susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

菊花賞19(予想)

2019-10-20 00:46:33 | 菊花賞
土曜はゴルフに行ってきました。
土砂降りの雨の中、出発しましたが、スタート時は小雨となり、途中から雨はやみ、なんとか無事終えました。
結果は、雨のせいで、朝の練習が、全く出来なかったせいか、前回よりも悪かったですな・・

日曜の京都メインレース、菊花賞の予想
芝 3000M G1 馬齢 18頭立て

あまりの低メンバー構成で、予想のやる気が、あまり起きませんが、それでもG1なので、ちゃんと買います。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

次週の秋天は、人気馬の激突で、荒れてほしくないので、ならば、荒れるなら、ここということの穴予想。

◎サトノルークス

過去10年、セントライト記念組が馬券になったのは、5頭。
その5頭の特徴は、すごく簡単、「関西馬」ってこと。
このパターン、先週の秋華賞で、紫苑S組の選定と同じですけど、それで失敗したけど、大丈夫か。。今度は大丈夫。
今年の低メンバー揃いの相手なら、夏の上り馬を本命にしたいところだが、秋華賞の結果を見ると、それも危険か。
ならば、皐月賞、ダービーは惨敗も、春3連勝した実績を改めて評価し、思いのほか、人気してないこの馬が本命。
セントライト組はリオンリオンが回避となってしまったので、ならば、繰り上げで、この馬の出番となる。
サートゥルが回避して、ヴェロックスが繰り上げで1番人気なっているのと同じ図式だ。

前走は、リオンリオンに完敗も、直線で前が塞がり、追い出し遅れてのもので、スムーズならもっと際どかった。
京都は1800戦ですが、圧勝経験があるし、関西圏では、まだ一度も崩れておらず、コース替わりで一発ある。
京都圧勝経験あり、すみれS勝ちのセントライト記念経由馬は、2年前のクリンチャーで同じで、穴気配。

近年の菊花賞は、スタミナだけの血統では通用しなくなっているようで、現在4年連続ディープ産駒が馬券に。
ならば、この馬が、ここで激走しても、何ら不思議なし。
母父サドラーズウェルズでスタミナも補給されており、姉タッチングスピーチは、エリ女3着、京都記念2着と京都実績もある。

鞍上の福永は、3年目、9番人気レインボーラインで2着するなど、長距離戦で一発やってくれる騎手で頼りになる。
池江厩舎とサトノといえば、サトノダイヤモンドでここを勝ってますし、5番人気ノブレスでも2着がある。
サトノ初のG1勝ちが、菊花賞であり、そこから、バンバンG1を勝ったわけだが、再び、その舞台で。
そんなサトノも、今年は、G1どころか、重賞をまだ1つも勝ってないので、そろそろの予感がするのだが。


○ヴェロックス

皐月賞、ダービー3着内馬が、この馬しかいないメンバー構成で、負けるわけにはいかない。
秋華賞の結果が、春クラシック実績馬同士の決着ですから、このメンバー相手に、この馬が3着を外すことは考えられない。
今の菊花賞は、あまり血統を気にする必要もなくなっており、3歳同期相手なら、絶対能力の違いで、3000も問題なしか。


▲ユニコーンライオン

ここ3年連続、菊花賞は岩田を本命にしていたので、今年もそのつもりだったが。
さすがに、父がスプリンターG1の馬を菊花賞で本命にするのは、躊躇してしまいました。。。
それでも、母父サドラーズウェルズ系なので、母系には、それなりにスタミナがあり、3000mにも対応できるとみた。
何より買い材料は内枠に入ったことで、ここ10年で見ても、内枠の馬が8年で馬券になっており、穴は内から。
神戸新聞杯は、スタートで躓き、ダッシュつかず、後ろの位置取りになり、この馬の競馬が出来ず終了。
って、それよりも、上り32秒台の完全な瞬発力勝負となり、それでは、この馬の出番はない。
今回、岩田は「デルタブルースの時のような競馬をする」と言っており、早め抜け出しの競馬で一発を狙う。
幸い、前に行くリオンリオンが回避になったことで、先行勢は楽な展開になりそうで、今回は、とにかく前へ!


△ホウオウサーベル

近年のトレンド、阿賀野川特別勝ち馬ですから、買っておけ。
しかも、その阿賀野川特別が、5馬身差の圧勝劇ですから、それだけで買いの馬です。
ハーツクライ産駒の春天の実績から菊花賞でも適正高いと思ったら、菊花賞では結果が出てないようで。
昔のダンスインザダーク産駒の逆パターンですが、もう最近の菊花賞は、あまり血統にこだわる必要もないか。
3日間開催で、この馬にしか乗らない蛯名のベテランの手腕にも期待しましょう。


△ヒシゲッコウ

前走2600m戦を2馬身差の圧勝実績だけで、今年のメンバーなら買いです。
鞍上スミヨンの手腕にも期待ですが、元々、この馬には、ルメールが乗りたいと言っていたようで、評価が高そうです。


△ワールドプレミア

今年のメンバーなら、普通に神戸新聞杯3着の実績だけで、買いです。
ディープ産駒を本命にしている以上、同じディープ産駒で京都2勝のこの馬も当然、押さえなければ。

馬券はサトノルークスを軸に3連複と馬連で勝負!!

コメント   この記事についてブログを書く
« 【POG】レッドルレーヴが... | トップ | 菊花賞19((結果))☆☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

菊花賞」カテゴリの最新記事