ジョーとハイジ

趣味で写真を撮っています
OLYMPUS OM-D EーM5MARKⅡ
ソニーNEX6使用

8月4日 北山友禅菊①

2018-08-14 20:03:29 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

写真があまりに季節感がなさすぎるので、

昨年から行きたかった北山友禅菊を見てきた写真をお送ります。

神戸から車で2時間少々、とても遠い場所でした

到着しますと、この美しい紫の菊

 一面に咲いています。

 京都市左京区久多地区

 こんなのどかな景色も京都市内です

 

 オニユリと共演

 自宅を7時ぐらいに出たので9時半ぐらいだったでしょうか

 ここの撮影に来られる方は、朝いちばんに行かれるそうです

 朝焼けが綺麗でしょうねぇ 蜂さんいます

台風の前日でお天気が悪くて残念

オニユリさん

 

10時近くなると雨が降ってきて、水滴が美しい 

 

まだまだ続きます

 

コメント

8月1日 上七軒の八朔 市さん編④

2018-08-13 15:53:18 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

市さんはとても丁寧にあいさつ周りをされていました。

扉をあけて

切り取ってみました

出てくる・・・

 

暑い日でしたので、

影があると楽だけど暑い!

京都は細い道が多いです

 

笑顔で出てこられる二人

 

ここは糸仙さん。中華料理店です

そろそろ終盤ですね。

ニッコリ笑顔の市彩さん 後ろには中里さんご一行が・・・

暑いのに、笑顔で偉いですね

暑い暑いって言っちゃダメだな、と思います

尼寺さんへご挨拶

かっこいい

笑顔が素敵ですね

出てこられて・・・

組合にご挨拶を終え

出てこられて

次に行かれます。 先には大文字さんご一行が・・・。その先にはカメラマンさんが。。

これにて市さん編は終了です。

 

コメント

8月1日 上七軒の八朔 市さん編③

2018-08-12 15:26:15 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

市さんの続きです。長いですよ、市さん編は(笑)

市彩ちゃん、偶然カメラ目線でありがとうございます。

暑いのに皆さん爽やかです

楽しそうな声が聞こえてきそうですね

入口でご挨拶されているところです

やわらかい表情です

華がありますね。

広角編

次の場所に移動です

 

中里さんへ

中里さん ここも置屋さんです

 

市多佳さんの写真で一番のお気に入りはこれです。

 

笑顔で・・・

トンボのかんざしがよくお似合いです。

上品に扉を閉める

市多佳さんが出てこらるところ

市まりさん

素敵なお姉さん芸妓さん

まだ続く///

 

 

 

 

コメント

8月1日 上七軒の八朔 市さん編②

2018-08-11 15:00:00 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

市さんのご挨拶の続きです

上七軒通りで、ご近所さんにお会いしたらしくご挨拶されている様子です

去年の八朔挨拶回りは暑さのあまり、みなさんどんよりしておられましたが

今年の方が暑い気がしますけど、なんだか楽しそうに挨拶周りされてますね。

のがみさんへご挨拶

彩ちゃんの置物がとても素敵ですね。

市多佳さん

暑いので、日傘は欠かせません

大所帯の市さん、挨拶周りも大変

喫茶 梅さんへご挨拶から出てこられた彩ちゃん

颯爽と傘をさしておられます

すぐそこには北野天満宮

おや、先に見える黒紋付は・・梅たえさん?ふみ幸さん?

