相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

◯◯相撲(その235)

2019年01月05日 | 日記

【放蕩相撲】

『山梨の相撲』(窪田薫著)に、神内川の辻は一名

放蕩相撲という、とある。山梨市下神内川字福地

の八幡大神社は、江戸末から奉納相撲が行われて

いる。同県特有の高土俵である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ◯◯相撲(その234) | トップ | ◯◯相撲(その236) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事