ザ・サスペンダー

日本を斬る社会派ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真野ちゃんの話

2009-11-19 06:07:47 | モームス
ハロプロのひとの多くは話下手なのを滑舌の悪さのせいにしたがりますが、本当の原因は常識のもちあわせの少なさです。
常識は話の基点でありひきだしであるので、これがないと話に起伏がなく膨らみもしません。
その点真野ちゃんの喋りには常識の土台があるので、聞いていて快いです。

感心したのが、真野ちゃんが亀井と対談したとき、亀井の、
「虫のいない国に行きたい」
というバカ発言に対し、
「でも、虫がいなかったら、イチゴとかできないですよ」
と返したくだりです。
虫がいない世界の問題点を、亀井にもわかるレベルの言葉で、こんなにアイドルらしく表現するとは。
ひとつ神業をみた思いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 夏焼・・ | トップ | 馬鹿キャラ? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-11-20 05:09:05
亀井はもう覚えてないんだろうな

コメントを投稿

モームス」カテゴリの最新記事