Cafe & Resort Sunset Mirage

海と夕日とスペシャルティコーヒーと

師走でごわす…(笑)

2016-11-30 18:39:50 | 日記
タイトルにあまり意味はありません。
おやじギャグです。(ギャグにもなっとらん!)

遍照院のいちょうが色づいています。
少し散ってしまったようですね。
先週写したらよかったかも…反省。



今週のミラージュプレートは、メインが
しっとり蒸し鶏と温野菜 無農薬レモンのあんかけ

副菜が
壬生菜のかき揚げ
カブとかきとレンコンのサラダ
サツマイモのチーズお焼き
紅しぐれ大根の浅漬け
手作り豆腐       となっております。


いよいよ今年も最後のひと月になりました。
慌ただしくなりますね…

クリスマスプレートで1年の疲れを癒してはいかが?
ご家族、ご夫婦、カップル、もちろんお一人で静かに…もあり!

1日20食限定、お昼が1580円、夜が1880円です。
メインがローストビーフで、副菜4品程度と飲み物にデザート付き。
夜はデザートも少し豪華版になります。

今年は12月22日から25日まで4日間やります。
ご予約はお店で直接か、水~日の午後3~8時にお電話でも可。

大勢の皆様のご来店をお待ちしておりま~す!



なお、年内は12月25日(日)で営業を終了いたします。
新年は、1月7日(土)~9日(月・祝)の3連休から営業しますので、
お気を付けください。







この記事をはてなブックマークに追加

時が立ち止まる店?!

2016-11-26 20:42:12 | 日記
昨日の日の入後、この時期に珍しく海は凪で静かです。
昼頃までは白波も少し立って風も強かったのですが…

店には女性の方がお一人だけ。
BGMがかすかに聞こえるだけで、
時が止まったようなひとときでした。

お客様はしばらくこの景色に見とれて、
魔法が解けたかのようにハッとしてから
笑顔でお帰りになりました。

美しい夕日とこのトワイライトタイムを
貸し切り状態で堪能されました。

少しでも多くの方にこの雰囲気を味わっていただきたいものです。
いっぱいホッとボーっと、してくださいね…
おすすめは…もちろん夕方です。

この記事をはてなブックマークに追加

出た~!

2016-11-23 17:42:53 | 日記
1年の最後を飾るのは…やはりクリスマス、ということで、
クリスマスツリーがとうとうお出ましです。

砥部焼時計もクリスマス版に変わってます。
お見逃しなく!

あと1か月ですよ~今年も~ホント早い~。
やらねばならないことは、あといくつあるのかな…

ということで、クリスマスに向けてファイト~!(何を?)

この記事をはてなブックマークに追加

明日から寒いらしいのだけど…

2016-11-22 19:30:02 | 日記
11月中旬とは思えない暖かさです。

立て付けの悪い戸があって、寒くなると開きづらくなります(笑)
11月上旬に寒くなったときに少し重くなったので、
時期が来たか…木材が収縮するからかな?と思ってました。

すると、中旬になって暖かさが戻るとまたスムーズに…
わかりやすいですね(笑)

でも季節は待ってくれないんですね。
ついに夕日が国道の上の山に落ちだしました。
長い長い冬に向かっている証拠です(泣)



今週のミラージュプレートは、メインが
しっとり蒸し鶏と温野菜 無農薬レモンソース

副菜が
里芋のマスタードソテー
サツマイモのかき揚げ
柿とリンゴのカナッペ
ニンジンしりしり
手作り豆腐    となっています。



急に気温が下がるみたいなので、皆様もお体には
くれぐれも気を付けてくださいね。

明日は珍しく水曜日の祝日。
サンセットミラージュはしっかり営業してますよ~!







この記事をはてなブックマークに追加

6月半ばに雪!?

2016-11-21 15:45:57 | 旅行
NHKのブラタモリで知床が出ました。懐かしい~!
ウトロから知床遊覧船も乗りましたよ。岬までは行かなかったですが…



10数年前に知床方面から川湯~阿寒~十勝~旭川~富良野~美瑛~
(札幌はスルーして)小樽~積丹~函館まで、
7泊8日秘湯めぐりの北海道横断旅行をしました。

昔は航空便に誕生日割引というのがあって、
誕生日前後2週間は、1路線1万円で行けたんです。
松山~東京~網走、函館~東京~松山が一人4万円という
大変お得だったんですね。

知床周辺では何といっても「カムイワッカ湯の滝」です。
上流から源泉が流れてくる滝をさかのぼり、
ちょうど良い湯温の場所を見つけて入るんです。

ただ、斜度が20度くらいの岩ゴロゴロの川を登るので大変。
東温市の滑川渓谷を少し険しくした感じでしょうか。
温泉成分で滑りやすくなっており、滑落したら生死に関わります。
特に、降りる時が冷や冷やものでしたね。今は登れません(笑)

約20分くらいで入浴できる場所にたどり着きました。
先客も結構いました。マニアが多いんですね(笑)水着持参で正解!
現在は世界遺産になりましたので、行けるのかどうかは不明です。

強酸性の温泉なので、目にはしみるし傷でもあったらおおごと。
秘湯マニアとしては超ワイルドで大満足でした。

知床の宿泊は「ホテル地の崖(はて)」(笑)。いろんな野天風呂で有名。
その頃熊が出たので、知床五湖も二湖まででUターンしました。



次は知床半島の反対側、南東部の干潮時にのみ入れるセセキ温泉へ。
途中の羅臼岳の峠道は、なんと6月中旬というのに残雪が…
北の大地に来たことを実感させられました。

個人管理の珍しい温泉ですが、天気が良い日には国後島を見ながら入れます。
大岩に囲まれた二つの湯船につかると、目線が海面と同じです。
これまた大自然の中にポツンといるだけの感じが解放感抜群です。



この3日間、屈斜路湖畔の野天風呂や硫黄岳の殺伐とした風景、
霧の…いや快晴の摩周湖などにも立ち寄りました。

地球が丸く見える開陽台などの素晴らしいビューポイントや、
何キロも直線が続く有名な国道など、秘湯以外でも楽しめました。

阿寒湖でマリモを見て、松山千春の故郷足寄で背丈より高いラワンぶきに驚き、
次なる訪問地は然別峡かんの温泉。野天風呂の宝庫と言われています。

ところでここでもう4泊目。果たしてこの調子で函館まで行きつけるのか?
それはまたのお楽しみに…(笑)


この記事をはてなブックマークに追加