羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

年末らしく。

2017年12月30日 | Weblog
ようやくぐずぐずと片付けたり掃除したりしてる。
棄てる、ことは毎日考えている。
たぶん数年後にはここを出る。
考えてるだけではモノは減らない。せめてあまり増やさないようにする。
時にはわたしも実行はする。
懐かしいものたちの前で呆然としたりする。
こどもたちが大切にしてたはずの
いくつかを写メしてラインして、
たいていは「捨ててください」という返信をもらう。
長らく手をつけなかった棚に着手。ファミコンやプレイステーションやキィボードを一階に運ぶ。
(正月にくるこどもたちに見せる)

カーテンも洗った。
ぽっかりとスペースができてうれしい。
自作のフォトアルバムを置いた。


フォトアルバムを眺めて過ごすのは老後の楽しみ、と思っている。
思い出と共に暮らす日々が
いつか来るのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 公園の向こうに職場が。 | トップ | 小休止 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事