初めて芸妓さんの踊りを見たのはこの方でした。

梅志づさん とても綺麗で撮りまくりました(笑)

一番奥から、目線があってる市彩さん。いい表情です

撮られているのがわかっているかな?柔らかい笑顔です。本当にありがとう

暑い日だったのに、爽やかな笑顔が素敵です

くろすけさんでのご挨拶を終えて、次の場所への扉を開けるのに小走りになる市彩さん

仕込みさんが無事に舞妓さんになったら、この役目は次の子なんでしょうね。

今年中に髪の結い方もお姉さん舞妓の「おふく」になるのかしら・・・

今は「割れしのぶ」という若い舞妓さんが結う髪型です。

まだまだまだ続きます

コメント

5月3日 滝撮影 黒滝と尼ん滝

2018-08-11 06:00:00 | ①カメラを持ち夢中でお散歩

この日は兵庫県の滝を撮影に行きました。

まずは黒滝

 なかなか涼し気な滝です

 下の斜めから撮ってみる

 シャッタスピードを早くしてみます

 正面から

 少し離れて撮ってみます

 上から

 明るすぎてシャッタースピードを落とすと上手くいきません。

 滝などを撮る時に使う、NDフィルターが欲しい

 滝の奥から見える緑が綺麗

 そこの緑が綺麗に見えるようにとってみました。

 黒滝から次の滝に移動中に撮った道

ゴルフ場だったようで、カートが通ってました。

高所恐怖症の方はこのゴルフ場を使えないですね

 道沿いの川に咲いていた藤

車を止めてみてきました。

 思い切って川のそばまで降りて。。。

 ここは尼ん滝といいます

 暗い場所にある滝だったので、撮りやすくて助かりました(笑)

 周りの深緑も美しい

 上から滝壺を眺めます

 う~ん、NDフィルターが欲しい

 すこし奥にいって、水の流れを撮ります

 ああ、マイナスイオン

 涼しいというより寒いぐらいでした(笑)

 滝は癒されます

 しつこく撮りましたが、そろそろ終了。藤も写っているのがわかりますか??わかりにくいわ。。 

コメント

8月1日上七軒の八朔 市さん編①

2018-08-10 15:00:00 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

市さんの八朔ご挨拶の様子です

何気にこの通りにいたら、市さんご一行が来られたのでホっとしました。

愛想よしの舞妓さん 市彩ちゃんが気づいてくれて・・

満面の笑顔をくれました。

ここまで1時間近く猛暑の中待機していたので、この笑顔で救われました。

最近芸妓さんになられた市多佳さん、綺麗になられました

最年少さんが扉をあけて、最後に入ります。

出てくる時も、一番下の彩ちゃんが開けて

お姉さん方が出てこられます。

梅志づさんです

 

あら、梅乃さんとこの梅たえちゃんも出てこられました。

一番お姉さんも芸妓さん、そして奥にはしっとり美しい市まりさん

前回の梅たえちゃん編でも上げた写真ですが、流れはこんな感じでした。

 

 

梅たえちゃんとお別れしてから、次に向かいます。

後ろに振りかえり、安全確認かな

老松さんにもご挨拶

ここの晩柑糖が食べたい・・美味しいそうです。お高いけど。。

別の場所へ移動して

市彩ちゃん狙いでしたので、ずっと市さんについて周ってました。

 

上七軒で一番新しい置屋「勝ふみ」さんへご挨拶

奥の市まりさんの表情が優しい。

いつも元気いっぱいの雰囲気の彩ちゃんですが、やはり舞妓さんはしっとりしてはります

挨拶を終えて出てこられました。

市多佳さんが

舞妓さん時代もよかったですけど、この方は芸妓さんになってからの方が美しくなった気がする。

 

再び挨拶をして、移動です

市さんはまだまだまだまだ続きます。あまりに長いので、途中別の置屋をはさみます

 

コメント

5月1日 妙満寺、神泉苑のツツジ

2018-08-10 06:00:00 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

八坂神社での舞妓さん撮りを終えた後、時間があったのでツツジの撮影へ。

どこかまだ綺麗な場所は。。。と選んだのが妙満寺

しかし、見頃はすでに過ぎておりました。

お花が茶色くなっていて残念

 

何とか綺麗に見える場所を探して

敷地内に入ります。

 

