レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vol.1938 初夏の花々をちょっと撮影してきました。   (Photo No.13443)

2016年05月28日 11時31分16秒 | 風景
日南ではもう早咲きのヒマワリが咲いていました。ヒマワリと言え
ば、やはり真夏の代表的な花ですから、暑い8月に咲く花というイメ
ージが強いですよね。みなさんの中にも、夏の花と言えばやはりこの
ヒマワリを思い出す人も多い事でしょう。ところで、皆さんが思って
いる夏のイメージの光景ってどんな光景でしょうね?。私が思い描く
「夏のイメージ」というのは、青い空にモクモクと湧き上がる入道雲、
庭にはヒマワリが咲いていて、蝉取りが終わったばかりの子供たちが、
縁側で冷えたスイカに塩をかけて楽しそうに食べている、そんなイメ
ージを思い浮かべるんです。そして、私は当然ながら、そんな楽しそ
うな表情をしている子ども達の写真を撮ってあげる訳ですが、子ども達の
表情は、ちょうど乳歯が抜けて大人の歯に変わる、まさに前歯のない笑い
顔なんです。もう最高に笑える夏の思い出の写真になる事、間違いなし
ですよね。

【撮影日】2016/05/24 09:41:46.89
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:116mm f/5 1/1000秒

今日の日南はせっかくの週末にもかかわらず、朝から強い雨が降って
います。おとといも昨日も気温が高くなって、ずっとジメジメとして
いたので、今日くらいはカラッと晴れてほしかったのですが、残念な
がら、このジメジメ感はしばらく続きそうです。

そろそろ新1年生なった子供を持ったご両親が、初めての参観日に行く
時期でしょうかね。もう終わった所も多いかも知れませんが、昔、初め
ての参観日に行ったお父さんがとても恥ずかしい思いをしたというお話
をしたいと思います。

先生 「はーい、みなさん、今日は初めての参観日ですね。みなさんの
    お父さん、お母さんが、後ろにたくさん来ていて、皆さんがお
    勉強している所を見てくれていますよ。大きな声で元気よく
    発表しましょうね。」
生徒達「はーい!!!。」
先生 「それでは、今日は数の数え方をお勉強しましょうね。まずは
    みなさんが持っている本ですが、これは1冊、2冊、と数えます。
    それじゃ、鳥の数え方は何ですか?。わかる人?」
生徒A「はーい、1羽、2羽でーす。」
先生 「Aちゃん、よく知ってましたね。それじゃ次は、エンピツは
    何と数えますか?。わかる人?」
生徒B「はーい、1本、2本と数えます。」
先生 「そうですね。B君、よくできました。それじゃ次はちょっと
    難しいですよ。さて、お馬さんは何て数えるでしょうか。」
我が息子(達也)「はーい。先生、僕知ってるよ。1着、2着、3着でーす。」
先生 「・・・!。」でもちょっと間をおいて。
先生 「達也君のお父さんは、もしかしたら競馬が大好きなのかな???」
我が息子(達也)「うん、日曜日はね、いつもテレビに向って行け、行け、
        って叫んでるよ。」
先生も子供たちも父母も、そして達也自信も教室中が大爆笑の渦となりました。
「素直でいい子になるよ、この子はきっと。トホホ!。」と達也君のお父さん
から溜息が出たとか!。

明日は日本ダービーですね。3歳馬日本一の栄光を勝ち取るのはどの馬でしょうね。


さて今日のお薦めの焼酎は京屋酒造の「かね京かんろ」という焼酎です。
日南の芋焼酎です。地元で飲まれる芋焼酎は、そのほとんどが
20度です。私は物心ついてずっと25度の焼酎を飲んで来たので
日南に戻ってきて20度の芋焼酎に慣れてしまうと、やはり飲み
やすいのもあって1回に飲む量が増えたような気がします。それ
はさておき、この「かんろ」は、同じ日南の松の露や飫肥杉と
比べると、さらにアッサリとして飲みやすいので、ついつい飲
み過ぎてしまいます。いつも二日酔いになります。

今日のお薦めの曲は尾崎豊の「I Love You」です。いい歌です
よね。欧米人は、歳に関係なく「I Love You」って、サラッと
言っている気がしますが、日本人は恋愛に関しては内気という
か恥ずかしがりやが多いので、なかなか「愛してる」なんて
言葉を口にしませんよね。でも、自分にとって一番大切な人から
「愛してる」って言われたら、きっと天にも昇るくらい嬉しい
はずです。皆さん、ときどき使ってみましょうね。
コメント

日南ではアジサイが一斉に咲き始めました。 (Photo No.13442)

