GOVAP便り

プノンペンからモンドルキリに、その前はTAY NINH省--AN GING省--HCM市GO VAP

マカデミアナッツ

2016-03-28 20:58:37 | 植物

昨日、何年か振りでダナン出身の友人夫婦の家に呼ばれて食事をしました。英語やベトナム語を喋るのが億劫で暫く音信不通にしていたので心配をかけてしまったようです。とうとう此方が心配されるような歳になったのかと苦笑ものです。二番目のお子さんが生まれた時には、その日にメールを頂いたことを覚えています。初めてお目にかかると既に6歳で今年小学校に上がるそうです。

手作りのダナン料理は、先日ロアンさんと食べたフエ料理にも似た上品な味でした。果たして高層マンションで植えられるかと心配しつつも手土産にしたのは日本で買ったキュウリとミニトマトの種。幸いご主人がベランダ栽培が趣味とのことでほっとしました。

ベトナム南部の正月の花はHoa Maiですが、梅の実はTrai Mo。MaiとMoが同じかどうかをひとしきり問題にした後でサクランボとアメリカン・チェリーの違いに話題が移り、スマホで検索したりして、まるで日本に居る時と変わらない光景でした。多少日本での流行として五代友厚の話題なども・・・。

食後に「これは日本語で何と言うのか」?と、マカデミアナッツを出されました。ベトナム語ではMac Caと呼ぶとのこと。最近になって中部高原などで栽培が始まったそうです。ゴムの木やカシューの木を切り倒して。殻の付いたままのものを見るのは初めてでした。切り込みが入れてあり、其処に金具を入れて割るのですが、とても堅くて大変そう。

          

ふと見るとお子さん二人は机に向かって勉強中。6歳児が何と算数の問題集を開いてました。「インターナショナル・スクールなら宿題もないんだけど、公立だと試験があるから・・・」。3歳の時からKUMONでお勉強しているとのこと、言葉を失いました。山で牛を追っていたモンドルキリの子供たちの姿が懐かしく思い出されます。

コメント

サイゴンの書店

2016-03-26 18:39:42 | 新聞・書籍

日本から持って来た本は四冊。松本信広「ベトナム民族小史」、開高健「ベトナム戦記」、近藤紘一「戦火と混迷の日々」、マイケル・ルイス「世紀の空売り」。一冊を除いてはかなりの古本です。「ベトナム戦記」は昨日今日で読み終えてしまいました。どれも旅行ガイドブックには相応しくなさそうなので、書店に足を向けました。「嘉定城通志」の現代ベトナム語版でもあれば、などと思いつつ。

グエン・チ・ミン・カイ通りの書店に辿り着いた時はもうクタクタでした。途中で寄り道したり道に迷ったりしたせいです。

フランス製の文字通りの原動機付自転車。この街で乗るには便利そうです。ピカピカに磨き上げられていました。エンジンを見ると1951年製との刻印。子供の頃には日本でもこのようなタイプのものを見たことはありましたが。とりあえず、中古の自転車一台買ってしまおう、との思いが過りました。しかし以前何度か買った店はもう見当たりません。

エアコンの効いた書店の中で歴史の棚を探しました。「大越史記全書」はありましたが、かなり重くて旅行に持ち歩くには辛そう。

すると棚にまぁまぁ手頃な大きさの本もあり、何とその一冊は坪井善明著「フランスと中国に対する大南国」。日本人が書いたものをわざわざ辞書を引きつつベトナム語で読むというのは如何なものでしょう。

近くの棚にはヒラリー・クリントンやアンゲラ・メルケルの本も並べてありました。残念ながらバーニー・サンダーズの本はまだ出版されていないようです。

コメント

喧騒の町

2016-03-24 20:56:57 | 旅行

昨日朝、タン・ソン・ニャット空港に降りました。カンボジアからバスやバイクでベトナムには何度か来ていましたが、日本からこの空港に着いたのは久々のように感じます。ここ一年ちょっと日本で過ごしたせいで体脂肪が日本仕様になってしまい、暑さがことのほか厳しい。

体調といえば、20年来の湿疹を日本で直そうと病院に通ったところ、「慢性苔癬状粃糠疹」との病名で紫外線を毎週浴びてどうにか治まりつつあったにもかかわらず、この暑さで再び赤い発疹が開花。発汗のせいで水分不足となったのが原因のよう。

昨日今日と市内を歩いているせいで足が痛い。20数年前にこの町を歩いた時は人糞を踏まないようにと下ばかり見ていたことを思い出しました。自転車やバイクを持たないのはとても不便。気が付けばこの街を走るシクロの姿はだいぶ前に消えてしまったようです。プノンペンでは最近も見掛けました。

サコム・バンクに行って口座に入金しようと窓口で頼むと「外国人は入金できない」と断られてしまいました。入金も可能なATMもあるのに不思議です。「現金で持ってれば良いじゃない、それなら手数料も掛からないから・・・」と、ご親切な言葉を添えてくれました。銀行によって或は店舗によって対応が異なるようなのでDONG A銀行で頼んでみました。すると今度はパスポート番号が違うので「古いパスポートを持って来なければダメ」とのこと。押し問答を暫く続けた後、「出金が不可というのならまだ話は別だけど、入金がどうしてダメなのかは理解できない」と食い下がると、渋々ながら受け付けて貰えました。

Cach Mang Thang 8通りとNguyen Dinh Chiu通りが交わる角にThich Quang Duc僧の新しい記念碑が建てられていました。Phu Nhuan区には通りの名としても残されています。1963年にゴ・ディン・ジエム政権の弾圧に抗議して焼身自殺を図った事件は、その後のゴ・ディン・ニュー夫人のコメントによって更に印象深く記憶に残っています。

コメント