日影になっている場所はまだ綺麗です

木の陰から覗いて。。

このお寺は50年ほど前に移築されたそうです。

現在は国際会議場の近くになります。

遠目にとれば綺麗ですけど、実は・・です

来年は見頃に行きたいです

一週間見頃が遅かった。。

綺麗な場所だけ選び撮りました

さて、次に向かったのが二条城近くの神泉苑

この龍と躑躅のコラボを撮りたかったのですが

お花の付きが悪くどうやっても思った絵にならず残念

今年は暑かったのでお花の付きがいつもと違ったようです

とっても綺麗に咲いている場所もありました

朱色の橋が綺麗です。外国人観光客も喜んでここで記念撮影されてました。

水面に映り込んだ躑躅

リフレクションといわず、水鏡といいたい

 

ここは綺麗だったのね。と写真を見直して思います(笑)

二条城近くで、こんな癒しの場所があり、京都は豊かですね

このアヒルさんたちは、ホンモノですよ。

この龍の後ろのサツキが綺麗に咲いていたらねぇ。。残念でした。

お池に映る深緑と躑躅

プカプカ浮かぶお花

そこをズームで切り取る

水に映る躑躅

 

すでに夕方近く。光も斜めで優しくなってました

ここも来年、あの龍と躑躅を撮りに訪れたいです

コメント

5月1日 祇園甲部  都をどり終了報告祭①

2018-08-09 15:00:00 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

今頃なんですが、5月の祇園甲部の写真を上げてないことに気づきあげます。

なんで忘れてたんだろう。。上七軒の八朔の合間ですが、前半を上げます

到着したら、すでに芸舞妓さんたちが集まっておられてました💦

 

美月さんの爽やかな笑顔に引き込まれて撮影(笑)

ちなみにこの日はナンバーワンの紗月さん、実佳子さん、茉莉花さんはおられませんでした。

この日は、この後に里帰りする舞妓ちゃんもいるようで、髪を結っていない舞妓さんもちらほら・・

みなさん和気藹々

急に真剣なお顔に・・・

井上八千代先生とのご挨拶でした。

 

都をどりでの検討を労っておられるのでしょうか、嬉しそうなお顔をされています。

 

 

舞妓さんが芸妓さんにご挨拶に向かいます。

紗矢佳さんが、まめ春ちゃんの髪を直してあげてます。優しいお姉さんです

皆さん仲良さそう。まだ10代ですもんね

みなさんとってもしっかりされてますが、まだまだ若い女の子たち

5月1日だったので、八坂神社には鯉のぼりが・・。

深緑と鯉のぼりと芸妓さんを撮りたくて、この場所からの撮影にしました。

 

目線をいただきましたので、パチリ。

芸妓さんたち、スマホ中。スマホ中でも背筋を伸ばして美しい

そして背景の八坂神社の本殿に深緑にこいのぼり、お気に入りです

いつもニコニコ、とっても可愛いまめ春ちゃん、どないしましたん???

全体写真です。これなかなか撮りにくくて、、というのもギャラリーが入ってしまって絵にならないこと多いのです

これだけ大勢の芸舞妓さんを1枚の写真で撮ったのは初めてです。

さぁ。そろそろ帰りましょうか・・

ワイワイ・・・

 

まだ続きます

 

 

コメント

4月30日 六甲山森林植物園の石楠花

2018-08-09 11:22:56 | ①カメラを持ち夢中でお散歩

ずいぶん前の写真になりますが、石楠花です

石楠花にアブさんかな?

神戸の石楠花の名所といえば、この六甲山森林植物園だそうです

すでに見頃は過ぎてました。

見頃過ぎとはいえ、一般的にはまだ見ごろと言えます

すでに色が変わってしまいっているお花も・・

紫陽花もすでにチラホラ・・・

ハンカチの木というふしぎな木が咲いていました。

左側の白い花が咲いてような木ですが、わかりますか?

