ボージョレ、ガラス瓶をルール化へ=ペットボトルに反発―生産者団体

2010-12-06 12:33:49 | 日記
 手ごろな価格で需要が伸びているフランス産新酒ワイン、ボージョレ・ヌーボーのペットボトル入り商品が、来年から姿を消す可能性が出てきた。ボージョレの生産者らで構成するボージョレワイン委員会のグザビエ・バルベ共同会長が18日に都内で記者会見し、ガラス瓶詰めであることを「ボージョレ」を名乗るための条件とする方針を明らかにした。
 委員会は、ペットボトルについて、品質保持やボージョレのイメージの点で問題があると主張している。同国の認証管理機関の審査を通れば、来年中にも導入されることになりそうだ。
 一方、日本ではイオンなど小売り大手を中心に、輸送コストを抑えられるペットボトルの取り扱いを拡大している。委員会の主張が認められると、こうした商品は「ボージョレ」の名前では販売できなくなり、消費者や販売店などの間で論議を呼ぶ可能性もある。 

【関連記事】
【offtime】関西発 レトロな薫りのワイナリー
【Off Time】山梨・甲州市でワインツーリズム体験
【Off Time】香港の旅
〔写真特集〕手に汗握る 世紀のオークション
メルシャン輸入「神の雫」が最高賞=仏ボージョレ・ヌーボー品評会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 業務停止で初の地裁申し立て... | トップ | EVでも低価格追求=プリウス... »

日記」カテゴリの最新記事