susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ジャパンC18(予想)

2018-11-24 23:45:29 | ジャパンカップ
ほぼ迷いなく、こんなにスンナリ予想できたのは、今年初めて。
だからといって、当たるか、どうかは、別問題なのだが。。。

日曜の東京メインレース、ジャパンCの予想
芝 2400M G1 定量 14頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎シュヴァルグラン

このレースも、リピーターG1であり、この馬の連覇に期待だ。
前走は、春天以来の5ヶ月半ぶりの休み明けということもあったし、完全に、ここへの叩き台で、結果は参考外でよし。
今年の春天、そして、昨年のJCが、そうであったように、叩き2走目できっちり変わるタイプであり、狙いはここ。
当初予定していたボウマンが乗れなくなったのは誤算も、デムーロ弟を確保出来たので、まずは一安心。
昨年も、当初予定のミルコからボウマン変更が、結果オーライにつながったからね。
そのデムーロ弟、土曜は9鞍乗って、ノー連対でしたので、日曜に帳尻合わせて、土曜の鬱憤晴らすはず。
馬自身も、外国人騎手が騎乗した時の成績が[2-2-2-0]と馬券を外しておらず、ここも3着は外さないとみた。

ただ、先週のマイルCS同様、このレースも6歳以上の高齢馬の好走が少ないのが、不安材料ではある。
過去10年、6歳以上の好走例は、7歳トーセンジョーダンと同じく7歳ジャガーメイルの2頭のみ。
トーセンジョーダンは、5歳時にJC2着、ジャガーメイルは、6歳時にJC4着も0.1秒差の接戦。
つまり、リピーターであったということで、シュヴァルグランもその資格ありで、問題なし。
あと、2頭ともG1馬という共通点もあるが、それも、クリアーしており、年齢による凡走はないとみた。

友道厩舎は、マカヒキも登録していたものの、疲労を理由に回避。
ここは、シュヴァル1頭で、事足りるとの自信か。
他にも、ワグネリアン、エタリオウと、有力馬を引っ込めており、1頭集中の本気体制だ!

あえて、気になるところを上げれば、3年連続馬券になった馬は、いないとことなのだが。
2連覇を達成したジェンティルドンナの3年目は、1番人気に支持されながら4着でした。
ジェンティルの場合、前走の秋天で、休み明けながら2着と好走し、その反動もあったのかもしれない。
しかも、その時は18頭のフルゲートで、先着を許した3頭は、全てG1馬でしたからね。
その点、こちらは、前走、疲労も残らない負け方だったし、14頭とフルゲート割れだし、3年連続好走は充分可能だ。
昨年負かしたレイデオロ、キタサンブラックがいないメンバー相手なら、今年もチャンスとみるのが必然ね。


○アーモンドアイ

この10年で、3歳牝馬の好走は3頭いるが、3頭の共通点はオークスで馬券になっていること。
牝馬に限らず、3歳牡馬も、ダービーで馬券になった馬が、ここでも馬券になっており、同じ東京2400mの実績が大事。
その観点から行けば、オークスを圧勝しているこの馬が、ここでも好走する可能性は極めて高い。
あえて不安を上げれば、ルメールに勢いがなくなって、少し悪い流れになっていることぐらいか。
ただ、レイデオロを有馬に回してまで、この馬に乗ったからには、必ず、結果を出さないといけないわけで。
マイルCSは不利に泣いたが、今回も、最内枠で、包まれる不安はあるが、頭数も減ったし、広い府中なら。


▲スワーヴリチャード

不利と言えば、前走の大敗は、その不利が全てで、参考外の1戦。
ただ、スタートの課題はつきまとっているわけで、今回も、出遅れの不安はあるのだが・・・
馬のメンタルについては、走ってみないと分からないことなので、ここは考えないことにしよう。
あと、今回、ゲート練習に重点をおき、追い切り方法を変えたのが、吉と出るかどうか?
でも、こちらも、頭数が減ったのは、プラス材料だし、今回、ミルコは前に行くと宣言しております。
勿論、前目に付けるためには、スタートが大事となってくるわけだが、そこさえクリアーしたら、勝つのはこの馬か。
シュヴァルと同じハーツクライ×ミスプロ系という血統構成からも、シュヴァルとのワンツー決着も充分あるぞ!

サトノダイヤモンドの前走の勝ちっぷりは、復活というには、ちょっと物足りない内容。
でも、今回は、鞍上がモレイラなんだよなあ。。。消すのは、危険すぎるわけだが。。。
ただ、京都大賞典勝ちから、ここでも馬券になったのは、この10年ではキタサンブラックのみ。
キタサンは、その年、春から好調を継続中だったことと、東京コース勝ちが既にありました。
サトノダイヤモンドは、この2点が該当せず、無理やりだが、消しとする。

キセキは、東京2400mの実績がなく、菊花賞馬だけど、折り合いに不安あり、距離延長がプラスにならない。

よって、馬券は、印の3頭の3連複1点で勝負!!

コメント   この記事についてブログを書く
« 【POG】ラヴズオンリユー... | トップ | ジャパンC18((結果)) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャパンカップ」カテゴリの最新記事