Knock it off! (泣き豆腐)

SunnyG(サニー爺)の身勝手な独り言。「泣き豆腐」(Knock it off ! ええかげんにしてんか!)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大元が管理してくれないと

2007-01-29 01:05:16 | ブログ

わが家は2本の電話回線がありますねん。1本は光電話・IP電話で利用していて、もう1本は固定電話(普通の電話)にしてます。光電話は停電になると使えんようになるので、1本は普通電話でおいてありますねん。その普通電話に1日5~6回、光電話へのご丁寧な案内の電話が入ってきましたんや。あんまり煩いのでNTTさんへ、普通電話にしてある理由を説明して「よう調べてから電話して」と頼みましたんや。ほんならこない言わはりますねん「普通電話のままにしていただいている理由はよく判っております、ところが代理店や派遣社員が・・・」。 管理の大元はNTTさんやおまへんか、ほかのせいにせんと、しっかり管理して、ご丁寧なご案内を何度もさせんようにしておくんなはれ。Knock it off !

    

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不二家

2007-01-23 00:15:13 | ブログ

今回の不祥事はなんですねん。大手で老舗のお菓子メーカーともあろうとこがオカシなことやってしもて。人気のキャラクター人形「ペコちゃん」も泣いてまっせ。悪いけど当分は「ペケちゃん」人形と呼ばれてもしょうがないのやおまへんか。なにッ!「ペコちゃんには、ボーイフレンドのポコちゃんがいるんやて?」ほんじゃ二つあわせて「ペケポコ」、いや「ペケポン」や。Knock it off !

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続事務所費

2007-01-17 04:06:46 | ブログ

家賃無料の議員会館に事務所を置いている文科相の資金管理団体が2005年度の事務所費を4146万円計上、同年農水相が2000万円以上。入ってくる資金で厳しく規制したら今度は出ていく方であやしいことをやってくれはる。「政治とカネ」の問題で再度厳しく追求してくれはるかなと淡い期待をしていた民主党の政調会長はんが1900万円近くを計上してはるやて。ましてや代表にいたっては4億円以上なんやて。あかんは、こりゃ、この問題はうやむやになってしまうのとちゃいまっか。Knock it off !

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本語に定冠詞 「ザ」?

2007-01-16 02:11:18 | ブログ

当地では知事選を控えてこのところその関連記事が多い。東海地区では朝日、読売、毎日よりも圧倒的な発行部数を誇る中日新聞、15日から始まったトップページの連載記事のタイトルを見て首を傾げましたで、「ザ・知事選」やて。「ザ」はなんやねん。二流スーパーの「ザ・春の大売出し」のあの「ザ」とおんなじや。英語の定冠詞「the」をつけているつもりなんや。そもそも日本語に 「ザ」なんて定冠詞はあらへんやんか。日本語の乱れなんて嘆いている新聞社が「ザ・知事選」なんてタイトルを、それも一面に堂々と載せる神経がわかりまへん。むりやり善意に解釈して「知事の座」の「ザ」やと思うことにしときまっさ。Knock it off !

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

事務所費

2007-01-16 01:12:45 | ブログ

自民閣僚、3役7人、6億8000万円。政調会長ら7議員が家賃無料の議員会館に資金管理団体を置いといて、2005年までの5年間に計上した事務所費なんやて。事務所費など経常経費は国に収支報告する際、明細を示す必要はない、つまり領収書なんかいらんのやて。「法的に問題なし。なんらやましいことはない」と堂々たるもの。「領収書を添付させると事務作業が増えて政治団体に多大な負担がかかる」というのが政府の公式見解。個人事業者らが経費を税務署に申告する際は領収書を付けさせられる。政治資金は税金がかからへんのや。「他の支出項目が不自然に膨らんだり、帳尻があわなくて困った時は事務所費に紛れ込ませたりする」と言うてる与党関係者がいるのやそうでっせ。悪いのはこんな議員を選んだ我々なんやろなあ。Knock it off !

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

古稀

2007-01-14 00:58:17 | ブログ

新年も2週間が早くも過ぎてしもた。春に誕生日がきたら満70歳、今年は古希やと思うてたら古希は数えの70歳、満で69歳やそうや。去年が古希やったんか。古希の希は稀で古稀とも書くそうや。昔は70歳まで生きることは稀(まれ)やったので古稀として祝ったとか。それが稀(まれ)でなくなったので「少子高齢化と年金問題」と国が言うと「年寄りが多すぎて若い者に迷惑かけとる」と言われているかのように感じてしまうのは僻みなんやろか。深沢七郎が「楢山節考」で描いた「姥捨て山」、食い扶ちを減らし、苦しい生活をちょっとでも楽にしようと老人を山に捨てた、自ら進んで山に登る老人もいた。老人ホーム、介護施設、これ現代の姥捨て山になりつつあるのやおまへんか、年収3000万で年金700万も貰ろてはる国の偉い人達が行きはるような高級老人ホームは別として。

「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」一休さんの句をなんとなく実感する歳になってしもたんやなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする