GOVAP便り

プノンペンからモンドルキリに、その前はTAY NINH省--AN GING省--HCM市GO VAP

猫と過ごした一夜

2014-10-09 20:35:40 | 動物・昆虫

来週末には此処を引き払うので、猫たちに住み着かれても可愛そうなことになってしまいます。それでも追い返すのも気が引け、猫たちの気紛れに委ねることにしました。夜中に出て行くかもしれないのでドアは開けたまま寝ることに。しかし、まだGo Vapに住んでいた時、やはり近所の野良猫が出入りしたことがあって夜は二階のベランダの戸を開けて寝ていたところ、早々に泥棒に入られて財布と携帯電話を盗まれたことがありました。それだけに同じ過ちは勘弁、とばかり一応ドアは猫の通れる隙間を開けて針金と鍵で固定し、尚且つ寝室には施錠しました。

しかし、長いこと一人暮らしを続けて来た身にはたとえ猫であっても来客者が宿泊するというのは初めてのことなのでどうも落ち着きません。夜中に何度も目を覚ましたので様子を窺いました。親猫が外に出てしまい仔猫3匹だけで寝ていたり、あるいは仔猫がカエルを捕まえて食べていたりで何やら騒々しいものがありました。

    

先月末頃からこのカエルが住み着いていて、暫くは台所の束ねたホースの隙間にジーとしていました。一週間ほどで姿が見えなくなったのでてっきり外に出たものと思っていたところ、寝室のハンガーに吊るしておいた洗濯したズボンを穿こうとすると中から床にペチャと落ちて来ました。日本のトノサマガエルよりやや大き目のこのカエル、寝室でウロチョロされるのは落ち着かないものがあるので捕まえようとしましたが、子供の頃のようには行きません。加齢による反射神経の衰えのせいかも知れませんが。それ以後もトイレの水を入れたバケツの中にいるところを見たりもしてはいました。たぶん仔猫の餌になってしまったのはこのカエル。

    

朝起て見ると4匹仲良く身を寄せていました。床には何とネズミの亡骸2体や内臓、カエルの手足などが散乱していました。一匹の亡骸を良く見ると身体は見事に皮だけになっていました。昨夜のもち米炒めの残りを朝食に与えると、きれいに平らげて悠々と親猫を先頭に家から出て行きました。草叢を仔猫がまるでウサギのように飛びはねながら。

コメント

猫の引っ越し

2014-10-08 20:46:53 | 動物・昆虫

仔猫を残して朝昼晩と餌をねだりに来る隣の猫ですが、最近は面倒に感じることもあり来ても餌を与えないことも少なからず。ネズミを探そうともせず餌を食べ終わるとサッサと家に戻ったりもするわけで、そんな時は貢がせるだけ貢がせてサッサとバイバイする何処ぞの女性の如くにも思え「感謝知らずの猫・・・」と井上陽水の歌を口ずさんだりもしていました。

ところが今日の午後に仔猫3匹を連れて家に入って来ました。近くでこの仔猫たちを見るのは今回が初めてです。以前にも仔猫を連れて来たことがありましたが、半年前の4月でした。あの時の2匹の仔猫はどうなったのでしょうか。折角遊びに来てくれたのだから・・・とイワシの缶詰を開けて少しだけ与えたところ4匹で仲良く食べていました。空腹を満たすにはほど遠い量でしたが、不満げな様子はありませんでした。仔猫はその直後に母乳を吸っていました。

今回市場で買ったコメを開けて見ると何としたことか「もち米」。3,500リエル/kgのいつも買うコメと思って注文したつもりが、店番が初めて会うオバサンだったのが敗因かも。たまにはもち米も悪くないだろう・・・と気を取り直して炊いてみたところ火加減が分からず芯が残って食べられそうもありません。仕方なく夕食はハンバーガーとフライドチキンを買うことに。

猫たちはその内出て行くだろう・・・とドアを開けたまま買い物に出掛けました。一時間ほどして家に戻ると猫4匹はまだ滞在中。フライドチキンの臭いを感知されたら落ち着いて食べられないので先に猫たちに餌を与えることに。芯の残ったもち米も炒めれば何とかなるだろう・・・と油とイワシ缶の汁で炒めるともち米の粘りが仔猫には食べ難そうでしたがそれなりに満足してくれた様子。

    

その後、こちらは皆既月食を見ようと庭で空を眺めてました。生憎雲が厚くて月が何処にあるのかも分かりませんでした。暫くして家に戻ると親猫の姿はなく、しかし仔猫が2匹暗い隅に隠れてました。仔猫を捕まえて隣に返しに行こうとしたものの仔猫は警戒して逃げてしまい捕まえられません。追いかけるとドアから外に出てくれたので、これで一段落、と思ったところが親猫が外に出た仔猫を引き連れて家に入って来ました。

