すぴか逍遥

音楽・美術・読書・写真 など
さまよい歩いて書き留めたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近代美術館 常設展 2

2012-07-23 20:44:28 | 美術
東京国立近代美術館 常設展 2 です。

平成24年度第1回所蔵作品展「近代日本の美術」+リニューアル、カウントダウン!
   期日は、7月29日(日) までです。

まずは4階 1-1 「明治・大正の美術」 文展開設前後 から

       
       川合玉堂 《小松内府図》 1899年(明治32)    
      あまり見たことない絵から、写してみました。

   
  小林古径 《加賀鳶》 1910年(明治43) 

           
        横山大観 《観音》 1912年頃(明治45)


      
アンリ・ルソー 《第22回アンデバンダン展に参加するよう芸術家達を導く自由の女神》
1905-06年


  
  和田三造 《南風》 1907年(明治40)


 1-2 明治・大正期の美術 大正のヒューマニズム

            
          鏑木清方 《晩凉》 1920年(大正9)

        
        萬鉄五郎 《裸体美人》 1912年(明治45)


3階 2-2 昭和戦前期の美術 日本画・洋画の成熟 

 
 鏑木清方 《明治風俗十二ヵ月》 1935(昭和10)

十二ヵ月全部並んでいて素敵でした。中の4枚だけ、右から四月、五月、六月、七月です。


  
  加山又造 《悲しき鹿》 1954年(昭和29)

         
        徳岡神泉《仔鹿》 1961年(昭和36)


3. 戦時と「戦後」の美術

    
       国吉康雄 《二つの世界》 1939年(昭和14)

         
      国吉康雄 《誰かが私のポスターを破った》 1943年(昭和18)

          
            山口薫 《母子》 1951年(昭和26) 



「美術にぶるっ!ベストセレクション日本近代美術の100年」
2012年10月16日(火)から2013年1月14日(月・祝)まで
 
これがそのチラシです。

改装中でも8月にはいろんな催しがあるようです。(こちら)      
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 近代美術館 常設展 1.戦争画 | トップ | ユリ 万葉集(花その他の和... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oki)
2012-07-27 22:16:04
ご無沙汰しています。しかし暑いですね。
今日はちょうど帰りの時間、中央線が人身事故で止まっていると言う報がー。
国吉、近代美術館での回顧展思い出しますね。
須田がないと思ったら、全国巡回中でしたね。
常設展で入れる写真展はいかがでした?
僕は良くわからなかったです。リニューアルするとギャラリー4無くなるんですかね?
Unknown (すぴか)
2012-07-28 00:36:39
okiさん
こんばんは。ちょっと横になってたら3時間も寝てしまいました。暑いですね。でも今日はブリヂストンへ行って来ました。「ドビュッシー、音楽と美術」素敵な展覧会だったけど、もう一つドビュッシーのことよくわかりません。音楽も流れていないし(ほんの少しはあったかしら)、ドニがあんなに素晴しいとは収穫でしたけど。中央線止まったのですか、早く帰ってよかった。
近美は常設展だけ観に行ったのに、途中疲れて写真展は入りませんでした。やっと今日あたりは暑さにも慣れて、普通に動けました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事