2016年05月28日 11時28分53秒 | 風景
日南でみかけるアジサイの色は圧倒的に青色のアジサイが多い
ですね。私がサイクリングしている時に見かける花のおそらく
7割は青色のアジサイだと思います。青色のアジサイが多いとい
う事は土壌が酸性という事になりますね。アジサイの根元に
苦土石灰をまいて、土壌をアルカリ性に変えてあげれば、赤色の
アジサイが咲きますから、青色に飽きた方は土の成分を変えて
あげましょう。

【撮影日】2016/05/24 09:38:56.41
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:200mm f/5 1/1000秒
コメント

クチナシの白い花 (Photo No.13441)

2016年05月28日 11時27分48秒 | 風景
このクチナシの花、ちょっと変わっているでしょう。まるで花の
中心部に、可愛いタコが張り付いているみたいですよね。ちょっと
笑えますよね。それにしてもクチナシの花は、実にいい香りがしま
すよね。まさに石鹸の香りですよね。

【撮影日】2016/05/24 09:31:03.20
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:200mm f/5 1/320秒
コメント

グラジオラスも咲き始めましたね。 (Photo No.13440)

2016年05月28日 11時25分06秒 | 風景
日南市の飫肥では、地域一斉に同じ花が開花します。このグラジオラス
をはじめ、花菖蒲、アマリリス等。もちろん街全体が狭いという事で
気候変動の影響がないという事もありますが、それだけではなくて
おそらく、花の遺伝(ルーツ)が同じだからだと思っています。
つまり各家庭の庭や畑や堤防などに咲く花々は、元がおなじ花の
種から生まれて育ってきているのでしょう。色、形、背丈などが全く
同じなんですよ。これも飫肥の町を自転車で見て回っているから気づ
いた事かもしれません。

【撮影日】2016/05/24 09:46:26.76
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:160mm f/6.3 1/320秒
コメント

ここでは、気の早いコスモスがもう咲いていましたよ。 (Photo No.13439)

2016年05月28日 11時24分21秒 | 風景
本数的には100本くらいと少なかったのですが、きっと種まきを
早くしたので、5月に開花してしまったのでしょう。実は私はこの
コスモスを見て、小説のタイトル「5月のコスモス」を思いついた
のです。早速、構想を練ってみました。私自身2作目となる小説
です。(1作目がまだ完成していませんが・・・。)さて、どんなスト
ーリーを思いついたのでしょう。内緒!、内緒!(笑)。


【撮影日】2016/05/24 09:45:29.25
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:145mm f/6.3 1/500秒
コメント

道路標識の上でイソヒヨドリのオスが鳴いています。 (Photo No.13438)

2016年05月28日 11時23分23秒 | 
イソヒヨドリは、飫肥の街の川の側でもよく見かけますが、きっと
皆さんは、このイソヒヨドリの鳴き声を聞いたことがない人がほと
んどでしょうね。ツグミの仲間のイソヒヨドリですが、見かけより
はとても、とても澄み切った鳴き声で鳴くんですよ。心地よい
さえずりです。(聞きたい人はココをクリック

【撮影日】2016/05/24 10:10:36.15
Nikon D810 レンズ:VR 70-200mm f/2.8G
焦点距離:200mm f/3.5 1/4000秒
コメント

日南ではコゲラをよく見かけます。 (Photo No.13437)

2016年05月28日 11時22分52秒 | 
このコゲラは、キツツキの仲間で、木の中にいる虫などを食べます。
スズメ位の大きさでしょうかね。とても可愛くて、背中の白黒の模様
が可愛いでしょう。ところで、ここ数日は私の家の前の川の向うから
本物のキツツキのドラミングが長時間に渡って聞こえてきます。きっ
と巣作りの季節になったのでしょうね。カワセミ、ヤマセミ、フクロウ
、アオバズク、そしてアカショウビンにキツツキ、日南は本当に野鳥
の声で賑やかです。

【撮影日】2016/05/12 14:40:02.00
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/800秒
コメント

Vol.1937 風田にある駒宮神社  (Photo No.13436)

2016年05月23日 23時02分05秒 | 風景
油津の風田の砂浜の海岸線を楽しんだあと、友人が働いている日南
シルバー人材センターに顔を出して、友人を冷やかしてこようと思い
自転車でこのあたりをウロウロしていましたが、目的の人材センター
は見つからずに、写真の駒宮神社という所の鳥居の前に到着しました。
意外と立派な神社のようです。ちょっとお参りする事にしました。
そうすると、この駒宮神社は宮崎の民謡にもなっている「シャンシャン馬」
の発祥の地だったという事がわかりました。ちょっとビックリです。
こんな出会いも面白いですよね。シャンシャン馬は知っていても、その
云われや歴史については、全く知らなかった訳ですから、勉強する良い
機会になりましたよ。

