SUPER-X.COM

辛口コメンテーターになりた~いっ!

クラッシュ

2006年03月07日 | super_x的シネマ評



こんばんわ、super_xです。


え~、今年のアカデミー最優秀作品。
「クラッシュ」をsuper_x的に語ってみよう。
どんな都市でも、歩くと…
偶然、知り合いに会うんだ。
だが、L.Aでは会わない。
俺たちは、金属とガラスの中さ。
見逃しているんだよ。
互いにクラッシュして感じるんだ。

のなが~い、台詞から始まるこの映画。
さまざまな人種が、蠢く移民の国アメリカ。
そこには、日本人では考えられないような葛藤もあるのだろう。
人間の衝突(クラッシュ)を、車のクラッシュと同じ感覚で描いている。
イラク人系捜査官グレアムと女性プエルトリカン捜査官マリアの運転する車が、追突される。
台詞は、そのショックから醒めたイラク人系捜査官がつぶやく台詞だ。
やがて、マリアは現場情況を確認しようと車外に出ると…
「なぜ、私が?悪いのはあの女よ」とわめき散らす女、キム・リー。
映画の冒頭で名前なんかでてくる事のない、どうでもいい役なのだが…
後半、あぁ、そうなのかということが解るので…
あえて名前だけ…
まぁ、互いにヒステリックになった女の喧嘩は見苦しいのだが…
どうやら、ブレーキランプを見逃した事が追突の原因…
捜査官に、見逃したのでしょうと正論を言われると…
「不正入国でしょう?あんた」
と、返す始末。
察しのいい、皆さんならなぜ、名前をだしたのかよ~く、お分かりでしょう。
「調書に、アジア人が殴られたと書いて!」
おぉ~、殴るつもりですよ。
そんな事を尻目に、グレアムは、現場を調べると…
スニーカーの片方だけを見つける、その先には…
って、全部書いたらネタバラシになっちゃうから・・・ここでは、あんまりかけないんだけど・・・(きっこ風)
登場人物だけ、ザ~と紹介すると…
黒人捜査官のグレアムに、その相棒のかおるちゃん…じゃなくて、プエルトリカンの女性捜査官マリア。
アラブ系の英語ができない父親(ファルハード)を持つ一家。
黒人の、貧しい若いチンピラと、ドリーのコンビ。
潔癖症の妻とその旦那の白人エリート地方検事。
貧しいながらも、鍵屋として真面目に働く若い黒人一家。
父親の病気が気になる差別主義者の白人警官ライアン(あっ、これが、マット・デュロンね。)、その差別主義を嫌悪する白人警官トミー。
テレビの番組デレクターのエリート黒人のキャメロン夫婦。
黒人の太った女性保健士。
謎の中国人ジン・ケイ。彼は、実は大変なことを…
韓国系の女、キム・リー。
と、大まかなトコは、こんな感じ。
これらの人種がクラッシュしながら、腹の中にある葛藤や苛立ちを主張し合うようなストーリーになっている。
最近よくある、白人警官の黒人に対しての暴力。
昨日のエントリーで書いたように、人種間の差別問題…
未だに残る白人の、黒人に対する差別主義…
また、逆も然り…
アメリカにいるアラブ人の偏見の目。
安易に、犯罪に走る若い黒人チンピラ。
銃社会に対するアンチテーゼ。
いろんな思いがうまく混ざり合い融合し、アメリカの社会を表現している。
さびしい事に、そこに日本人は絡まないかというと…
実は、日系人も出てくる。
だが…華にも毒にもならない、あたり触らない役で、ちょっとしか出てこない。
真面目な保険屋でマニュアルに沿った行動しかできない役なのだが、よく見ているなと感心する。
アメリカでの日系人の立場は、こういう事のようだ。
これらの絡みを全部書いちゃうと、ネタバラシになって、まだ見てない方からは、お叱りを受けるので、こんなところかな。

監督のポール・ハギスの経歴は…
70年代からテレビ・シリーズを中心に手掛けて、「炎のテキサス・レンジャー」、「L.A. LAW/7人の弁護士」などの企画や脚本、製作を務めている。
劇場長編映画の脚本家デビューとなった昨年の最優秀作品「ミリオンダラー・ベイビー」で、アカデミー脚色賞にノミネートされる。
「クラッシュ」は監督第一作目。
今後は、クリント・イーストウッドと「父親たちの星条旗」で再び監督・脚本コンビを組み、新たな監督次回作も準備中でとの事です。
ポール・ハギス参照。
夕刊フジには、マット・デュロンが主演という風に書いていたが…
実際、アカデミー賞では、助演男優賞に、今回、初めてのノミネートされているのだから、この作品には主役はいないのだ。
主義主張が違うのは当たり前だが…
クラッシュする事で、何かを感じ、変わっていこうというのがテーマな気がする。

エンディングだけ、ちょっとバラしちゃうと…
L.Aに、雪が降る。
だが、日常は、変わらないというちょっとセンチメンタルのような仕上がりになっている。
ERファンの方には、作り方がよく似ていますから、素直に受け入れられる作品となっています。
って、監督の出がテレビ屋だからからかな。
どははは…
って、笑っちゃ、いけないのですけど…
実はこの作品、2004年に亡くなったアニタ・W.エディソン氏へのレクイエム作品という事のようです…
う~ん、最後のシーンが、しんみりとしながらも、ほんわかに感じたのはそんな事もあるからかと思うところで、また次回です。
では、次回まで…
みなさん、さいなら。さいなら。さいなら。by故淀川長治。

ER緊急救命室9<ナイン>DVDコレクターズセット SD-51ER緊急救命室9<ナイン>DVDコレクターズセット SD-51
ER緊急救命室(10)<テン>コレクターズセット(初回生産分のみ限定仕様) SD-88ER緊急救命室(10)<テン>コレクターズセット(初回生産分のみ限定仕様) SD-88

最後まで読んでくれてありがとうございます。
banner_02.gif
よければ、1クリックお願いします。

ブログランキングくつろぐ

ほっとけない 世界のまずしさ

あくまで飾りです。300円出すなら、セブンスターを買います。
banner_02.gif

最新の画像もっと見る

コメントを投稿