村上文緒はアマデウス先生の嫁(仮)

いい風が吹いていますよ~ 村上文緒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月7日(日)のつぶやき

2014-09-08 05:55:08 | 日記

鏡を二枚、平行に並べたとする。鏡の間の距離をLとすると、光が鏡の間を往復するのに時間T=2L/cだけかかる。これが制止している光時計の自然な周期だ。この時計が一回「チクタク」というのにかかる時間が2L/cなのである。だが、ここで私が「時計」を速さvで右に動き出させるとする。


@ryosuke_the_3rd @bot_fumio 一国の大芸術家を「オバチャンの髪型」とコマーシャルするソフトバンクは礼儀がなってないニャ!。さすが在日企業ニャ!

1 件 リツイートされました

往復するの光の道筋が三角形を形づくるのが見て取れる。Sで制止している観測者がはかった、動いている時計の周期をT'と呼んだ。T'がどれだけの時間であるかはまだわからないが、この時間T'の間に時計はvT'だけ右に動く。これで、三角形の底辺に割り当てられている長さの説明がつく。


三角形の高さに長さLを割り当てるとき、光時計の運動がいずれかの三角形の辺の長さに影響を及ぼすとしたら、運動の方向にのみそのような影響を及ぼすという前提を置いている。 pic.twitter.com/YGhhknp9lC


運動と直角をなす長さは影響を受けない。これは理にかなっているように思えるが、これは関連する公式を導き出して実験で検証してはじめて検証できる。長さvT/2の辺と長さLの辺をもつ三角形の斜辺には長さcT/2が割り当てられている。


ここでは、光の速度cの値がすべての観測者にとって等しいという高速度不変の原理を用いている。ここでピュタゴラスの定理を次のように用いて、これらの量を関連づけることができる。
c?T'?/4=L?+v?T'?/4
この式をT'について解けば


@ryosuke_the_3rd @bot_fumio あれはソフトバンクという在日企業が単体で行ったことニャ!オーストリアのみなさんは日本人が異国の偉人をオモチャにする無礼な民族とは誤解しないで欲しいニャ!


T'=2(L/C)×1/√1-v?/c?=T/√1-v?/c?
T=2L/c。ここで因子1√(1-v/c)?)を少し検討するのが役に立つ。v/cに二分の一や10分の9といった数値をいくつか入れ、その平方根で1を割れば、結果はいつも1より大きい。


言い換えればT'はきつもTより大きい。速さvがcに近づくとTとT'の差はますます大きくなる。これは、物理学者が「時間の伸び」と呼ぶものだ。動いている時計は、制止している時計より時の刻みが遅い。こういう意味で時間は速度の関数なのだ。


これは奇怪な概念なので、よくある誤解を解いておくことが大切だ。まずS'は、動いている系や観測者と考えなくてもいい。S'にいる観測者には、自分は静止しており、観測者Sは後ろ向きに進んでいると主張する権利が文句なしにある。そしてS'の観測者は先の三角形で同じ議論をし、


Sの時計が時の時の刻み方が遅いという結論を下せる。相対性理論の常で、相対的な運動だけが重要なのだ。私に対して動いている時計は遅れ、あなたに対して動いている時計も遅れる。それがアインシュタインの予測することだ。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 9月6日(土)のつぶやき | トップ | 9月9日(火)のつぶやき »

日記」カテゴリの最新記事