。
そしてそんな政党には投票できない。

自民も民主も大差ない。そういうイメージがますます強くなるだろう。

しかし、どうして民主党議員というのはこうもお子様ばかりなのか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事