本と読者の楽しい出会いの場 ブックセンター滝山グループ

オススメの本・その他 を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

けやき新聞6月本のひろば掲載書籍

2016年06月23日 | けやき新聞

湊かなえ著 光文社 
1,512円(税込)

母と娘、姉と妹、男と女、ままならない関係、鮮やかな反転、まさかの結末。呆然、驚愕、爽快、感動--。様々に感情を揺さぶられる圧巻の傑作集。。


 マチネの終わりに

平野啓一郎著 毎日新聞出版
1,836円(税込)

結婚した相手は、人生最愛の人ですか?感涙必至。悲恋に泣いた切ない大人の恋愛小説。毎日新聞連載終了時には「マチネロス」続出の話題作。


半席

青山文平著 新潮社 
1,728円(税込)

分別ある侍たちがなぜ武家の一線を越えたのか。命をかけても譲れぬ思い、語るに語れぬ胸の奥。正統派時代小説の名品連作。直木賞受賞第一作。


赤い刻印 

永岡弘著 双葉社 
1,296円(税込) 

著者を短編ミステリーの名手として知らしめた「傍聞き」から8年。あの母娘が再び登場。巧緻な伏線と人生の哀歌が鮮やかにクロスする瞬間。待望の最新ミステリー集。


たどりつく力 

フジコ・ヘミング著 幻冬舎
605円(税込)

運命のとびらは重いほど中が明るい…。音を失った苦悩のピアニスト、フジコ・ヘミングが今伝えたいこと。数々の苦難と絶望を突き抜け如何にして視界を感動させるピアニストとなったのか。


若冲 名宝プライスコレクションと花鳥風月 

狩野博幸著 宝島社 
1,080円(税込)

大胆な構図、精緻を極めた筆運び、鮮やかな色使いで現代人をうならせる希代の天才絵師・伊藤若冲の傑作を大誌面で堪能。一番売れている若冲の本です。

コメント