白馬に乗った玉子(リネージュ2プレイ日記 in リオナ)

リネージュⅡリオナサーバで、馬主を中心に活動していました。2012年1月育成中止。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歩いてゆこう

2006-11-23 23:35:22 | 白馬に乗った玉子
同盟チャットでは、「スキル習得レベル間近ならばモチベーションが上がり、奇数レベルを迎えるときはやる気が起きない」と皆さんおっしゃっています。
私も一年ほど前はそんな傾向がありましたが、最近は全く気にならなくなりましたね。レベルが上がるごとに狩り場をどうしようかな…とは考えますけれど。
72レベルになったならば、聖者の渓谷とは完全にお別れになると思います。代わりに傲慢の塔五階でのソロ狩りが可能になりそうで楽しみです。
業者が多くて狩りづらいですけれど、アルゴスの壁の牛や犬(出血をかけてくる)、目玉の出る地帯もよさそうですね。あの犬は動物の骨の破片を複数落としてくれますから、種は植えずにおきます。クエスト「光の影」も終わらせたいです。
火炎の沼は、古くからの召喚士さんにはなじみの狩り場なのでしょうか。ゴダード、ルウン地方のなかった時代には、70台のソロ狩り場にあまり選択肢がなかったのかと思います。まだコンジャー一家を相手にしたことがありませんから、一度は倒してみたいです。

さて、盟主のUNAGIさんがいるときには、「より奥へ」「より上へ」狩り場の難易度が上がっていきます。
傲慢の塔七階で狩っていると、ダーククリスタルブレストプレートが出ました。上着が床に落ちているグラフィックをまじまじと見てしまいましたよー。
露店での販売をお願いし、私は七階に残ってログアウトしました。

翌日は同じ七階にて、野良パーティーに参加。メンバーをお一人ずつ召喚しました。セラ天の詠唱ディレイ短縮スキルを使い、八回のサモンフレンド。
「玉ってどこで売ってるの?」
「傲慢7F以上なら安いね」
「一度は経験してみたーい」
「メンシーかかった @@」

いろいろな反応をいただけました。驚いたのは、相手が召喚に応じてもキャンセルしても、私の武器のオプションであるメンタルシールドが発動してしまうことです! 離れていても、サモンフレンドは「いい魔法」として効果を及ぼすようです……。
布染めパーティーではレベルアップせず、クラン新メンバーさんとレース場でお会いするために狩り場離脱。
久しぶりに新メンバーさんをお迎えできて嬉しいです。まずはアカデミーへの入団となりました。

さて、その後は同盟ハントです。温泉地帯へ向かったのですが、尋常ではない混雑に敗北。狩り場を変える提案をさせていただきました……。
他のパーティーに干渉されない、敵の奪い合いにならない場所といえば次元の狭間です。ノンノン姉さんも呼び、70台狭間に挑戦です。
スポンジャーさんにターゲットリーダーを任せ、私は初のPTL。マーター部屋は飛ばし、安全に稼ぐことができました。
二度目の狭間挑戦時に盟主が合流。HP1/4のモンスターがたくさん湧く部屋では、盟主と私のメロウ二頭、ノンノン姉さんの範囲魔法で一網打尽。ビショップのティーカさんも嬉々として対アンデッド魔法で討ち取っていました(笑)。
狭間時間の終わり頃にレベルアップしました。71レベルの間に消費したCクリスタルは1164個、Dクリスタルは2356個でした。
花火を打ち上げていただき、まぶしくて画面が見えなかったです(笑)。これからも焦らずゆっくり歩いてゆきます。

エレメンタルサマナー 72レベル 0.16% 狩り場:温泉地帯、傲慢の塔、次元の狭間
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 縁起のいい塔 | トップ | 前夜 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レベルアップおめでとうございます (アレキサス)
2006-11-24 18:55:22
72レベルですか、おめでとうございます。
ここまで大体同じペースだったのですが、ついに一つ上のユニコですね^^
私はいつ70から上げられるのだろう^^;

ところで傲慢より、亡者をオススメします。
タラムでなくても、まったく困りません。
悲鳴の沼に渡る橋の左手が、私がよくいくスレイヤー地帯です。メロウで充分狩れます。
私たちのレベル帯ではアデナ、経験共にあそこを超える狩場はないかと思います。
これからも頑張ってくださいね。
ありがとうございます (TravelersCheck)
2006-11-26 21:15:39
アレキサスさん
リオナでは傲慢のパピルスを販売するとお小遣いになるのですが、そちらはいかがですか?

亡者の森、暗くて地図上に道がはっきりしないため、迷子になるんですよねぇ(困)。
聖者の渓谷なら任せろ!って言えるんですが(笑)。
クエスト報酬の素材も魅力ですし、こそこそ向かってみようかなぁ。

コメントを投稿

白馬に乗った玉子」カテゴリの最新記事