七草農場Blog

中央アルプスの麓で、夫婦2人有機農業に奮闘中!

ふるさと納税返礼品に!

2018年07月11日 | Weblog
農繁期です。
あれもこれもそっちもあっちもやることがある・・・。

ところで!

七草農場の自慢の加工品、にんじんジュースと乾麺のセットが、伊那市の
ふるさと納税の返礼品に採用されました。

詳しくはコチラ → ふるさと納税返礼品
またはふるさと納税返礼品の伊那市のページ、1万5千円以上、というカテゴリを
ご覧ください。
うちの商品を選択して頂くと、その寄付は森を守る活動を中心に活用する
ミドリナ、という活動に使うそうです。林学科を卒業した私としてはそれもちょっと
嬉しいし、そもそもミーハーなのでなんかちょっとかっこいいーと感激してしまったりして。
たくさんの方が選んでくれたらいいなあ。

うちの甘い冬にんじんを使ったジュースと10年以上自家採種を続けているシラネ小麦
で作った乾麺(どちらも農薬、化学肥料は不使用です)美味しいですよ!

どうぞよろしくお願い致します♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山盛り野菜♪

2018年06月18日 | Weblog
出荷日にうっかり野菜を採り過ぎて、今日の夕飯は野菜がいつにも
増して山盛り。

春キャベツとスナップえんどうを蒸してオリーブオイルと塩コショウで。
カリフラワーは米粉の衣で天ぷらに。
ラディッシュの漬物(ピクルス?)と新玉葱や小カブの入った味噌汁も。

スナップがこーんなに山盛り食べられる幸せ。
野菜、自画自賛ながら美味しい♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草取り早モード

2018年06月17日 | Weblog
ピーマンの手入れをして、草取りをして・・・
ふーふー母が作業をしている横でこどもたちは好き勝手。

畑の横の木に登り

「かあちゃーん!見て見てー。すごいでしょ」

「かあちゃーん!一番てっぺんまできたよー」


最初はすごいすごいと盛り上げていたけれど、おまえたちはこだまか?
というくらい、かあちゃーーん、かあちゃーーんと言うので

「大した用がないなら呼ばないで!」とついプリプリ。

そうしたら今度は近くのブルーベリーの畑へ行って

「もうブルーベリーが紫になってた!」と騒いでいる。

いない人の分もあるしみんな欲しいから10個今食べて良し!
と言ったら

「母ちゃんの分も10個採ってきたよ」

だって。やさしー。

しばらくしたら

「よし!オレたちも草取るか!」

と次男坊が言ってズッキーニの横の草を取り始めた。三男坊もそうなると

「ヨッシャー。オレもやる」

と取り始めた。



これには母がヨッシャー!

三男坊は

「草取り早モード」

と言いながら猛烈に草取り。そんなモードいつでもなってて欲しいよ・・・。

おかげで予定していたより草取りは進んで、ゲンキンな母は機嫌良く

「ブルーベリー採って帰ろ」

となりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草餅

2018年05月30日 | Weblog
 我が家の田植えもだいたい終わり、今日は三男坊の通う保育園の
子ども達が田植えにやってきた。うちの隣りの小さな小さな田んぼを
ここの保育園で始めて、もう5年か6年になる。

 代かき、と言っては子どもたちがパンツ姿で土を踏みならしてこねる。
(実はその後夫がきれいにトラクターで均しているんだけれど)

 そして今日は田植え。朝から雨がぱらついて、迷った末に強行。張り切って
次々に植える子、泥に入り込むのが嫌で土手から身を乗り出してはじっこだけ
植える子、足に土がついて泣く子、田植えよりも水遊びをしたい子・・・
横から見ていると、その子ども達の様子も、植えられていく苗の様子もカオス!
でかなり面白い。

 そして毎年田植えと稲刈りの日には何か作って差し入れることにしている私。
やっぱりお米を作ることってちょっと特別な気がして、田んぼを手伝っている農家
として子ども達にちょっとしたお祝いの気持ちを込めて。

