七草農場Blog

中央アルプスの麓で、夫婦2人有機農業に奮闘中!

味噌作りなどなど

2019年04月17日 | Weblog
だんだん忙しくなってきました。とうもろこしの種まき、冬越した長ねぎの苗
の移植。米作りの準備etc・・・。

そしてちょっと前には味噌作り。やること山盛りです。
味噌作りは友人が参加することもあるけれど、たいがい家族総出で
仕込みます。
七草農場自慢の米で米麹をおこすのは私の仕事。もう慣れたものです。
そして浸水した大豆をぐつぐつ煮るのは夫の仕事。私がごしゃごしゃ他の
事をしている間に大豆を煮て、ミンチャーを設置してくれます。


大豆がやわらかく煮えたら「やるよーー!」と声をかけ、子どもたちと。
食べてばっかりの三男坊。1番戦力になるけれど無駄口が多い長男。
その無駄口に泣かされてすぐ拗ねる次男坊。
毎回大騒ぎだけれどやっぱり家族で仕込みたい。





今年も100㎏を超える味噌を2回で仕込みました。
我が家は3年味噌なので、これを食べるのは3年後です。

さてさて今年は味噌を煮ていた夫が

「このオキでピザとか焼きたいな」

と言うので、ちょっとやってみることに。

オーブン用のピザストーンを入れて、その上にピザ生地を置いて・・・
じわっと焼けて、

「美味しい!」



とりあえず作っただけなのでナンみたいな感じになりましたが
大いに盛り上がりました。これは定番になりそうです。

七草農場自慢の味噌、今年も無事仕込むことができました。

そして今日はもう一つ。

息子たちが歴代通った保育園で、野外保育園の活動や思い、こどもたちの
ことを書いた冊子を制作していて、私もそのプロジェクトに関わって
います。只今その製作費としてクラウドファウンディングに挑戦中です。

レディーフォーというサイトで

「100人に聞いた!森のようちえんの魅力を伝える冊子を作りたい」

ぜひぜひご覧の上、ご支援よろしくお願いします!!






コメント

雪がすごくて・・・

2019年04月10日 | Weblog
朝、子どもたちの「雪だ!」の声に目を覚まし・・・
外を見たら雪が降り積もっていました。

えー!!

昔もこんな春先に雪が降ったことがあったけど、今回はその上を
行く降雪量でした。

慌てて畑を見まわる夫、私は自転車通学の長男を今日は無理なので車で
送ってその帰り道、今日は保育園の当番で様子を見に行って、山の道から
帰ったら・・・なんと車が坂道の上で滑って登れない。慌ててバックしたら
滑って斜めになってなんとか止まる。こわっ!!

焦る母を尻目に、同乗していた三男

「あぶねー、すげー」とおおはしゃぎ。

夫に電話してトラクターで来てもらい引っ張り上げてもらう羽目に。
登坂だし、車は大きいし、トラクターは大して大きくないし、
私はてんぱっているし、もうぎりぎり!でなんとか脱出。

朝からはーー。

そして大急ぎで三男を今度は保育園へ。

「急いで!行くよ!」と言うと三男坊「ん?」
とリュックの背中をいじっている。

「もう何!」といらいら見ると水筒の蓋がちゃんと閉まっていなくて
リュックがびしょぬれ。

あーー。

そんなこんなで一日バタバタ。私が保育園で当番をしている間、
夫は3回も畑を見に行き、キャベツの苗にかかったトンネルの雪を
はたき落としてまわっていたそうで・・・。

「1列目を落として、2列目を落として最初に戻ってくるともう1列目に
雪が積もってんの」と夫。

本当にすごい雪。しかも水分を含んで重たい雪。
私たちも楽しませてもらっていた近所の桜もぽっきりと折れてしまって
本当に悲しい。

ああ、今日は本当に色々起こった1日。雪が溶けた時、苗が無事でありますように。


コメント

ベナンの風が吹いたよ

2019年03月31日 | Weblog
この時期になると飼っている鶏をさばく。
いつも何人かやってみたい、という人が来てさばき方を教えながら
さばいているのだけれど、今年は違う!
ベナン人を夫に持つ友人とその友達のベナン人が来てくれた。
ベナンでは鶏肉を食べたかったら鶏を買ってきて(もしくは飼っているんだろう)
さばいて食べるのだそう。
日本のスーパーで売っている鶏肉は柔らかくてあんまり美味しくないらしい。
それなら我が家の鶏は3年平飼いしている元気な鶏、歯ごたえは十分!

鶏の命を頂く時は太陽に向かって、鶏に水を飲ませてから切るらしい。
儀式の時にそうするんだとか。

私たちはいつもさかさまにして血を抜くのだけれどそれもなんだか羽を芸術的に
ささっと折りたたんでぽん、と置いておく。それだけでバタバタしたりしない。




さばき方も独特。そして足も頭も内蔵の一部を除いてほとんど食べちゃう。
足もあぶって手で皮をパッパと取って、爪を落として食べる。



そして今日はスペシャルベナン料理を作ってもらいました!!



