レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

Vol.2055 サクラソウに囲まれたハーブの仲間のカモミール   (Photo No.14309)

2018年04月22日 20時33分08秒 | 風景
カモミールの特徴は、白い花びらがやや下向きに広がっていく事でしょうかね。植物は
普通太陽に向かって上向きに花を広げたり、あるいはホタルブクロ見たいに水滴が溜ま
らないように花全体を下向きに咲かせたりいろんな特徴を持っているものですが、花び
らだけがした向きに広がるのは、もしかしたらこのカモミールの仲間だけかも知れませ
ん。独特の花の形をしているカモミールです。ハーブファンの方はこのカモミールを使
ってカモミールティーを手作りされる方も多いようです。花を摘んで、1週間くらい乾燥
させればいいようですよ。美味しいハーブティは心も体も癒されますよね。

【撮影日】2018/04/20 11:53:42.24
Nikon D300 レンズ:60mm f/2.8G
焦点距離:60mm f/10 1/1000秒

今日の日南は午前中はいい天気だったのですが、午後からは雲が広がってきました。明日
からどうやら天気は下り坂のようです。今日は朝からずっと女子プロゴルフのテレビ中継
を見ていました。宮崎出身の選手が優勝争いに加わっていたのでずっと応援していたので
す。BS放送と地上波放送で1番ホールから最終18番ホールまで、連続でテレビ中継してくれ
たので、本当に各ホールの選手のスコアに一喜一憂していましたね。熱戦は同スコアの2名
によるプレーオフとなりました。宮崎出身の選手もプレーオフに残りました。その対戦相手
が私の大好きな選手だったので「どっちも頑張れー!。」と両方の選手を応援していました
よ。テレビ中継の解説者も「両選手ともとても人気がある選手ですから、両方とも頑張って
ほしいですね。」と言っていましたね。これにはちょっと苦笑いです。どんなプロスポーツ
の世界にもヒーロー的な人物と、いわゆる悪役(ヒール)的な存在の選手がいるものですが
この二人は、まさにヒーロー(女性だからヒロインですね。)的なプレースタイルであり
外見的にも内面的にも、素晴らしい選手なので、ファンが多い二人だったのです。結果的に
は宮崎出身の選手が初優勝を飾ってくれたのですが、優勝が決まった時に、試合中ずっと
付き添っていた選手のお母さんの感動している表情がテレビ画面に映しだされて、私もちょ
っと感動してしまって目頭が熱くなってしまいました。いい親孝行ができて本当に良かった
ですね。

今日のお薦めの曲は井上陽水の「いっそセレナーデ」です。いい歌ですよね。歌詞の中の
♪甘い口づけ 遠い想い出♪とありますが、これはもしかしたらファーストキッスの事を
言っているのかも知れませんね。皆さんは自分のファーストキッスをしっかりと覚えてい
ますか?。小学校の時、中学生の時、高校生の時、大学生の時、きっとそれぞれに、いろ
んなファーストキッスの想い出があるのでしょうね。巷では「ファーストキッスの相手と
は結婚できない」なんて言う人がいますが、もしかしたらそのファーストキッスの人と、
めでたくゴールインできた人もいるはずですよね。幸せな方だと思います。私のファース
トキッスの相手は同級生の女の子でした。あまり詳しくは言えないので、ご想像におまか
せしますが(笑)、その時の味は、確かに何となく甘かったかも知れません。ああ、出来る
ものならあの日に戻ってみたいものです。
コメント

堤防の土手にはマツバウンランがたくさん咲いています。 (Photo No.14308)

2018年04月22日 20時32分32秒 | 風景
スーッと伸びた細い茎に、青い小さな花がたくさん付いています。こんな姿を見ると、秋に
咲く萩の仲間で花の色が赤いのミソハギなんかを思い出しますよね。マツバウンランは漢字
で書くと「松葉海蘭」と書くようですが、海蘭となっているので「海の近くで咲く蘭の仲間」
見たいな印象を受けてしまいがちですが、実は蘭の仲間でもなく、海ともまったく関係がない
ようです(笑)。ちなみに花言葉は「喜び」「輝き」となっていました。

【撮影日】2018/04/19 09:55:37.74
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:210mm f/5.3 1/1250秒
コメント

油津の梅ヶ浜の近くで、自生するマツバギクを見つけました。  (Photo No.14307)

