空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

72編 痛みの我慢

2017-07-15 11:48:09 | 2行詩
痛みの我慢

他人の痛みは参年で待てる
自分の痛みは参分でも我慢できない
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 71編 事故 | トップ | 73編 “人生の短さ”と老人介... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2行詩」カテゴリの最新記事