「入れないでおく?」って聞かれたけれど

郷に入っては郷に従え、で足も頭も入れて、いつも通りに作ってもらいました。



食べられない子もいるんだろうなー。うちの子はどうかと思ったけれど
平気のへいざ(言い方が昭和・・・)で食べていました。

ベナンは冷蔵庫とかないからとにかくさばいたらしっかり火を通して
しっかり料理しちゃうのだそうで、薪をくべた大鍋で肉をしっかり煮込む、
その時に出たスープとににんにくや玉葱、トマト、唐辛子などをいれたソースを作って
肉にからめる。

もっとスパイスとか入れるのかと思っていたら意外にシンプル。

お昼も過ぎておなかが減ってきて、あったかいハウスの中でみんなでそのまま
お昼。

っていうかその前から「これはジュースですねー」とか言いながら
みんなでビールやらワイン、そして泡盛(ベナンの友人はお気に入りだった)
まで出てきて

「アシャンテー!」と乾杯。

そして肝心のベナンソースのごはんはとっても美味しかった!



「うん懐かしい、思い出したわ。ベナンの肉、こんなやった」って友人。

「ベナンの鶏肉とうちの鶏、どっちが硬い?」って聞いたら

「おんなじくらい」

って笑ってた。でもこの硬さが美味しいんだって。味わい深いしね。

子どもたちも美味しい、美味しいってしゃぶって、おかわりしていた。



今日はいっぱいベナンの文化を教えてもらって初めての風が吹いた。
楽しかったなー!
コメント

温床

2019年03月23日 | Weblog
暖かくてシャツで過ごせる日もあれば、今日は肌寒くてブルブルしていました。
今日は寒い寒いと言っていたら、夫が「温床を踏み込めばあったかくなる」
と言い出して・・・

今日は温床を踏み込みました。(というか夫は元々その予定でした)

農場の周辺の落ち葉を集め米ぬかなどと一緒に枠の中で踏み込みます。
しばらくすると発熱し始め50℃以上にもなります。
その熱で春先まだ寒い時期に苗を育てる、大事な作業です。



ケヤキ、クリ、カエデ、カシ類・・・多様な葉が混ざり合って私たちの
畑に力をくれているのです。

三男坊もピョンピョンはねて手伝ってくれました。

種まきも少しづつ始まっています。

そして・・・温床を踏み込んだら確かに身体の先までぽかぽかになりました。



コメント

卓球!

2019年03月03日 | Weblog
近所の公民館に卓球台があります。あるのにあんまり活用されて
いないもったいない卓球台です。

夫が最近「卓球やりに行くか」と言っていて、今日また
「これからやりに行く?」と言い出して、子どもたち「行くーー!!」


小学生の時クラスで確か1位だか2位になった記憶の母。

「はっきり言って強いからね」と息巻いて行ったのに・・・

バックハンドが全く対応できず、おかしなことに。

あれ?あれれー?

自分の頭の中で描く自分の動きと実際が全く違う、というのは
まあこの年になってくるとよくあることです。
(過去の自分を美化しすぎてる、とも言う)




長男は朝7時に集合してサッカーの試合を半日以上してきたというのに
全く疲れを見せず、でも卓球はほぼ初めてらしく下手。
(でもあっという間に追い抜かれそうです・・・)
下手なくせにたまに決まった時の

「チョレイ!」だけめちゃうるさい。(もはやお決まりの文句です)


そして更に上を行ったのが農場主の夫です。
私がバックハンドが苦手と見るやそっちにばっかり打って来る。
かなりねちっこい!




それで私が空振りをするとのけぞって笑うからむかつくんだけど
やり返せず悔しいばかり。

下の2人は卓球とはどう打つか、がもうそもそも間違っていて試合にも
ならないけれど、周りできゃっきゃと楽しんでいました。

終わり頃、近所のおじさんが
「お、いいな、卓球やってるのか」と覗いて行かれました。

そのうち近所の卓球大会でもしたいものです!
コメント

たね

2019年02月24日 | Weblog
2月の間に次のシーズンの種を決める。

うちは結構な種類を自家採種していて、米や麦も合せると30種類くらい
の品種を自家採種して、種を播き、育て、収穫している。
種子法の廃止とか色々あるけれど、できるだけこつこつと、静かに、
ここで種を継いでいきたいと思う。

そして購入する種も、できる限り信頼のおける種屋さんの種を買いたいと
思っている。
面白い、育てたことのない種も今年もまたいくつか。

3月になったらそろそろ種をまた播き始めます。



コメント

映画

2019年02月20日 | Weblog
2月は1番自分のための時間がある時である・・・はずだけど、もう2月も
後半!

