渋谷表参道 嵐酔水墨画書道教室~一期一会の墨交流~ Ransui's Sumi Art class

書と中国水墨画を学ぶ 心の模様を墨に託してみませんか。初級から上級まで 一緒に筆を持って楽しみませんか?!

工筆画法 柿を描く

2011年10月30日 | Ransui's gallerly

みなさん こんばんは

いかがお過ごしですか。今日はアトリエで引き続き工筆で描く柿を仕上げてきました。

柿は秋を代表する味覚 とてもキレイですね あの燃えるような朱の色と紅葉づいた葉の色調がとても好きなんですね。

丁寧にスケッチしたあと時間をかけて何度も彩色します。

彩色するたびに深みが出てきますから何度も何度も丁寧に仕上げていくその過程が好きですね。

一気に普段は描く写意画法と比べてみても筆致が違うのでまたちがった味わいになります。

集中しないとすぐに色にムラが出てしまいますから色調を調合して重ねていくのですが、ポイントはムラを出さないように一報で水筆でぼかしていくという同時の作業が必要なんですね。

教室では工筆も指導しています。

上級の部類として写意画法を徹底したあとに学ぶカリキュラムに入ります。

みなさん 教室ではいろいろがんばって描いています。

また機会がありましたら生徒さんの描く工筆画法もご紹介できたらなあと思います。

 

スケッチすることが工筆のまず一歩 線にゆがみのないように丁寧に仕上げます。

 

 

 

 

 際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    

 

国際中国書法国画家協会アメリカ支部

 

  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部

 

国際中国書法国画家協会フランス支部 


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしてお

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夕幻さんの書道個展 | トップ | 紫雲先生を迎えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ransui's gallerly」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事