Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カンテレ奏者と日本食

2008-06-07 18:36:19 | カンテレ
「18時半ハチ公ね」、来日中のフィンランドの伝統楽器カンテレ奏者、エヴァ・アルクラと約束。ふたりが気になるAさんも誘い、エヴァの大好きなお鮨を食べに行く。来日ごとの、エヴァと私の定番行事(?)でもある。

金曜日夜の渋谷は人がいっぱい、もちろん目指す お鮨やさん も。「予約しておけばよかった」と暫く待つこと10分あまり。カウンターにすわり、「Kippis! 乾杯!」  お刺身、さざえのつぼ焼き、米ナスの味噌田楽、そら豆、お好みでにぎり、まきもの・・・ 日本語とフィンランド語でおしゃべりしながら、美味しく楽しくおなかいっぱい! 



エヴァの好きなものは日本食。お土産はいつもお米、海苔、お味噌、お茶などの食品。最近は日本料理店がいくつもあり、素材は日本人が経営するお店やスーパーでも手に入るが、「でも普通の味」という。昨年は「梅干のレシピがほしい」というエヴァのために、英語で書かれている日本料理の本を求めて走り回った。シソが入手できないフィンランドでもできるレシピを見つけたが、エヴァはゆかりで代用し、私は種を持って行った。

そして今回伝授したのは、カレー。在フィンランドの日本人たちは「カレーお願い」のリクエストが多い。毎回訪フィンの荷物にはカレールウが20箱以上、その話をしたら「どうやって作るの?」 フィンランドでは美味しいじゃがいもとにんじんができる。ヴェジタリアンのエヴァに、チキンカレーの作り方を教えた。

2軒目は、好きな映画のタイトルのカクテルを作ってくれるというショットバーへ。エヴァはイエロー、Aさんはブルー、私はレッド、さてそれぞれのタイトルは何でしょう? 3軒目はエヴァと二人で、別のショットバーへ。そこでは<カンテレ友の会>で盛り上がる。9月は北海道で理事会、カンテレキャンプ、帰国前日に東京でコンサート、11月は3泊4日(もったいない!)で来日し北海道でコンサート、2月は東京で総会とコンサート・・・と次々アイデアがわくエヴァと私。「一緒に頑張ろう!」と誓い合い、かたく抱き合って別れた。

ハナキン渋谷の夜!


コメント