本と読者の楽しい出会いの場 ブックセンター滝山グループ

オススメの本・その他 を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滝山ブックレビュー10月

2015年10月29日 | 滝山ブックレビュー

ブックセンター滝山グループでセレクト!
いろいろなジャンルから毎月オススメの二冊をご紹介します。

「雪の断章」

佐々木丸美著 創元推理文庫 950円

発売は1975年の名作。

 「森はいきている」が源になっている、メルヘンのようなミステリー。

主人公は孤児の少女。孤独な少女が成長していく中で「人は公平に悲しみと喜びの順番を待っているものだよ」という言葉を胸に生きてゆく。

儚さを秘めたミステリー。

コメント

けやき新聞10月20日号本のひろば掲載書籍

2015年10月26日 | 本の紹介

 犬に名前をつける日

やまだあかね著 キノブックス 
1,728円(税込)

飼い犬を亡くした著者が、犬のために人生を賭けた人たちと出会い、自分でも何かできると気づくまでの感動のノンフィクション!話題のドキュメンタリー映画原作本。


かまどの嫁2

柴はなは/Minou著 エンターブレイン 1,296円(税込)

菓子の妖怪は、陰陽師の側室に恋した。陰陽師に縁づいたのは霊力無しの嫁・鹿の子。妖ひとつ見えなくて、行きついたのは台所。鹿の子は菓子作りに励むが…。


上方スピリッツ

那須崇著 キノブックス 
1,728円(税込)

特殊な能力を持ってしまった少女と家族の絆を描いたミステリー。2つの不可解な事故と少女のつながりとは…。東野圭吾作家デビュー30周年記念作品。


<義貞の旗

安部龍太郎著 集英社 
2,160円(税込)

 

後醍醐天皇方として鎌倉幕府を滅ぼし、のちに足利尊氏・直義と激闘を繰り広げた新田義貞。激動の時代に歴史の表舞台を駆け抜けた雄の生涯を描いた傑作歴史小説。


優しいライオン
やなせたかし先生からの贈り物

小手毬るい著 講談社 
1,728円(税込)

やなせたかしの誌と出会い、詩人・小説家となった著者が“先生との45年間”を振り返り、やなせたかし氏の「愛と献身」の人生を綴る感動作。


サンタクロース物語 歴史と伝説

ジョゼフ・A・マカラー著 原書房 
1,944円(税込)

サンタクロースの伝承は、1700年前に生まれた。本書はその伝説のもととなったミラの教父聖ニコラスの物語を中心にまとめた子供から大人まで楽しめる一冊。

コメント