本と読者の楽しい出会いの場 ブックセンター滝山グループ

オススメの本・その他 を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

けやき新聞12月号本のひろば掲載書籍

2017年12月28日 | けやき新聞

 

夫の後始末


曽野綾子著 
講談社 1,000円(税込)

夫90歳、妻85歳。夫はある日、崩れるように倒れた。できれば死ぬまで自宅で普通の暮らしをしてもらう。夫、三浦朱門と過ごした夫婦「最後の日々」


バカ論

ビートたけし著
新潮社  778円(税込)


「一線は越えたのか?」と聞くレポーター、「やりたい仕事が見つからない」と語る若者。あらゆるバカを肴に芸や人生を語り尽くす。

いのち愛しむ、人生キッチン

桧山タミ著
文藝春秋  1,566円(税込)


健やかに生活する術、調理道具や調味料の知恵。自然に寄り添った食の大事を思い返す…。料理家タミ先生の初の著書。


ノーマンズランド

誉田哲也著 
光文社  1,728円(税込)


隠蔽された殺人。捨て置かれた犯罪。その裏ではもっと大きなことが無かった事にされている。

 alt=スピンクの笑顔

町田康著 
講談社 1,998円(税込)


保護犬としてやってきて十年。希望と共に生きたスピンクがつづった楽しき日々。突然の別れ。「スピンク日記」シリーズ最終巻。


 alt=国家への道順 

柳美里著 
河出書房新社 1,458円(税込)

国家とは、国民とは何なのか?「在日」問題を通じて問い続けた魂の叫び。

コメント