本と読者の楽しい出会いの場 ブックセンター滝山グループ

オススメの本・その他 を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滝山ブックレビュー9月

2015年09月28日 | 滝山ブックレビュー

ブックセンター滝山グループでセレクト!
いろいろなジャンルから毎月オススメの二冊をご紹介します。

「天下り酒場」

原宏一著 祥伝社文庫617円

県の役人が天下りで居酒屋チェーンにやってきた。初めは事務能力を駆使して店を黒字化させるが…。ありえなさそうで、ありえるかもしれない、奇想天外なブラックユーモア短編集。意外な結末が癖になります。

「命売ります」   

三島由紀夫著 ちくま文庫 734円

ピース又吉直樹もすすめる三島由紀夫の隠れた名作。命を売ろうと新聞広告に「命売ります」と出した青年の運命は?ユーモアかつ軽快な語り口のため、三島由紀夫って内容が重そう…と手を出せずにいる方におすすめです。

コメント

けやき新聞9月20日号本のひろば掲載書籍

2015年09月24日 | 本の紹介

 火花

又吉直樹著 文藝春秋 1,296円(税込)
売れない芸人と人気先輩芸人との出会い、別れ、そして再開。笑いとは、人間とは、生きるとは何かを書ききった、デビュー作にして第153回芥川賞受賞作品。


 流

東山彰良著 講談社 1,728円(税込)
1975年台北。祖父が何者かに殺された。当時まだその意味は分からなかった。日本、そして答えが待つ大陸へ。満場一致で直木賞を受賞した青春ミステリー小説。


 ラプラスの魔女

東野圭吾 KADOKAWA 1,814円(税込)
特殊な能力を持ってしまった少女と家族の絆を描いたミステリー。2つの不可解な事故と少女のつながりとは…。東野圭吾作家デビュー30周年記念作品。


 教団X

中村文則著 集英社 1,944円(税込)

神、運命、絶対的な闇、光とは何か。謎のカルト教団と革命の予感。4人の男女の「運命」が重なり合い、この国を根底から揺さぶり始める。p>


花燃ゆ 3

大島里美他著 NHK出版 1,512円(税込)

時代はいよいよ幕末。夫を失い、待つことしかできなかった自分を捨て、新たな道へ―。文の人生、第2ステージが開幕!


サラバ! 上下

西加奈子著 小学館 各1,728円(税込)

圷歩はイランで生まれ、大阪へ移住、そしてエジプトへ。そこではある出来事が待ち受けていた―。西加奈子作家生活10周年記念作品であり、第152回直木賞受賞作品。

コメント