【撮影日】2016/05/11 12:42:39.95
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/8 1/320秒

今日も日南は五月晴れの良い天気でした。これで5日連続の良い天気が
続いています。最近では、こんなに良い天気が続くなんて珍しい事です。
でも明日からは、いよいよ南九州も梅雨入りするかも知れない天気予報
で、この先1週間くらいはずっと雨が降る予報になっています。それでも
ずっと毎日が雨ではなく、曇りのち雨とか、曇り時々雨とか、そんな
状態が続く天気予報でした。たまに晴れ間が出てくれればいいのですけ
どね。日南ではアジサイがかなり花を咲かせてきましたよ。花菖蒲も
同じようにあちこちで花を咲かせています。ここしばらくは花を撮影
していなかったので、今週はもしお日様が顔を出したら、花の撮影に
行ってこようと思います。

さて、アカショウビンの話題になりますが、なかなかR先輩や私が狙って
いる枝(アカショウビンがとまってくれそうな枝に、カメラの焦点を合わ
せて、じっと何時間も待っているのです。)には、なかなかやって来て
くれません。R先輩いわく「もしかしたら、アカショウビンは我々の行動
をどこからか見ていて、それでわざと来んちゃねーと!。」と流暢な日南
弁で、不安げに言われます。私は「まさか、そんな事はないと思います
けどね。」と言いながらも、賢いアカショウビンは敏感に、我々の行動を
察知しているのかもしれないと、やはりちょっと不安になります。
昨日も夕方近くまでネバリましたが「声はすれど姿は見えず。」状態で
した。その後、小松山の撮影ポイントを撤収して、とりあえず別のポイ
ントにむかいました。こうして、我々は、日南市内のアカショウビンの
出現ポイントをいろいろと回ってはいるのですが、敵も去るもの、一筋縄
ではいかないのです。まあ、簡単にアカショウビンの写真が撮れるようだ
ったら、あまり価値はないのですから、当然と言えば当然なのですが。

ところで、吉野方に大根川という酒谷川の支流となっている小さな川があ
るのですが、なぜこの川が大根川(だいこんがわ)と云われるようになった
のか、R先輩が面白い昔話を聞かせてくれましたので、ご紹介しますね。
私もこの話をいろいろと調べてみたら、実際に日南の昔話として残って
いたので、そのままご紹介します。

【昔、昔、旅の途中の弘法大師がお腹を空かせていると、川で女の人が
 大根を洗っていました。とてもみずみずしく、おいしそうな大根です。
 大師はていねいに頭を下げると、女の人にお願いしました。
「すみません。長旅で、腹を空かせております。どうかその大根を、一本
 めぐんで頂けないでしょうか?」すると女の人は、みすぼらしい大師を
 見て鼻で笑うと、「はん。こじき坊主が」と、わざと洗っていない、
 土のついた小さな大根を大師に投げ渡したのです。 弘法大師が、何も
 言えずとまどっていると、女の人はさらに冷たく言いました。
 「その大根は 土がついたまま食べるんだよ。いらないのなら、さっ
 さと消えな」
 弘法大師は無言で頭を下げると、その大根を拾わずに、そのままどこか
 へ行ってしまいました。 「あはははは。こじき坊主にも、少しは意地
 があるんだね」その後姿にアカンベーをした女の人は、再び大根を洗お
 うと川の方を向いたのですが、不思議な事にさっきまで流れていた川の
 水が一滴もなかったのです。
 「そんな、どうして?」びっくりした女の人が、ふと足下を見てみると
 足下に一枚の紙切れが落ちていました。拾い上げてみると、そこには
 こう書かれてありました。

《土のついた大根をそのまま食べるのなら、洗う水はいらぬだろう。空海》

 それ以来、この川の水は大根がとれる頃になると干上がったので、人々は
 この川を『大根川』と呼ぶようになったそうです。】

面白い話でしょう。空海とは弘法大師の名前ですが、この昔話は、まさに
R先輩から聞いた話そのままでした。
人は助け合って生きています。それなのにこの大根を洗っていた女性は、
弘法大師の事を外見で判断して、見下げてしまったようです。本来ならば
「自分も生きるのに精一杯だけど、このお坊さんは私よりももっと苦しく
頑張って生きている。だから一番美味しそうな大根をあげましょう。」と
思ってあげてもいいのですが、なぜか優しい心が消えてしまったようです。
外見からだけで人を信じるって難しい事なのかも知れませんが、いつも優
しい思いやりを持った心で人と接したいものです。