 今日は草餅を作ることにする。昨日の田植えがなかなかハードでかなり
疲れ果てていた私。今日の朝になって大急ぎで作る。まずよもぎを摘むところ
から。急げ急げ。畑に生えているよもぎを摘んで、ゆでて、細かくして、その間
に七草農場特製の米粉をこねて蒸す。蒸しあがった米粉によもぎを混ぜてつく。
大急ぎであんこを入れて丸くして、庭から採ってきた笹にくるむ。手伝いに来る
大人の分も合わせて43個。はー間に合った。


 
 ちょっとちょっと!!なかなかいいんじゃない?と自己満足。

 子ども達の記憶に、田んぼの景色と一緒に何か美味しいものたべたよね、
っていうようなそんな甘やかな記憶がかすかに残っていたら嬉しいな。
そんな気持ちも自己満足なんだろうけれど。
 でも園舎に戻ったら「おいしかったよー!」と言ってくれる子が何人か。
それだけで朝頑張った甲斐があったよ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たくさん植えています

2018年05月20日 | Weblog
農繁期です。

なすを植え、トマトを植え、ズッキーニを植え、ピーマンを植え・・・
だいぶ畑も賑やかです。
明日はかぼちゃを植える予定。かぼちゃを植えてしまうと果菜類の
定植も一段落でほっとするけれど、次に待つのは田植えです。
田植えしたいよー、という方募集中です!

畑では大麦と小麦の穂が出てきてとっても美しい頃です。朝日や
夕焼けが当たって、風でそよいでる様を見ると本当に溜息が出るのです。
黄金色に色づいた穂ももちろんなのですが、私はこの時期の緑の穂がとても
好きです。

小麦




大麦

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ野菜セットも再開です

2018年05月08日 | Weblog
毎年うちのよもぎ餅をご注文して下さる方がいて、もうかれこれ
10年近く送っているような気がする・・・。



今年もまた電話を頂いて、うちの畑にあるよもぎをたっぷり摘んで
よもぎ餅を作りました。

ついでに我が家のおやつもよもぎ餅にあんこをのせて。子ども達も
「うまい!」と大喜び。
やっぱりこの季節ならではだなあー。よもぎ餅でよもぎをたっぷり食べ
ると体がきれいになるんだよ、と毎年必ず作るものの1つです。


さて畑では定植作業が目白押し。ナス、ミニトマト、とうもろこしなどなど。
だいぶ畑が賑やかになってきました。
ああ、早く新鮮な採れたての野菜をたっぷり食べたい!!

5月下旬からはまた野菜セットの宅配が再開します。只今再開のお便りを
絶賛発送中。新規で宅配をご希望もしくは詳細を知りたい!という方は

nanakusa-farm@inacatv.ne.jp

までご連絡ください。

14年目の七草農場、今シーズンも美味しい野菜をお届けできるよう、頑張ります!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃがいも定植

2018年04月23日 | Weblog
先日じゃがいもを植えました。

延々と続くじゃがいも。足腰にくる!



隣りの軽トラでは自称メッシがボールを蹴っています。




帰りには両手いっぱいの菜の花。ご満悦。



定植が続き、だんだん畑も賑やかになってきました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年04月18日 | Weblog
春。大好きな季節です。

野草がいっぱい採れる!
庭の横にこれでもかというくらいアサツキが出てくる。
今日、納豆に死ぬほど刻んだアサツキを入れてぐるぐるしたらアサツキに
埋もれて納豆が見えないくらいだったけれど、ものすごく美味しかった。

そしてノビル。味噌和えにして食べる。めちゃくちゃごはんが進む。

それから菌打ちしたしいたけがちょこちょこ出て来て、この間お昼に
そのしいたけと出始めた山椒の葉を刻んでチャーハンにしたらいい香りで
元気が出た。

畑には残ったアブラナ科の野菜から菜の花が採れる。それを祝島の激うまの
ひじきとサラダにする。ああ体のすみずみまできれいになる気がする。

今年はふきのとうの時期が長くてさんざん食べた。あの苦味の美味しさったら!
よもぎも出てきた。よもぎもちを作ろう。

今日は近所の男子がタラの芽を手にしてぶらぶらうちに来た。うちの子どもたちの
遊び仲間。タラの芽採りに子ども達早速出かけていく。

放っておくとひたすら外で遊び続ける。この間は秋に拾ったくるみを
割りまくり、まだ足りないと落ちているくるみを拾いまくり割りまくり、食べ
まくっていた。
熱心に何かをしていると思ったら近くの木に秘密基地を作っている!
お邪魔しても嫌な顔をせず招待してくれて、それがなかなか快適。
ここに食料置いておけば?と言ったら最高に乗り気になり、

