GOVAP便り

プノンペンからモンドルキリに、その前はTAY NINH省--AN GING省--HCM市GO VAP

ベトナム再入国

2010-01-10 17:41:27 | 交通
カンボジアには4泊しただけでキャッサバ・チップ買い付けの仕事が終わらないうちに一人だけ先に帰ることにしました。胃の調子も良くないことだし。来るときに頼んだバイクタクシーのドライバーに電話をして迎えに来てもらうことにしました。20分ほどで迎えに来たのでその付近に住居があるようです。しかし、彼が親に電話してる時はベトナム語でしたから両親の一方がベトナム人なのかも。

滞在中に知り合った若い女性は祖父母の一人がベトナム人で親の一人がタイ人だと言ってました。もっともベトナム人の知り合いでも祖父が中国人という話は身近なところでも数限りなく聞いた話しです。

カンボジアのバイクタクシーの多くはフルフェイスのヘルメットを着用していました。ベトナムでは500円以下の安物が多いのに。今、自分で使ってるヘルメットは風圧で直ぐアミダ被り状態になってしまい、常々日本からヘルメットを買って帰ろうなどと思っていますが、日本のヘルメットの価格は信じられないほど高いものです。バイクタクシーの給油中に近くの店でヘルメットの値段を聞いてみました。一番高価なフルフェイスが13ドルだとか。日本では130ドルのフルフェイスすら見つけられそうもなく安くても300~400ドルしそうですが。日本がデフレとは言うもののまだまだ物価下落の余地はあるような気がして来ました。

見知らぬ初めての場所に行くのに行きの道程の時間と帰りに感じる時間とには随分と違いがあるものですが、今回もカンボジア国境もでの帰り道は呆気ないほど早く着いてしまいました。

カンボジアの出国手続きのためにパスポートを提出すると管理官が「ベトナムのビザが失効してますが・・・」との思いがけないご忠告。否、そんな筈は・・・と思ってビザのシールを見ると仰る通り「het gia tri」の赤いスタンプが押してあり、一瞬呆然。カンボジアの管理官は、私は出国スタンプを押しても構いませんが、ベトナムのマルチビザが失効してるということは再入国できないのではないでしょうか」との親切なお言葉を丁寧な英語で下さいました。

選択肢は2つ、今からプノンペンに行ってベトナムビザを再取得してプノンペンから再入国する-日数と費用が掛かるけど-か、ここのゲートのベトナム出入国管理官と交渉する-失敗したらより面倒かも-のどちらかです。数10m先にバイクが置いてあるに、と思い後者を選択してしまいました。「ベトナム側の管理官が間違ってスタンプを押したものですから、大丈夫、私が話して解決できる問題です」などと答えてカンボジアを出国しました。

ベトナム側の入国窓口に着くと怒りを抑えきれず、「何で誰がこの失効のスタンプ押したんだ?これはマルチビザだ。ちゃんとそう書いてあるだろう。一回出国しても失効しなんだぜ。そんなことも知らずに仕事してるわけ?国際出入国事務所ってかいてあるじゃないか。出国できて入国できないなら出入国とは呼ばないんだから」と捲くし立てました。

担当者がいないのでちょっと待ってくれ、と言われたので「じゃ、あその店で水を飲んでまってるから」とゲート通過の許可を得て一安心。預けたバイクもちゃんと置いてありました。暫くすると私服姿の男がパスポートを持って来ました。入国カードへの記入はどうするのか、と訊くと「ここでは入国カードは置いてない」とのことで出国の際に提出した出入国カードを返してくれました。パスポートを見ると「失効」のスタンプの上に「huy」(訂正、破棄)とのスタンプが押してあり、入国スタンプもあったので、たぶん次の出国の際も何とかなりそうです。

カンボジアの管理官も人によりけりとは思いますが、余りにもベトナム側とは対照的な立派で親切な対応に驚きました。それに引き換えベトナムのローカル公務員-仕事ができれば中央へ行くかビジネスの世界に転進してるわけだから当然だよ-とのHieu君の言葉を思い出しました。



コメント   この記事についてブログを書く
« キャッサバを食う牛 | トップ | 新月 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

交通」カテゴリの最新記事