今日のお薦めの焼酎は井上酒造の「飫肥杉」という焼酎です。宮崎の
芋焼酎です。この焼酎も私の地元のレギュラー焼酎ですね。松の露と
比較すると、ちょっとスッキリしていてとても飲みやすい焼酎になって
います。地元でも、松の露派、飫肥杉派、京屋かんろ派と、みんな
自分の好みで、晩酌の焼酎は、それぞれとなっているようです。ぜひ
一度、日南市の焼酎を飲み比べてみて下さいね。

今日のお薦めの曲は高橋由美子の「友達でいいから」です。懐かしい
ですよね。この曲に思い出がある人も多いのかもしれません。
コメント

面白いたて看板を発見です。 (Photo No.13435)

2016年05月23日 23時00分22秒 | 風景
看板には「一年安泰」という言葉をもじって「一年安鯛」となって
いますね。きっと日南の海でとれる鯛とかけているのだと思います
が、ついつい私もこの「安鯛」が気に入って、まんまと300円も出し
て、おみくじを引いてみました。結果は「末吉」でした。何とも微妙
な結果に「まっ、良いか!」とついポツリと独り言。おみくじは自己
満足の世界ですからね。悪くなければ良いのです。ハイ!。

【撮影日】2016/05/11 12:45:02.42
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/8 1/640秒
コメント

立派な神様?と馬の記念碑がありましたよ。 (Photo No.13434)

2016年05月23日 22時59分50秒 | 風景
左の方はどうやら神様ではなく神武天皇のようです。右の馬が立派
でしょう。神武天皇の愛馬「龍石号」という馬の記念碑のようです。
これがシャンシャン馬の発祥の記念碑のようでした。

【撮影日】2016/05/11 12:45:28.61
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/8 1/160秒
コメント

神武天皇の愛馬「龍石号」の記念碑の説明書き (Photo No.13433)

2016年05月23日 22時58分18秒 | 風景
ここの駒宮神社から、数キロ北方にある「立石」の地名は「龍石」の
名が由来であるようです。そのことから立石は牧場となったのですが
これは日本最古の牧場であると言われているんですよ。江戸時代にな
ると「立石の牧」には牧奉行が置かれ、馬追の際に必ず駒宮神社に参る
風習が生まれたそうです。その際に近郷の農耕馬が馬鈴をつけて着飾り
馬踊りの奉納や馬の競り売りなどで賑わったのだそうで、それが民謡に
もなっている「シャンシャン馬」の姿の原形であるらしいのです。
まさに「へー、勉強になりますね。」ですよね。

【撮影日】2016/05/11 12:45:46.55
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:52mm f/4.5 1/125秒
コメント

なぜかこの神社は愛知県の方の寄付が多いようです。 (Photo No.13432)

2016年05月23日 22時57分48秒 | 風景
この鳥居や神殿も、愛知県の方の寄付で建てられたものでした。日南と
愛知、一体どんなつながりがあるのでしょうね。気になりますよね。

【撮影日】2016/05/11 12:47:40.79
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/6.3 1/400秒
コメント

ここにも白い馬がいましたよ。 (Photo No.13431)

2016年05月23日 22時57分21秒 | 風景
写真の白馬は、仔馬のように小さな馬でした。神武天皇の愛馬「龍石号」
は白馬だったんですね。現代でも「白馬に乗った王子様が私を迎えに来て
くれるかも!!。」と期待を寄せている結婚願望のある女性は多いと思い
ますが、でも実際に目の前に、そんな王子が現われたら、みんな戸惑うと
思いますよ。しかも美男子ならいいのですが、そうじゃなかったら・・・。
まあ、妥協も必要かも(笑)。

【撮影日】2016/05/11 12:51:22.67
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/6.3 1/160秒
コメント

センダンの木に可愛らしい花がたくさん咲いています。 (Photo No.13430)

2016年05月23日 22時55分55秒 | 花、植物
日南市は市内のあちこちで、センダンの木を見かけるのですが、こうして
花を咲かせている木と、そうでない木が混在しています。それにしても
こうして房状に咲く可愛らしいピンクの花は、まるで藤の花のようにも
似ていて、とても上品な感じがしますよね。

【撮影日】2016/05/11 16:15:52.91
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:110mm f/5.6 1/500秒
コメント

デジブック 『旧3年6組同窓会in日南』

2016年05月23日 22時53分00秒 | 風景
5月4日に吾田のみなと屋さんで旧3年6組の同窓会が
行われました。7組だった私も特別に参加してきました。
久しぶりの旧友達との再会に、2次会、3次会と夜遅く
まで盛り上がりました。

デジブックが見られないスマホの方はここをクリック

コメント