「ガム持って来たぜ」と翌日得意そうに袋をぶらぶらしてまた遊びに来た。
ガムって!!ぜんぜんおなかにたまらないじゃん!と思うけど、本人は真剣
だから笑える。
このこどもたちの遊び、かなり笑えるし面白くて大好き。


そしてこの間家の近くにりんごの木を植えた!!借りている土地の持ち主に
「りんご、植えていいですか?」と聞きに行ったら
「収穫を楽しみにしてるわ」と言ってくれた。そんな風に言ってくれるの、
優しいなあーとなんだかしみじみありがたかった。

春は楽しい。寒い寒い冬を耐えてきたからなおさらそう思うんだと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うずらがやってきた

2018年04月02日 | Weblog
近隣の小学校で育てていたうずらを飼いきれなくなってもらいませんか?
という話が我が家に舞い込んできた。
夫に話すと

「昔、ざるそばに親がよくいれてくれた」

「この間通天閣で食べた串カツにもうずらの卵あったよな」
 (←まったく覚えていない私・・・)

私も「よくお母さんがお弁当にうずらの卵入れてくれた」
と2人でなんとなくノスタルジックな雰囲気に。

「うずら・・・飼うか」と夫。

私がいない間に夫が長男と小学校に行ってもらってきた。
雄3羽と雌3羽。思っていたより小さい!



とりあえず空いている鶏小屋に入れると床の落ち葉と同化してよく
わからない。気を付けないと踏んでしまいそう。

その後私がまた出かけて夜遅く帰ってきたら、机の上に次男坊から
手紙があった。

「かあちゃん うずらが2こ、たまごをうみました。たまごぱっく」

深夜に子どもの手紙にきゅんとしながら指示通り卵パックを覗くと
小さなうずらのたまごが2つ。

鶏は昼頃卵を産むけれど、うずらはなぜか夕方に卵を産む、ということが
3日くらい飼うと分かってきた。鶏の卵は誰も取りに行かないのに
うずらの卵は競って取りに行く。
6個たまって・・・(雌が3羽で3日で6個は優秀、優秀)
うちの乾麺に、出始めのあさつきを刻んで食べた。



割った時は小さくてかわいい卵、混ぜたら麺のつゆに紛れて味も何も
なかったけれど。次はやっぱりゆで卵だ!

そして5人家族、1つ残った卵は・・・
ちょうど庭の木に山鳩が巣を作って卵を温めている。
昔住んでいた家のベランダに鳩が卵を産んで、かわいそうだし、と
放っておいたらすごい糞でエライ目にあったので

「そんな巣は撤去だ!」
と言っていたのだけれど、夫が

「鳩に卵温めさせてみる?」と言い出して、私

「やるやる!」

と乗り気に。夫は自分で言ったくせに

「えーほんまに?もったいなくない?」

と言っていたけれど結局置いてみた。今のところ一緒に温めている
みたい。鳩と一緒にうずらも孵ったら、鳩もびっくり仰天のはず。



孵るかな?


うずらのおかげでちょっとわくわくする日々です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種まき始まり

2018年03月07日 | Weblog
昨日からまた今シーズンの種まきが始まりました。

キャベツ、ブロッコリー、レタス、そして豆類も。
また始まったなーと思うとワクワクするような、またあの日々が
始まるかーという気持ちも一緒に。

踏み込み温床に使う落ち葉も、今日また軽トラ1台分集めて積み込んで
きました。だんだん忙しくなってきました。

日中はストーブがいらなくなってきて、ストーブのあるうちに、と慌てて
小豆をゆでて、今日の夜はお赤飯に。

長男が「今日なんかの日?」

というので「進級祝い」ということにしておきました。

「よっしゃー!」と子どもたち。
でも赤飯は今年初種まき祝い、でも良かったかも知れないな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加