goo

富士通が新たなサービスの提供を開始

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は富士通についてのお話です。

富士通は今後の命運を左右する新たなIT基盤・運用関連サービスの提供を始めました。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/04165/?n_cid=nbpnxt_mled_nws

富士通があらかじめ173項目にわたって提供内容と料金を決めたサービスを顧客が選ぶ「プレフィックス型」の提供形態を採用し、これを浸透させることで、顧客の要望通りに動く「ご用聞き」体質からの脱却を図るとのこと。

富士通としては今後の命運を左右する取り組みとのこと。

現場や顧客の反応が気になりますが、なんとなく現場の反応が想像できてしまうのも事実。

ご用聞きかからの脱却というのも、一昔前の話題という印象です。

経営視点で顧客の課題解決ができる人材を育成してほしいですね。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
1日1回のクリックよろしくお願いいたします。
 

~Partner for Progress~
中小企業の成長を支援するパートナー
経済産業大臣登録 中小企業診断士
経済産業大臣認定 第一種情報処理技術者
内部統制評価機構認定 内部統制評価者
中小企業大学校インストラクター
港区創業アドバイザー
神奈川産業振興センター経営アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター派遣専門家
専門家プロファイル登録コンサルタント
ドリームゲートアドバイザー
中小企業情報セキュリティ対策指導者
富士通ラーニングメディア認定講師
NTTラーニングシステムズ認定講師
長谷川進
E-mail : hasegawa-info△goo.jp (ご相談・ご依頼などございましたら、お気軽にメールでお知らせください。上記メールアドレスの「△」を「@」に変更してお使いください)
  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 自主的な取り組み サザンの特別... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。