今日は映画、縄文号とパクール号の航海を観に行く。

昨日は友人宅で日付が変わるまでしゃべっていたのに、そんな寝不足もなんのその。
ものすごく引き込まれた。
木を伐採するのに、その木を切る斧を作るところから始める。しかも海辺で砂鉄を
取るところから!そんなのある??!

インドネシアのマンダール人と伝統的工法で船を造り、それでインドネシアから
日本までを航海する。行く方向は星と島影で判断する。

その技術、すごかったなあー。竹で船のフロートを作る、それをしばるつる、船の帆もヤシの葉の繊維で作る・・・。
ものすごい時間と労力と知恵と経験の結集。
かっこよかった!

昔から手に技術を持つということに魅力を感じてきたから、そういう生きる知恵に溢れている人が
ものすごく輝いて見える。

昔働いていた造園の現場で親方が巨大な石をその石の形や顔を読んで石垣を積んでいくのを
一緒にやらせてもらったことを思い出した。これならいける、こうやれば出来る、っていうのが
分かって来るというか見えてきている感じ。マンダールの海のクルーたちも同じだった。


刺激を受けて、いい時間。少し私の手も動かそうか。
コメント

あけましておめでとうございます

2019年01月07日 | Weblog
今日は今年の初出荷でした!寒さに耐えて、野菜も甘みが増して
います。我が家は台所ににんじんを置いておくと、うさぎの三男坊
がいつの間にか切って塩をつけてボリボリ食べてしまいます。
それを見ると兄たちもつい「俺も、俺も」となって、ついでに母も
かじると、甘――い!すっきりとしているけど甘いです。美味しい!

他にもキャベツや大根や白菜や・・・見た目はそんなにもよくない
けれど、この時期ならではの美味しさがあります。

これからもお楽しみに!


さてさて七草農場のお正月。もちろんおせちは・・・

七草農場の野菜たっぷり!



昔はただただ詰めていたけれど、ここ数年は田作りの頭の向きを
揃えたり、南天を添えたり、ちょっと見た目にも気を使っています!
我ながら美味しく出来ました♪

そして野菜の農家だから野菜ばっかり食べている訳ではありません。
夫が年末に鹿を罠猟で捕まえてきました。
年越しの時にかわいそう・・・と思うのは私だけのようで
手際よくさばかれて、なんと今年は初めて鹿肉の手作りソーセージを
作ってくれました。



香辛料が効いていて美味しい!
友人達の集まりやお正月に持ち寄っても大好評でした。


そして玄関の正月飾りは長男作。年々上手になるのでもうこの2年は任せています。



台所用の飾りは次男坊作。



鏡餅は友人と一緒に杵つきでついたお餅で作りました。



きっちり行事をするのが昔からなんだか好きです。



こちらは生後半年の我が家の愛犬。



誰でも彼でも飛びついて遊んでほしくて、かみかみ。
わんわん吠えるのでたまに「いい番犬だね」と言われますが
犬語を訳すと「あそぼ、あそぼ、オレとあそぼ」っていう
感じだと思います・・・。

なんでもかみかみするので水飲み用のバケツのフチがギザギザ。



やれやれ。

そんなこんなで今年も元気に野菜をお届けしたいと思います。
今年もよろしくお願い致します!!

コメント

年の瀬

2018年12月28日 | Weblog
ああもう!あっと言う間に2018も残り僅かです。

今年は夏の猛暑と少雨に悩まされたけれど、秋冬は意外と穏やかで
全体的にはなかなか良かったような??もう過ぎ去ったことはすぐ
忘れてしまうのでなんか良かったことしか覚えてないのかもしれない
けれど・・・。


さて、野菜セットの宅配は28日着分で今年の分は終了。
あとはお正月のお届け物をいくつか出荷するのみとなりました。
無事終わると本当にほっとします。
年明けは1月8日着分より出荷致します。

正月はちょっとゆっくりぐうたらします!!

今年もありがとうございました。よいお年をお迎え下さい!

コメント

いろいろ

2018年12月08日 | Weblog
毎日忙しくやっております!

まず・・・にんじんジュースのにんじんを掘り取って加工所に発送!



今年の夏の猛暑と渇水でにんじんの芽がなかなか出なくてかなり苦労しました。
もうジュースは無理か?!と思ったくらいだったので発送できてほっと一息。

それから漬物。冬が長い長野では漬物で保存する野菜は貴重です。
今年も約200本のたくあんと60㎏の野沢菜を漬けました。
漬物石をあっちにやったりこっちにやったり、水をあげて重石を重くしたり
軽くしたりするのも一仕事。とりあえずこの2つの仕事に目途がつくと
心底ほっとする12月です。

夫は霜がきつくなる前に色々野菜を移動。こちらもかなりの力仕事。ごくろうさま!

そろそろ2018年も残りわずか。元気に年越し目指してあともうちょっと
頑張るぞー。

コメント