見出し画像

明日また陽が昇るなら −カウンセラーもるものブログ−

【ココロノマルシェ】ご相談への回答 -人間不信がやめられない-

こんばんは。

アナタに明日への希望をお届けする「情熱の女」カウンセラー もるもです。

 

本日は、オンラインカウンセリングサイト「ココロノマルシェ」のご相談に回答いたします。

 

人間不信をやめたいのにやめられないとお悩みの ゆんちょ さんからのご相談です。

 

(以下、ご相談内容になります)

****

こんにちは。24歳 女です。

過去に 「人には表裏がある(本音と建前)」ということを 身をもって、衝撃と共に痛感させられる出来事を経験しました。

その出来事以降 友達にも 家族までにも 「そう言ってるけど 本当は真逆のこと思ってるんでしょ?」と 疑いの目を持つようになり、人間不信になりました。

特に 社会人になってからというもの、職場の人は みなさん本当に上手に裏表を使い分けており 余計に人間不信が加速しました。

そして 元々 人からどう思われているのか気にしがちだった性格に拍車がかかりました。

人にどう思われているのかが分からないことに対して 恐怖を感じすぎて動けません。また、失敗してしまった時には「こう思われてたらどうしよう」が止まりません。
考えてもどうしようもないことはもちろん分かっています。

自分がこれ以上傷つかないようにするために・自分が自分を守るために 無意識の中で 「人間を信じてはいけない」というブロックを作っているんだろうなというのは感じています。でも 顕在意識的には 人を信じられるようになりたいと思っています。

この、人間不信のブロックを外すには どのようにすればよいのでしょうか。

(このギャップを埋めるためにも 自己肯定感を上げることは必要なのだと思ってはいます。)

この先、生きていけば 悲しいことや傷つくこと 辛いことがあるのは当然。だったらこれ以上傷つきたくないし 何も感情を感じたくないから 人間辞めたいって思うばかりの毎日です。

まとまりのない文章ですみません…。

****

 

(以下、回答になります)

****

こんばんは。

この度はご相談をお寄せくださり、ありがとうございます。

 

44歳 女 他人にどう思われるか気にしまくっているチキンなカウンセラー もるもよりご回答させて頂きます笑

 

人は「人間」という言葉の通り、人と人との間に生きて、人と協力しあって生きていく動物です。

 

なので、自分が他人からどう思われているのか、どう評価されているかを気にするのは自然なことです。

 

それ自体を問題視する必要は全くありません。

 

しかし、ご相談文を拝読していて、ゆんちょさんの場合は他人からどう思われるかを気にする度合いがあまりにも大きくなってしまい

 

ご自身の中で「他人の目線」が強大なるモンスターと化し

 

常にそのモンスターにご自身が監視されているような気がする状態にあるのかなと推察いたしました。

 

誰かに監視され、ダメ出しされているように感じながら生きるのは辛いですよね。

 

なので、ゆんちょさんには他人の目線をモンスターから通常のレベルまでダウンさせることが必要になります。

 

それにあたり、もしゆんちょさんと直接お話ができるのであれば、一つお伺いしたいことがあります。

 

ゆんちょさんは他人にどう思われるかを気にされていらっしゃいますが

 

では逆に、ゆんちょさんご自身は他人のことをどう思っているのでしょうか?

 

ゆんちょさんは、他人を信じられなくなるきっかけとなった出来事として

 

>過去に 「人には表裏がある(本音と建前)」ということを身をもって、衝撃と共に痛感させられる出来事を経験した

 

と書かれています。

 

おそらくこの内容から、ゆんちょさんは他人から裏切りと思われる行為をされた経験がおありなのだと思います。

 

それ自体はとても悲しい出来事だったと思います。

 

では、今度はゆんちょさんご自身のことを振り返って考えて頂きたいのですが

 

ゆんちょさんはその裏切り者と同じように「他人を裏切ろう」とか、「本音と建前を使い分けて対応しよう」とか

 

そんな風に考えたことはおありでしょうか?