灯りの消えた台所の隅で親子4匹仲良く寄り添って眠っています。

コメント

卵を抱いた鶏、返却

2014-09-22 19:58:36 | 動物・昆虫

両隣とも鶏を飼っているので外の炊事場で卵を抱いている鶏が何処の家のものなのかは知りませんでした。卵を6個も食べてしまったし、「このニワトリはお宅のですか」?などと聞きに行くのも面倒。ところが遂に飼い主に見つかってしまい、引き取りに来てしまいました。パッションフルーツなどを盗みに来るクソガキ二人が居る家です。しかし、鶏の飼い主はその家族とは別の様子。大勢の人間が出入りし、ゴミをポイポイ此方の庭に投げ入れるので日頃怒鳴り続けている関係ではありますが。

当初、卵を3日連続で産み、一日休んでまた3日間産んだのでこの6個はご馳走になり、その後からは卵をそのままにしておいたところ7日間連続して産みつづけ、この7つの卵を雌鶏が抱き始めました。その場所で煮炊きが出来ずに不便ではありましたが孵化する瞬間を見ることが出来るのなら・・・との思いが勝っていたわけです。

残念ながらその機会は逸してしまう結末となりましたが、不思議に思うのは卵を取り上げてしまうと産みつづけるのに何故抱き始めると卵を産まなくなるのでしょう?

コメント

ワックスアプルの木に蓑虫

2014-09-20 12:07:48 | 動物・昆虫

青空が広がって三日目。昼近くになると流石に暑さを感じるようになりました。部屋の中の温度計は31度を超え久しぶりに扇風機を回すことに。草の伸びた庭を見回してそろそろ草刈機を掛けようか、などとも思いつつこの暑さでは汗をかかねばならないので止めました。ふと「坂の上の雲」で病床に伏せた正岡子規が庭の植物を眺めて・・・との描写を思い出し、やはり最後は庭の草木を眺めて過ごしたいものだなどと思ってしまいました。

ワックスアップルの蕾が大きくなったかどうか確かめに行くと蓑虫が枝や葉に吊り下がっていました。久しぶりに見るミノムシです。子供の頃にはやたら多かったように思える虫ですが、最近の日本では絶滅危惧種だとか。改めて木を見回すと5・6匹は見付けることができました。

      

ミノムシ以外にも葉を喰う虫は多いようで、かなりの葉が病害虫に侵されていました。

      

また、葉裏に付いた虫を捕食しようと蜘蛛やカマキリも来ていました。

    

ミノムシを見るということは、この暑さではあってもやはり此処も季節は秋ということのようです。

コメント

雨の中のトンボ

2014-09-18 19:46:01 | 動物・昆虫

土が乾く間もなく3日間降り続いた雨もようやく昨日の夕方に上がりました。今回はAccuWeather.comの予報が時間までかなり正確でした。たぶん台風15号が予測通りの動きだったからなのかも。きょうは、朝から青空が広がり台風が過ぎ去った後の爽やかな空そのものでした。

この3日間、束の間の雨上がりに庭に植えた野菜の状態を確認したりもしていたわけですが、枯れかけたミニトマトが心配だったり、開花期間の短いオクラの花を見逃すまいとの気持ちもあり、またキュウリが食べられる程になったかどうかも気になります。ミニトマトの支柱にしている竿の上にはいつもトンボが止まっていました。再び雨が降り出したので慌てて家の中に戻り窓から見るとトンボは強風と雨の中でも必死に竿にしがみついていました。

    

同じ個体かどうかは分かりませんが、この竿に留まっているのはここ数日この種類のトンボです。

      

パッションフルーツとゴーヤの蔓を這わせる紐に来てたのはこんなトンボたち。

何で雨を避けないのか不思議に思いましたが、考えてみればヤゴの頃は水中生活を送っていたわけで水に濡れるのは苦ではないのかも。

子供たちの歓声がするので通りを見ると、隣の家の子が丸裸で深くえぐられた水溜りの中で遊んでいました。5年ほど前には確かに羊水に浸かっていた年頃です。何処かにその記憶が残っているのでしょうか?

