さるやは行く!!!!

さるやは行く!!!つづき・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いつか登れなくなるかもしれない山へ。(利尻山)

2021-07-27 08:34:49 | お山

お久しぶりです。

さるやです。

もう、この名すら 忘れてしまいそうです。

・・・ 昨年は 主水さんの百名山お付き合いの旅は

・・・ 六弥勒までの女 高妻山 でした。

今年の お付き合いの旅は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この山へ。

実は 19日が休日だと思っていました。

22,23,24,25日が オリンピックで休日?なのを

16日に知りまして 仰天 (◎_◎;)

こりゃ大変。

びっくりして

しまった次第です。

というのも・・・

現在 事情により 仕事はせず

従って カレンダーを信じ切っての生活を致しております。

しかし!! 仕事ばりばりの主水さんも

この 連休変更の事実を知らず

危うく ふたりで カレンダーに 騙されてしまうところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまりに遅い気づきではありましたが

 4日続きの連休となれば

 主水さんの百名山残りの旅を

 考えないわけには 参りません。

 で・・

 残りは 北海道と屋久島しかなく

 今年は 利尻山へ なんとなく ・・・ 行ければなあ~~ と

 感覚人間は 考えていた都合上

 出発まで一週間も無い中

 利尻への旅に受けて ロックオン (・∀・)

 それから 飛行機やら宿やら見つけ

 計画性の微塵も無い 山旅へ 旅立つこととなりました。

 因みに 入島は 船に弱い主水さんを配慮して

 羽田⇒新千歳⇒利尻 と 空路を利用致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 利尻は ロングコース。

 大敵は 荷重。

 撮りたいのは 山々ですが

 今回は カメラを辞めて

 携帯での撮影としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん コースタイムは 自分用に 12時間を予定し

 新型コロナワクチンは 二人とも2回目まで接種済み。

 われらの市では 65歳以上(主水)は、6月初旬に2回目を

 終了できてしまっておりました。

 60歳から64歳も 早々の接種券送付により

 大規模接種会場へも打ちに行ける体制で

 そのため 出来る限りの予防措置を執って

 旅立てることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コースタイムは 10~11時間とありましたので

 鈍足を誇る さるやさんは

 12時間+を考えて

 それに・・・ 調べたおところに寄れば

 相当暑い とのこともあり

 熱中症も得意な さるやさんでもあるため

 宿のご厚意を受け

 午前3時半には 登山口から 登山を開始いたしました・・・ が・・・

 コースタイムは 主水さんには 箝口令を敷かれそうな CTで

 でも こうして レポが書けるので

 生きて帰ってきております。

 実は・・・

 実は・・・

 実は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 コースタイムは さるやだけのものですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 16時間。  きゃ=。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さるやだけのもの・・というのは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 下山にあまりに時間が掛かりすぎ

 主水さんが 下山9合目から6.5合目付近まで さるやのザックを担いでくれたにも拘わらず

 それでも なかなか 下りられず

 6.5合目付近で とうとう 愛想を尽かされて

 「 このままじゃ 水不足で 俺死んでしまうから

   先に 甘露泉水まで 下りて待ってるから・・・ 」 と言って

 先に 行ってしまい

 そこからは 倒れながら 休みながら また 倒れながら

 少しづつ 歩きながら 倒れながら

 熱中症にて 頭痛と 痙攣を 道連れに ひとり

 主水さんより ず~~と 時間が掛かって 下山したという経緯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一株だけ咲き残ってくれていた

 りしりひなげしさんにも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このかっこいい 山の山頂も ゲットはして

しかも・・・

 

 

水が足りなくて ふらふらどんな さるやに

足の速い下山者の皆様は

「 大丈夫ですか・・お水 アクエリアス ポカリ あるけど

差し上げましょうか」 とか

「 一緒にゆっくり下山しましょうか」とか

言ってくださって

却って 主水さんのいないひとりの下山は

山を登る方々の

温かい心を感じる

大切な思い出を たくさん さるやに残すこととなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なには ともあれ

山頂もりしりひなげしもゲットですから 

よし!!! とするしかありません。

 

利尻山へ行かれる際は

充分な情報収集をされてくださいませ。

 

さるやも とても暑いことと

ロングコースなのは知っていました。

ですが 水を主水さんが必要と思うよりもたくさんと

ポカリスエットの粉、レモネードの粉、それになんと!! 熱さまシートなどまで

持参したにも拘わらず

暑さにやられてしまいました。

北海道は・・暑っついど====。

 

 

下山に際し

とても親切にして頂いた皆様

特に テント泊をされてらした あのお若いご夫婦さま

下山してきた時に

走り寄って下さって

「 よく 頑張りましたね 」 と

「岳」の三歩のように 優しい声を掛けて頂き

本当に 本当に ありがとうございました。

そのひとことに どれだけ救われたことか。

この場をお借りして

ご本人さまへは届かないとしても

お礼を言わせて頂きます。

ありがとうございました。

そして ご厄介お掛けしました皆様に

深い感謝の気持ちを伝えます。

 

 

 

・・・ さるやは 登っては 行けない山・・・だったかもしれない・・・

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅葉なら観音沼。(福島県白... | トップ | 削れ行く山へ。(利尻山) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウヒョウ₋! (山の幸)
2021-07-27 20:04:15
エー!!
北海道いちゃったんですか
山の幸さま、コメントありがとうございます。 (さるや)
2021-07-27 20:26:45
お久しぶりです。
主水さん残りの百名山は、行きにくい場所、遠い場所しかなく、登れる気がしないのに、登れるかもしれないと勘違いして行ってしまったのです。
長いのなんの・・・。
遭難救助要請をしようかと思った程です。
でも・・・昨日までそういえば、健康保険が手元になく、それを考えたら面倒で要請を出せず、少しづつ下山。
登り7時間。午前10時半山頂着。
下りなぜか・・・8時間(・∀・)。午後6時半下山。
身の程知らずでした。
日頃の冷房異存が効きました。
お恥ずかしい限りです。
えっへ・・・。

コメントを投稿

お山」カテゴリの最新記事