好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

うるさくっていやだった話

2018-12-13 22:03:22 | ひとりごと。
夕方、空いてる時間ができたので、駅前のマッサージルームへ行きました
60分で3150円☆ このところ足腰がだるくて、2か月ぶりに行ったのですが
・・・カーテンで仕切られてるベッドが8台あるのかな
私は左側の、入って2つ目のところ。まずはうつぶせになって、腰のあたりから・・・
担当は、いつもの女性の方。力加減がちょうどいいし、はぁ~~ほぐれるわ~(*^-^*)
などと思っていたところ

やけに話し声の大きい男性のお客様が隣の施術台に!
カーテンで仕切られているとはいえ、他全部あいてるのに なんで隣でやるの

話し声も、最初だけかなと思ったら、もうずーーーーーーーーーーっと話してるの!!
大きい声で!お年寄りっぽい・・・
「・・・だからね!そこで、言ってやったの!それはちがうでしょー、って。」
「2万もすっちゃってさ。2万だよ、年金生活者にはつらいよなー!」
「・・・だから、そこでオレ言ったの。それはちがうでしょう、って言ってやったの。」
「だってさ、2万よ、2万。それでこの前もさ。別の雀荘でさ・・・」

と、同じような話を行ったり来たり、何度も繰り返して話してて、
こっちはうんざりよ
聞きたくなくても聞こえてきちゃうんだから。

そのおじいさんを担当してるのは若い男性の方みたいで、「はぁ」とか「そうなんですか」とか、
適当に相槌を打ってるんだけど、まあ無視するわけにもいかないだろうし
相手するのも大変だろうな、とは思うけど
もう、延々と大きい声で話してるのよ、リラックスなんかできやしない。
マージャンとかかけ事の話みたいで、あとは元勤めてたところの愚痴やらなにやら

こんなのガマンしてなきゃいけない理由もないので

受付で電話が鳴り 私の担当の方が「すみません、ちょっと失礼します」と電話の対応に行き、
すぐ戻ってきたのですが
その時に「あの、場所変えてください。」と荷物と上着をもって立ち上がっていたの
「・・・おとなり、ちょっとうるさいので。」とはっきり言いました

そしたらすぐ「あ、すみません。申し訳ありません。奥へどうぞ」と一番奥の場所へお引越し☆
よかった! お店の方もわかってたみたいで、施術が全部終わって
お白湯のサービスが出るのですが
飲んでいたら 本当にすみません、とキティちゃんグッズをあれこれ持って来てくれました
いえ別にそういうものは・・・ と言いつつ、卓上カレンダーが可愛かったので一つもらいました。

こういうことって、
お店の方が悪いんじゃなくて 
利用者の問題です

あのおじいさん、ちょっと認知症とか入ってるのかな・・・
一人暮らしで、こういうところででも「誰かと話したい」と思ってしまうのでしょうか

お店の人から「お客様、ちょっとお静かに」とは言えないよね、やっぱり・・・
「なんだよ、話しちゃいけないのかよ!」なんて、逆にからまれたりしそうだし
お店の人も大変だ・・・いろんな人がいるし・・・


でもちょっと思ったのが、そのお爺さんよく来るみたいな感じだったの。
「今日、~さんいないの?」なんて言ってたし。
そしたら、「よくしゃべる人」「声が大きくてうるさい」という情報はわかってたんじゃないかと思う
だったら、一番奥の場所でやってくれたらいいのに、と思いました。

何も、すでにお客さんが入っているすぐ隣でやらなくても・・・・

今度から、自分でも気を付けよう。しゃべってる人の隣はちょっと・・・遠慮させてもらいます。


電車の中、フィットネスクラブのロッカー、お風呂の中、街中の喫茶店、もうどこにでもいる
声の大きいお年寄り
いろんな事情があると思いますが

触らぬ神にたたりなし 
なるべく近づかないように 距離を置くこと それに限ると思います。


だるさは取れたんだけど うるさくっていやだった。

そんな話。

本日は以上☆


(@^^)/~~~ 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 全駅キラキラ?山手線☆ | トップ | 理想と現実のはざまで☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと。」カテゴリの最新記事