ハンカチノキとは・・

これでお天気がよかったら、どんだけ綺麗だったか・・

ハンカチの木をズームで撮影

ちょっとオバケの集団のようにも(笑)みえます

何とか石楠花と絡めて撮りたくて・・・

実は写真でお花を撮るまで、私はつつじとサツキと石楠花の区別がつかなかったのです。。

写真を始めるとお花の名前も少しわかるようになってきて、お出かけが楽しくなります。

まるで森の中でひっそりさいているような、そんな石楠花たち

あ、シャガが・・・

この可憐なお花が大好きです。色合いも美しい

グンと寄って撮ってみます

山肌にさく石楠花

石楠花は蕾のうちは色が鮮やか。つぼみが混ざって咲いているほうが綺麗ですね。

ドウダンツツジ

深緑のトンネルです。

ここ六甲山森林植物園は、三宮から車で30分ほど。

ここには豊かな自然が広がっています。紫陽花もとても綺麗なんですよ。

もう一度撮りたい景色があったので、石楠花の場所まで戻りました

細い道を通って

先ほど、この鬱蒼とした咲きっぷりを撮るのを忘れてたんです

GW最中でしたが、人が少なく独り占め。朝だと綺麗なんでしょうねぇ

京都の素晴らしいお庭でお行儀よく咲く石楠花も素敵ですが

自然に溶け込み勢いよく咲く石楠花も素敵でした。

コメント

8月1日 上七軒 八朔 梅たえちゃん編②

2018-08-08 16:51:23 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

昨日上げた梅たえちゃん編の続きです

 

出てこられて・・・

周りを見回して

ニコッ

こちらに目線で笑顔。安定のたえちゃんスマイルです💛

歩きにくいはずのおこぼで、進みます

梅乃さん近くまで戻ってきました

ここからまだどこか行かれるのかな?

行かれるようですね~

 

ここで市さんご一行と遭遇。お姉さん型にご挨拶されます

 

お互いにお辞儀をしてご挨拶

いま、挨拶されているのは梅志づさんですね。

 

本当に暑い日だったので、こんな素敵な笑顔ですが汗だくだったのでは??

梅たえちゃんお疲れ様でした。

 

他の置屋さんのあいさつ回りがまだまだあります。続く~

コメント

7月21日 神戸の夜景と芦屋花火

2018-08-08 10:11:20 | ①カメラを持ち夢中でお散歩

この日は海上自衛隊のサマーフェスタで、護衛艦が来ていました。

夜景と一緒に撮るために、深江浜へ

東神戸大橋

最強ズームレンズで撮影 護衛艦さざなみ

護衛艦と夕陽を楽しみください

 

 

 

 

観光船と護衛艦

 

そとそろ夜が更けてきた

7時にライトアップされます。

ここで、芦屋の花火大会が今日行われることを知り、慌てて帰宅することに・・

で、全然準備も勉強もせずに、ベランダから撮影。。大失敗写真ですがどうぞ。

 

ピントがきっちりあってませんが、面白く撮れたので

真っ赤の花火

 

 

 

 

色んな花火があるもんだ、と感心しつつ・・

 

 

なんだか、オバケみたい(笑)

 

 

クライマックスの花火

 

芦屋の花火大会の予定を一週間勘違いしていたのが悲しい。。。

 

 

 

 

コメント

8月1日 上七軒 八朔 梅たえさん編①

2018-08-07 10:58:26 | ⑨舞妓さん・芸妓さんに魅了される

八朔は芸舞妓さん達が日頃から芸事でお世話になっている師匠やお茶屋に感謝の思いを伝える行事です。

京都の花街の中で、祇園甲部は全員が黒紋付き姿で挨拶回りをしますが、上七軒では1年生舞妓だけが黒紋付で回るようです。

いつ挨拶回りが始まるかわからず、少し早めに到着してオロオロしてましたところ

梅たえさんが置屋さんから出てきたのでビックリ。

独りで上七軒通りを行かれます。これって挨拶回り?