2018年04月22日 20時31分52秒 | 風景
マツバギクは「菊」という名前が付いていますが、実はキク科ではなくてハマミズナ科の植物
でしたね。そんなマツバギクの特徴は、変わった葉でしょうかね。多肉質の葉なんです。よく
花の形や葉の太さから、サボテンの一種と間違われる事も多いようです。マツバギクの名前の
由来は葉の形が松の葉っぱに似ている所からきているんですよ。

【撮影日】2018/04/19 10:57:32.16
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:170mm f/5 1/1250秒
コメント

梅ヶ浜の遠く沖合を南下してゆく貨物船  (Photo No.14306)

2018年04月22日 20時31分00秒 | 風景
春から初夏にかけての海って、どことなくキラキラしているイメージがありますよね。太陽の
位置(角度)によるものだとは思いますが、でも同じような条件になる秋の海は、キラキラと
しているイメージはありません。秋の海は、台風が接近している場合を除いて、どちらかと言
うと、凪(なぎ)が多くて穏やかな海のイメージが強いですね。

【撮影日】2018/04/19 10:49:43.68
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:250mm f/8 1/2500秒
コメント

白い花の集合体のコデマリが見ごろになっています。 (Photo No.14305)

2018年04月22日 20時30分18秒 | 風景
五枚の花弁の白い花がビッシリと固まって、まさに花の集合体とも言えるコデマリです。
コデマリは漢字で書くと「小手毬」、それに似ているオオデマリは「大手毬」と書くので
まさに花の集合体の大、小の違いのごとく思いがちですが、実はまったく異なる植物だと
いう事をご存じでしたか?。この両者は、分類的にはコデマリはバラ科シモツケ属で、
オオデマリはスイカズラ科ガマズミ属となりますが、オオデマリの花は、写真のような
感じの花ではなくて、外見がまさに白いアジサイにそっくりですよね。大、小の名前に
違いだけに惑わされたらいけませんね(笑)。


【撮影日】2018/04/20 09:41:05.25
Nikon D300 レンズ:60mm f/2.8G
焦点距離:60mm f/5 1/8000秒
コメント

あざやかな黄色の花ですね。きっとガザニアの仲間でしょう。(Photo No.14304)

2018年04月22日 20時29分39秒 | 風景
花の模様がいいですね。花の内側の黒い正方形の模様がアクセントになっていて、花ながら
センスの良さを感じます。センスの良さと言えば、人が着る洋服のセンス、いわゆる「ファッ
ションのセンス」で思い出した事がありました。世の中には本当にファッションセンスの
無い人が少なからずいるものですが、それじゃどうすれば他人から「あの人の服のセンス、
いいわね!。」と言われるようになるか、それにはいくつかのポイントがあるのだそうです。

①自分を客観視できている(体型、肌の色、顔の形、髪型等)
②自分の体に合ったサイズの服をいつも選んでいる
③季節感をしっかりとらえている(素材、色合い、デザイン等)
④組み合わせのレパートリーが豊富である(帽子、メガネ、シャツ、パンツ、スカート、ソックス、靴等)
⑤いつも他人のファッションを注意している(街中で、ファッション雑誌で、店員さんの服装等)

私はどちらかと言うと服装についてはワンパターンな方だと思いますので、この歳になった
からこそ、一層ファッションセンスには注意していきたいですね。ゴムの伸びたパンツを、
どうせわからないからと、ずーっと履き続けるのはやめる事にしまーす(笑)。

【撮影日】2018/04/20 11:33:47.77
Nikon D300 レンズ:60mm f/2.8G
焦点距離:60mm f/10 1/1250秒
コメント

つる性の白いバラ、ナニワイバラが今年もたくさん咲きました。(Photo No.14303)

2018年04月22日 20時26分56秒 | 風景
私の家の前のお隣さんの垣根には、このナニワイバラが10m以上も植えてあって、毎年白い花
をたくさん咲かせてくれます。目の保養になって春の楽しみの一つでもあります。飫肥の街で
は、数年前から「川辺を花で飾る運動」みたいな活動が展開されていて、そのおかげで酒谷川
の川辺には、季節ごとにいろんな花が咲き乱れ、川辺を散歩するのも楽しくなってきます。
早朝や夕方に、この川辺を散歩する年輩の方にとっても、運動しながら花の鑑賞ができるので、
まさに生きがいにもなっている事でしょうね。本当に良い事ですよね。

【撮影日】2018/04/19 09:33:40.55
Nikon D300 レンズ:60mm f/2.8G
焦点距離:60mm f/5 1/3200秒
コメント