Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もっと勉強しろよ!

2008-06-30 20:27:06 | 音楽療法
音楽療法の仕事場・老健(介護老人保健施設)でのこと。

一般棟に入所のAさん・男性は、入所当時からコミュニケーションのとりにくい方だった。<音楽療法・歌の会>の初回参加では、いきなり歌集投げつけられ、一緒にいたナースは思い切り手ではたかれた。暴力行為? 認知症はそれほどなさそうだから、おそらくこの環境を受容できないのだろうと思った。

1か月後
とにかく無視される連続。音楽が嫌いなのか、ピアノがなると席を離れる。会話どころかアイコンタクトもなく、むしろ近づくことも怖いくらいだった。

3か月後
無視は続くが、気がつけば離席はなくなった。私に関心を持ち始めたことは、その雰囲気で感じる。でも会話は成立しないし、歌わない。個人情報を調べたら「趣味はカラオケ」とあり、なるほどと合点がいく。こういう状況は、男性に多いことは長年の体験ずみ。

その1か月後
♪有楽町であいましょう~」と皆で楽しく歌っていたら、「お前、もっと勉強しろよ!」と怒鳴りながら、怖い顔をして寄ってきた。突き飛ばされるかもしれない気配(音楽療法士は時々こういう恐怖の瞬間を体験する)。ここで得意のニコニコ顔で対応したら本当に突き飛ばされるから、「はい」と神妙に。私はAさんが直接関わってくれたのが嬉しかった。後日調査では、大好きな1曲だったらしい。映像関係の職場で音楽とも密接な関わりがあったAさんの拘りがあったに違いない。色気も雰囲気もなく、楽譜どおりにしか歌えない私に苛立ちを感じたようだった。

そして最近
「音楽の先生、ちょっとはマシになったな」とスタッフに言ったそう。1階の音楽療法室は2階のAさんの通路からよく見える場所にあり、毎日上から覗いている。私はピアノを弾きながら、思いきり手を振って合図。まだ十分なコミュニケーションはとれていないが、Aさんの顔つきが少し和らいできた。きっとそのうち、大きな声で歌ってくれることを、私はゆっくり待っている。
コメント (2)