コメント

ニワトリのいる風景

2014-09-13 06:24:43 | 動物・昆虫

モンドルキリの9月も雨が多くなってきました。昨日も6時間に2回程度では済まない頻度でした。雨垂れは直ぐにカナダライを満たして溢れてしまいます。強い風と共に降る激しい雨もあるわけですが、7月までのように丘から流れ落ちて来る雨水は少なくなったようで、水の多くは地中に静かに浸透してしまっているかのようです。雨量の割に水溜りが出来にくい雨です。

一日に何度もある雨上がりには隣の鶏が一斉に庭に来て騒がしくなります。小さな野鳥たちも雨上がりには葉裏の昆虫を探して木々を渡り飛んでいます。

    

外の炊事場に来て卵を産んでいく鶏は、3日続けて産んで一日休みのペースで、計6個ほどご馳走になってしまいました。中身の色艶や黄身の弾力などは明らかに市販のものとは違っています。しかし、6個も食べると盗み食いの負い目を感じるようになってしまい、しばらくは鶏の産卵を観察してみることにしました。

     

7日に一個だった卵は8日には2つになっていました。暫く座ったままの姿だったのでカメラを向けると睨まれました。

     

     

以後連続して昨日まで毎日産みつづけています。

コメント

蜘蛛と蚊

2014-09-03 21:14:32 | 動物・昆虫

昨年の11月にこの借家に来た時、蜘蛛の巣の多さはまるで限界集落の「廃屋」であるかのようでした。早々に蜘蛛の巣を取り除き始めたものの天井の蜘蛛の巣は竿を使っても上手く取れません。次第に蜘蛛の巣との同居も苦にならなくなってしまい鬱陶しい蚊や昆虫を捕ってくれるのだからまぁ良いか・・・と思うようになりました。

プノンペン生活では蚊対策で扇風機を回して寝てました。此処では気温が低いのでそれでは風邪をひきそうなので専ら蚊帳に頼っています。日が暮れてから寝るまでの間に蚊取り線香を使うことも偶にはありますが、頻度は高くありません。庭の草叢で蚊に刺されることが多い割に家の中の蚊が少ないのは蜘蛛のお蔭かも知れません。

雨水を貯めたバケツを昨日覗いたところ、何やらクネクネ動く小さな生物が一つ見えました。すくい上げてルーペで見るとボウフラでしたボウフラという単語を思い出したのも久しぶりのことです。折角なのでチリ紙の上に乗せてルーペで暫く観察しました。蚊の種類が多い分だけボウフラの形も様々あるようで、ネットに載っていた画像とは多少違うものでした。暫くチリ紙の上で動いていたボウフラは1時間ほどで水分が蒸発してしまうと身体が乾燥してミイラ化してしまいました。

今年は日本でも70年振りにデング熱感染者が発生しているとのニュースは、ベトナムの医療省のサイトでもBBCを引用して掲載されていました。同サイトの記事によるとベトナムでは今年初めから7月中旬までに42/63の省と市で11,963名の感染が確認され南部で8名が死亡したとのことです。蚊に刺されないことに越したことはないわけですが、ベトナムやカンボジアで蚊に刺されずに生活することなどできそうもありません。日本ではデング熱感染が確認されてフマキラー社の株が高騰したそうですが、カンボジアでもフマキラーのベトナム工場製の蚊取り線香が売られています。日本の夏より東南アジアの雨期の方が期間が長いわけですが、蚊取り線香を使っている家庭はカンボジアではあまり多くはない様子。それでも雑貨店には何処でも置いてあるのでトイレットペーパーの需要よりは遥かに多いことは確かです。

きょうは雨が降らなかったので夕方野菜に水を遣りに行ったところ2カ所蚊に刺されました。キュウリとミニトマトは花が咲き、実も生り始めたところです。朝見るとミニトマトの木にも蜘蛛の糸がありました。花が咲いてる時は昆虫に受粉の手助けをお願いしたいので蜘蛛の巣は取ることにしています。

      

キュウリはそろそろ食べられそうな大きさのものもあります。ミニトマトの実はまだ色づいていません。

    

コメント

これは蝶でしょうか?

2014-08-30 16:40:45 | 動物・昆虫

サエンモノロムの滝に行って来ました。雨期になってからは初めてかも知れません。水かさが増してました。家の周辺ではきょうは雨が降ってないのに滝の近くはかなり降ったようで足元がかなり泥濘んでいました。長靴の底に泥がビッシリ付着。

以前は滝の周辺を散策したのですが、水が多いのと泥濘はとてもそんな気にはなれません。他に訪問者は誰もなく、滝の周辺に居住しているらしき「外人」が話しかけて来て盛んに散策を勧めてくれたのですが。

     

岸辺の植物や昆虫にカメラを向けました。

     

すると蝶も何羽か飛んでいて、その中に今まで見たことのない蝶とは思えぬ翅の形のものがありました。

   

コメント

ニワトリの落とし物

2014-08-29 18:49:49 | 動物・昆虫

煮物など多少長時間煮炊きする時はカセットコンロ代節約のために外の炊事場のコンロで薪を燃やしています。半分位は可燃ごみの焼却のためでもあるわけですが。きょう、ふと見ると散らかった小枝や枯葉の上に卵が一つありました。ここに卵を持ち込んだ覚えはなく、一瞬、右隣の家が卵の殻を投げ捨てたのかなどと思ってしまったわけですが、殻ではなく卵そのものでした。ベトナムやカンボジアで暮らしていると何か無くなったり、自分に不都合なことがあると直ぐに他人を疑ってしまうようになってしまいます。それだけ盗難も多いわけですが、日々物忘れも多くなっているのも事実。