どこかにお出かけ?それならば撮影してはいけないし・・どうしよう。。と悩んでました。

とりあえず、と遠目で撮影。これがもし挨拶回りでなかったら、全部お蔵入りさせるつもりでした。

この辺りで、ああ挨拶周りなのね、と分かってきて・・

笑顔でご挨拶

途中、思い切ってたえちゃんに挨拶回りなんですか?と聞いてみたら

お昼から用事があるので、お姉さん方よりも早く挨拶回りをしています、と言ってくださいました。

声をかけてごめんなさいね。

安定の笑顔の梅たえちゃんです

大文字さんの暖簾をくぐって

挨拶をして出てこられました。

何か楽しいことがあったのかしら、笑顔が素敵です

そっと扉をあけて

振り返ってご挨拶


よすぎるお天気に暑くてたまらない日でした

上七軒通りに戻ってきて、さて次はどこにいかれるのかしら

あ、そっちでしたか

そっとあけて

とても素敵な表情で出てこられました。

これからの数枚がこの日のお気に入りです。序盤に撮れてしまったのね。。(笑)


誰か知っている人でもおられたのか、笑顔がはじけています


まだ続きます

コメント

4月18日 京都御所

2018-08-07 10:47:07 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

 

仙道御所の後に回ったのが、京都御所

最近は年中一般公開しているようです。 

 紫宸殿 内裏において天皇元服や立太子、節会などの儀式が行われた正殿です

ズームで撮影

広角撮影するとこれぐらいです

 

 

 清涼殿 

入母屋桧皮葺の寝殿造りの建物で,

平安時代に天皇のご生活の場であったときの様式を復元して建てられているそうです。

御帳台は天皇が出座する場所です。畳二畳が南北に敷かれています。

 

 京都御所清涼殿 荒海障子襖です

 

この襖障子は、平安時代から置かれていたもので
『枕草子』に「荒海の岸辺に姿おそろしげな手長足長を描いた障子」と紹介されいるそうです。
手や足の長い人間が協力して漁をしている姿には、教訓的な意味があるとも・・

 お庭へ向かいます。ここにも藤の花が

 見事なキリシマツツジ

 

 

 藤

 

 

 

 

 遠くから

 

 映りこむキリシマツツジ

  ここからは、キリシマツツジの美しいお庭を色んなアングルで

 

遠くに見える・・

映り込み

 

影が美しい

深緑に囲まれて

深緑の隙間からキリシマツツジ

 

 

どのお庭もとても素敵でした

本当に見事です

 

登楼の向こうに見える

よく考えたら御所なんだし見事で当たり前か。

御所はこれにて終了です。

 

 

コメント

4月18日 仙道御所②

2018-07-31 15:42:35 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

南池にかけられた八つ橋の藤棚

藤棚の藤は、例年よりも房が短かったようです。

どこから見ても綺麗なお庭

キリシマツツジ

西花亭 

庭園の最も南に位置する茶亭で、南池を一望する場所にあります

 南池

州浜には楕円形のやや平べったい粒のそろった11万一千個の石が池の中まで緩やかに敷き詰めています。

 この石一個につきお米一升という約束で運ばせたという伝承があり、一升石という別名もあります。

 

 人工的に作られた池はとても静かです

 見事に同じような石です7

 キリシマツツジの赤が美しい

 

 

 藤

 藤とキリシマツツジ

 元の場所に戻ってきました。

 

 

 

 

 

 京都大宮御所御車寄

現在も現天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻が入洛されたときに使用されています。

 立派な松の木にくぎ付け

 

 また他の時期にも訪れてみたいと思います。

コメント

7月12日 祇園祭 菊水鉾 曳き初め

2018-07-30 17:47:33 | ②京都(桜と紅葉・紫陽花は除く)

祇園祭の曳き初めの続きです 

月鉾を見ていたら、奥に菊水鉾が見えたので帰りついでに向かいます

 

 立派な菊水鉾です

近くまで近寄れました

 ローアングルで・・

 キリンの絵??

 お囃子が響きます

 

 

 音頭を取る方

 これまたローアングルで

 鉾を動かすために、車止めを外します 

この日は心斎橋で4時半に美容院の予約を入れていたので、慌てて移動しました。

曳き初めの写真はこれにて終了です。蓮は後日。。。

 

コメント