GOVAP便り

プノンペンからモンドルキリに、その前はTAY NINH省--AN GING省--HCM市GO VAP

隣の工場

2011-02-26 20:17:50 | 工業団地
お隣の工場のサポタージュは続き、とうとう丸一週間が経ちました。
朝、7時過ぎからバイクが集まり初め、7時半の就業開始時間になるとかなりのバイクの数になります。

工場の門には会社の通告が張られています。賃上げの要求には応じられません。2月24日から操業をするので工場に入って仕事をしてください。仕事をしない場合は労働法85条1項に則り解雇します。というような文面でした。

サイトからベトナム労働法をダウンロードして読んでみると、免職にできるのはただ次の場合に限られる、として以下のように述べられています。

a) 窃盗、贈収賄、秘密漏洩によって企業に重大な損害を与えた場合
b) 規律違反によって配置転換させたれた労働者が再び罪を犯した場合
c) 労働者が月に7日間または年20日間正当な理由なく自らの意思で職場を放棄した場合

この3点のみです。そして雇用者は解雇の後には省の労働機関に通知しなければならない、とされてます。

この規定を厳密に適用すると休日を挟んで来週月曜日が7日目となるわけですからとうとう最終局面を迎えることになります。
この台湾資本のHOA SEN社は縫製工場だけあって2000名を超える労働者が働いているようです。7日間も操業を止めるとなると諸々さぞかし後始末が大変だろうとも思うわけですが、しかし新たにまた数千名を雇用して操業を再開するのも並大抵のことではありません。

見るところサポタージュに参加しないでいる労働者数は1割にも満たないようです。たぶんこの工業団地のどの工場も今までは労働者の要求を受け入れ、賃上げをすることによってこのような事態を収拾して来たのではないでしょうか。

会社側は、工業団地内の他の工場よりも賃金が高いと言われてるだけに、もうこれ以上は上げられないとのことなのかも知れません。

参加した労働者達ももまさか会社がこのような対応をするとは思っていなかったか、後先考えずに参加したかのどちらかではないかと思います。地縁血縁の強い地域だけに不本意ながらもサポタージュに参加した労働者も少なくないようです。日本と同じように皆と一緒でないと虐められるのだとか。

今週は月曜日が停電で休みでしたが、来週の計画停電は行われないことになりました。したがって明日の日曜日は休日。そういう連絡は早くして欲しいものですが、金曜日に訊ねて初めて知らされました。停電の時のみ通知があり、停電がない場合は通知がないのだとか。
コメント (1)

インフレと電力不足

2011-02-21 22:55:00 | 天気
テト明けと共にベトナム通貨ドンが対ドルで切り下げられ、銀行の貸出し金利は年利20%にも上昇だとか。日本でもこんな時代があったのだろうか-などと振り返ってみても思い出すのはオイルショック時の「狂乱物価」、トイレットペーパーの買いだめのニュースや「国民春闘」という名ぐらいのものです。
その当時、名目賃金は随分と上がったようにも記憶してます。当時、賃上げの主役は労働組合で「赤旗」がその象徴だった時代でしたが、今のベトナムのインフレの昂進に抗する労働者の抵抗に赤旗が掲げられることはありません。

土曜日の朝、出勤すると工場の前に人が溢れてました。一瞬慌てたものの近づいて見ると隣の工場の労働者の皆さんでした。怒鳴り声が聞こえるわけでもなく、またシュプレキコールがあるわけでもなく、ただ出勤時間に工場に入らず門の前で佇んでいるだけ。その台湾資本のHS縫製工場は工業団地内でも賃金水準は高いと聞いていたので、そのサポタージュの理由を聞いてみました。

停電に伴う日曜出勤のことで揉めているなら他人事ではありません。塀越しに聞いてみると「管理職は給料が上がったのに労働者の賃金が上がらなかった」ためだとか。ドル建て契約した管理職はドルレートの変更に伴って支払いのドン金額が増えたのかも知れません。それもまた他人事ではない問題ではあります。

慢性的な電力不足が続くベトナムですが、今年は今月から早くも計画停電が始まりました。もっとも昨年のこの時期はこの工業団地に居たわけでもなく、ここ数年は自家発電のあるオフィスビルに居たので停電問題は他人事でしかありませんでした。ゼネレータを準備できる工場なら問題はありませんが、その投資資金を持たない中小工場にとってこの乾期の停電は堪りません。

週一回の停電ならば何とか週休日を変更し、日曜日の出勤をお願いして乗り切ることもできそうですが、-それとても毎週日曜日が休めないということで何ヶ月も続けることは難しそう-ビンユン省の工業団地では週2回停電との話も聞きました。その上、毎週の停電日は曜日が確定しているわけではなく、その前の週になって初めて知らされるのだとか。要するに週休日が不確定というのでは不満が溜まるのは当然。週一度の停電で電力供給不足を遣り繰りすれば、予想外の事故停電のリスクも高まるでしょうし。

乾期で良いことは雨が降る心配がないので洗濯物を朝干したまま出掛けられることぐらい-なとと思っていたところ、昨夜工場に遅くまで残っていると、雨期のスコールと変わらぬ激しい雨が1時間ほど降り続けました。
コメント