 

もし、そんな風に思ったことが全く無いのだとすれば

 

ゆんちょさんと同じように、裏切ることも本音と建前を使い分けることもしようとしない人は他にもいるはずだと思いませんか?

 

また逆に、ご自身も結構同じことを思っているのだとすれば

 

「所詮人間なんて本音と建前を使い分けるもんだよね〜。私だってそうだしね」と

 

ある意味達観し、諦めてしまっても何ら問題はないと思いませんか?

 

少なくとも今のように苦しむ必要は無いですよね?

 

なぜこの質問をしたのかご説明します。

 

この世はゆんちょさんの心の中の投影で成り立っています。

 

ゆんちょさんが「自分は人を裏切らない」「本音と建前を使い分けない」と思っていれば

 

この世の人はみんな誠実で素直に本心を言っているように見えますし

 

逆にゆんちょさんが「私は人を裏切るかも・・・」「私も本心を人前で言ってないかも・・・」と思っていると

 

この世は裏切りと建前に満ちているように見えます。

 

たいそう回りくどい説明をいたしましたが

 

ゆんちょさんが「人を信じられない」「人は本音と建前を使い分けている」と思うのであれば

 

それはゆんちょさんご自身がご自分の思いや考えに自信が無かったり、本心を他人に向かって言っていない可能性が高いです。

 

人は、自分の思いを正しく認識し、それを外に表現することに喜びを感じる生き物です。

 

それが出来ないと自分の本心が見えず、心が引き裂かれている状態に陥りますので

 

ゆんちょさんの心の中に強いストレスを生み出します。

 

ですので、まずはゆんちょさんがご自分の本心に気づき、それらを外に出していくことをお勧めします。

 

・・・とは言っても、いきなり他人に向かって表現するのは勇気がいりますし、言われた方もびっくりするでしょうから

 

まずは一人きりになれる環境で、ご自分の気持ちをノートに書き出してみることをオススメします。

根本裕幸お師匠が推奨される「御恨み帳」に近い内容です)

 

最初はひどい言葉たちが出てくるかもしれません。

 

「私は私が嫌い」

「私は親のことが嫌い」

「私は兄弟のことが嫌い」

「私は職場の人たちが嫌い」

 

・・・こんなひどい言葉たちで全く問題ありません。

 

むしろ、こんな言葉の方が望ましいくらいです。

 

ご自分の心の中に有害なものとしてしまい込んでしまった他人への怒りや悪口を存分に吐き出してください。

 

吐き出し切った時には、少しスッキリするとともに

 

「これだけ自分が他人のことを悪く思っているんだから、他人が自分を悪く思っていると思い込んでも不思議は無いな」

 

と思えるようになります。

 

えっ?「それじゃ何の救いにもならないじゃ無いか」って?

 

ご安心ください。

 

他人への怒りや悪口を吐き出した後には、今度はそれらに隠れて見えなくなっていた「愛」と「許し」が見えてきます。

 

しかし、それらはあくまで怒りや悪口を吐き出した後にやってきますので

 

どうぞ焦らずに、まずはご自分の気持ちを吐き出すことを最優先してください。

 

もしお一人では気持ちを吐き出すのが難しい際には、ぜひカウンセリングセッションをご検討ください。

 

カウンセラーもるもがゆんちょさんのご経験や感じていることを掘り下げてお伺いしながら、ゆんちょさんに変わって怒りの文言案をご提示し

 

ゆんちょさんがご自身の気持ちに気づき、吐き出し、その先にある他人への愛や許しに気づくためのお手伝いをさせていただきます。

 

ゆんちょさんがご自分の気持ちに気づき、その気持ちにまっすぐに行動することにより、ご自身も他者も愛し・許す日を迎えられることを

 

私は心よりお祈りしております。

 

ご参考になりましたら幸いです。

********

(以上です)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

素敵な金曜日を。

 

****

アナタに明日への希望をお届けする「情熱の女」カウンセラー

もるものセッションお申し込みはこちらから。

 

アナタのネガティブ・影・恐れ・不安を カウンセラーもるもが愛・価値・夢・希望へと変えます。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「ココロノマルシェ回答」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事