どうやら隣家の鶏の一羽が産み落とした卵のようです。思えばこの場所にもしばしば鶏が休んでいることもあったわけだし。隣の家に持って行って「落とし物です」と返しに行こうかと隣の庭を覗くいたものの人の姿はありませんでした。折角なので画像に収め、カンボジアの地鶏の卵について観察することにしました。

   

右側はサエンモノロムの市場で売っているベトナム,Lai Thieu産の養鶏場の卵。10個5,000リエル(130円)で売られていたものです。因みにベトナムのメコンデルタでは22,000ドン(108円)程度の価格。日本のスーパーに並んでいる鶏卵と比べるとやや小さいものです。ベトナムでも地鶏の卵は高価で10個33,000ドンと養鶏所の卵の1.5倍。勿論それでいて大きさは小さいものです。

日頃、隣家の鶏には折角発芽した大豆をすべて引き抜かれたり、茎を踏みつぶされて折られたりと散々な目に遭っているわけですが、その罪滅ぼしで卵をプレゼントされたと思うことにしました。草刈や土に鍬を入れる度にニワトリ達は昆虫の幼虫などを楽々と捕獲することが出来るわけで、感謝されて当然ということでもあるわけです。まぁ、こういうことがあるのなら隣家のニワトリがリラックスして休めるような場所を増やしてみるのも悪くありません。

 中身はどんな具合なのかと殻を割ってみました。ひょっとしたら何時間か抱いて孵化しかけているなんてことがあるかも・・・と不安を抱きつつ。

   

画像ではオレンジ掛かってしまいましたが、実際はもう少し黄色いものでした。一個だけで玉子焼きを作るのには小さすぎるので玉子掛けごはんにして食べることに。市場で売っている卵は製造年月日不明のものが多いので生で食べるのは躊躇してしまいます。これなら新鮮のはずだし見た目にも新鮮でした。もっとも食べ比べたわけではないのでどの程度美味しさが違うのかは分かりません。

コメント

ネズミ退治、ついに実現

2014-08-17 14:55:19 | 動物・昆虫

昨夜は天気予報通りに雷雨があり、屋根を伝わり落ちる雨だれが5分ほどでバケツに水を溜めてしまいました。これなら1,000Lタンクに雨水を溜めるのも無理ではなさそうです。80Lのポリバケツを買おうかとも思いましたがタンクに溜めることができればより便利だし余分な支出もしなくて済みます。取り敢えず雨樋とタンクの間をホースで繋ぎました。上手く流れないようならポリバケツを買うことにします。

両隣の家では井戸はあるものの水浴びは雨水を甕やドラム缶に溜めて使っています。女性はパジャマのような薄い化繊の服の上から水浴びていました。

   

昼食から戻ると隣の猫が朝に引き続いて来ており、生憎イワシの缶詰の残り汁もご飯なくどうしたものかと迷いつつ暫く知らぬ振りをしていると猫は部屋の中を歩き始めました。ゆっくりトイレの前を歩いていた猫はガサッと急に90度方向を変えてトイレの中へ跳び込みました。物音は聞こえず出ても来ないので覗いてみると何やら捕獲した様子。そして小さなネズミを咥えて家の外へ出て行きました。

猫の瞬発力というか俊敏さに驚かされた一瞬でした。猫が跳びかかった時の成功率はかなり高いようです。近くの沼で何度も水面に飛び込んでは魚を捕獲できないカワセミを見たことがありましたが、猫が襲い掛かって失敗したのは見たことがありません。

ネズミを咥えた猫は庭のジャックフルーツの木の下でネズミの頭からボリボリ(という音が聞こえたわけではありませんが)食べ始めました。

   

どうやら一匹丸ごと平らげた様子。これなら昼飯を与えなくても猫は満足しただろう、と一安心したものの5分と経たずに戻って来て昼飯を催促されてしまいました。日頃「ネズミを捕まえたらイワシでもシーチキンでも丸ごと食べさせてやるぞ」などと言っていたので、まさかその言葉を理解していたとは思えませんが少々後ろめたい気持ちになり、インスタントラーメンを少し割って与えるとボリボリ食べ始めました。猫といえども炭水化物で腹を満たしたい欲求があるのでしょうか?

生のエビしか食べないとか、鶏肉のササミしか食べないという日本のペット猫の話を聞いたことがあります。猫の本来的な姿が日本では失われつつあるのでしょうか?日本の都会生活の人間と同じように。

これで夜中に天井裏を駆け回る音が消えるかどうかはわかりません。それでも、しっかり仕事をしてくれた隣の猫には感謝感激。

コメント