susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

ダービー13((結果))

2013-05-28 22:04:41 | 日本ダービー
2013年5月26日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 1 △キズナ       牡3 57 武 豊 2:24.3 1
2[5] 9 ◎エピファネイア   牡3 57 福 永 1/2 3
3[2] 3  アポロソニック   牡3 57 勝 浦 1.1/4 8
4[8] 16  ペプチドアマゾン  牡3 57 藤岡康 ハナ 13
5[4] 8 △ロゴタイプ     牡3 57 Cデム ハナ 2
6[6] 11 △テイエムイナズマ  牡3 57  幸  3/4 14
7[3] 6 △ラブリーデイ    牡3 57 川 田 クビ 17
8[5] 10  タマモベストプレイ 牡3 57 和 田 ハナ 10
9[1] 2  コディーノ     牡3 57 ウィリ 1/2 4
10[7] 15  フラムドグロワール 牡3 57 北村宏 アタマ 11
11[3] 5  メイケイペガスター 牡3 57 藤 田 クビ 6
12[8] 17  レッドレイヴン   牡3 57 内 田 アタマ 9
13[4] 7 ○ヒラボクディープ  牡3 57 蛯 名 3/4 5
14[7] 14  アクションスター  牡3 57 戸 崎 1/2 16
15[7] 13  マイネルホウオウ  牡3 57 柴田大 クビ 7
16[2] 4 ▲クラウンレガーロ  牡3 57 三 浦 3.1/2 15
17[6] 12  サムソンズプライド 牡3 57 田 辺 クビ 12
18[8] 18  ミヤジタイガ    牡3 57 松 山 3 18

払戻金 単勝 1 290円
    複勝 1 160円 / 9 240円 / 3 960円
    枠連 1-5 690円
    馬連 1-9 970円 / 馬単 1-9 1600円
    3連複 1-3-9 17130円 / 3連単 1-9-3 54950円
    ワイド 1-9 460円 / 1-3 2630円 / 3-9 4470円

福永はまだダービーを勝てる時では、なかったということか・・

今回の騎乗については、とくに文句もなく、とてもうまく乗ったと思います。
前半、多少掛っていたものの、ラチ沿いの馬込みに入れて、しっかり折り合いをつけました。
道中、馬が躓いたシーンを見た時には、ソエ情報もあっただけに、故障発生か!と、ものすごく心臓に悪かったよ。。
落馬寸前になりながらも、福永はすぐに立て直し、ほぼロスなく立ち回ったと思うが、あれがなければとも思ってしまうが。
ここ一番の舞台で、躓くというもの、福永に運がないというか、持ってないというか、まだダービーを勝たせてもらえないということか。

直線もいいタイミングで追い出したと思うけど、今回は、相手が1枚上だったということか。
ダービーの勝ち方を知っているジョッキーと、13連敗中のジョッキーの差が、ゴール前に出たということか。
福永の騎乗に文句はないが、昨年のゴール前の岩田のような気迫、執念のようなものが、感じられなかったよな。
福永は感情を表に出さないタイプでしょうが、気迫、執念のようなものが馬もに伝わらないんだよなあ。
福永はレース前のコメントで「ダービー馬になることは、馬には関係ないことだから」みたいな発言をしていたが。
そうじゃないんだよ。馬と一心同体、一緒になって、なんとしてもダービーを勝つという熱い想いがほしいのだよ。

エピファネアの単勝、馬単、3連単で大勝負した身としては、騎乗に文句はないけど、愚痴は言いたくなるわけで。
まあ、キズナの評価を落とした予想をした時点で、私の今年のダービー予想はハズレてたんですな。。

前が残る今の東京芝コースで、あの位置から豪快に差し切ったキズナは、ほんと強かった。
武豊もキズナの力を信じて、いつもの競馬を変えず、追い出しもバッチリのタイミングでしたね。
直線向いた時に、2頭の挟まれる感じで、前が空かなかったのだが、持ってる騎手には、直ぐに進路が開く。
その2頭の騎手とは柴田大と和田であり、これが外国人騎手か地方出身騎手なら、進路は空けなかっただろうな。
今年のダービーには武豊に運もあったということか。
柴田大騎手、和田騎手が、奇しくも福永の同期騎手というもの、なんという偶然なんでしょうか。

馬券のポイントは3着アポロソニック。
今年もまた青葉賞組を買わずに、馬券を外す結果になるとは・・・
2年連続、青葉賞馬を買わずに馬券を外し、今年はしっかり青葉賞馬を買ってはいたが、2着馬とは・・
基本、青葉賞組は、勝ち馬以外は、ダービーでは用なしということで、そのままそれを今年も信じたわけで・・
しかし、今年は、例年になく前が残る馬場状態であり、穴馬は内枠に入った先行馬とは決めていたものの。
選んだ内枠の先行馬クラウンレガーロの隣の先行馬というオチとは・・・

今回、もう1頭の逃げ馬サムソンズプライドが、外枠に入り、陣営もハナにこだわらないと言っていたので、アポロの単騎逃げは想定出来たが。
更に、この日の9レースは同じ2400m芝で、逃げ馬が、2着に粘っていたことからも、逃げ馬には注意が必要でした。
とはいえ、青葉賞は展開に恵まれての2着という評価の馬が、再度の逃げで、ダービーでも馬券になるとは想像出きず。
父ビッグブラウンは、よく分からんが、父父バウンダリーは、日本ではスプリンターのサーガノヴェルでお馴染み。
しかし、母系を見ると、母父はキズナと同じストームキャット系ですし、ロベルトの血も持っておりました。
エピファネイアを本命にしたのなら、同じクリスSの血を持つ、アポロソニックも買っておくべきだったかな。

ゴール前、外からテイエムイナズマ、内からラブリーデイと、2頭の我が穴馬がいい脚で突っ込んできたんですけど。。
前が止まらない馬場状態の中ですから、後方からの追い込みでは、あれが精一杯でしたね。
勿体無かったのが、ラブリーデイ。
本来、先行するはずの馬が、1コーナーでごちゃつき、騎手が立ち上がるほどの不利があり、位置取りを下げる。
結局、いつもよりも、かなり後ろからの競馬となってしまい、最後、いい脚で追い込みも届かず・・惜しい。。
タラレバですが、ラブリーデイ3着なら、3連複でも10万馬券近い配当だったですけどねえ・・

というわけで、またハズレ、馬連なんて買ってません・・・春のG1は残すところ、あと2つ。
ブログ存続をかけた戦いが、安田記念と宝塚記念の2つを残すだけとなってしまった。
昨年、大穴取りそこねた安田記念で、今年は、今年の大負け分を一気に取り戻す穴馬券を当てたいところだが。
当たる気配は、どこにもありません・・どうする我が競馬人生。。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (7)   トラックバック (1)